• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/11/29(Thu)

帰国準備も大詰めですよ!

あと1週間でロンドン生活は終わりになります。

4年と2カ月。
長いようで、短い。本当にあっという間でしたよ!
今はただただ切ないなあ! 

この感情は、たぶん終わりが見えているからなんでしょう。
何事にも終わりがあるから美しいし、一生懸命になれるのかもしれませんね。


面倒だなあ~と思いながら、少しずつ進めてきた帰国準備も
そろそろ大詰めを迎えております。
11月29日時点で終了しているのは・・・

●携帯電話の解約(長かった・・・)
●すべての契約の解除
●ダイレクトメールの解約
●入居者探し
●年金の受取先を日本に変更
●本社の人たちへあいさつ
●クリスマスカードを送る

●日本の携帯電話会社の比較
●帰国後の国内旅行の手配
●履歴書、職務経歴書を書く
●就職活動のためのTOEIC受験

かな?


まだ終わっていないのは・・・

●荷物の整理
今週になってから、毎日のようにチャリティボックスに洋服や靴などを運んでおります。

帰国準備を始めたばかりのころは、ゴミの日に服を出していたのですが、
「よほどボロボロじゃない限り、チャリティに出した方がいい」
という友人のアドバイスにより、毎日せっせと運んでおります。

「ボロボロ」のレベルがどの位なのか分かりませんが、
日本人は基本的に物を大切にするので、たいていの物は「ボロボロ」に該当しないらしい。
たとえボロボロだとしても、ソファなどのクッション部分に使うなどして、
うまいことリサイクルしているようですよ。
友人の彼が学生のころ、チャリティショップでリサイクル業務をしていたので、
これは確かな情報だと思います。英国人って物を大切にする人が多いですよね。

ちなみに、ブラジャーは歓迎される品のようです。
英国ではなく、アフリカの女性たちに寄付されるんですって!
アフリカへのチャリティはよく聞く話ですが、下着もチャリティの対象だったんですね。
そうそう、パンツは対象外です。ご注意くださいませ。


●タックスバックの手続き
イギリスのタックスイヤーは、毎年4月5日(6日だったかな?)なので、
その前に退職し、タックスイヤー内に英国内で再就職する予定がなければ、
タックスバックの対象となります。

サポートを受ける予定がないとか、もろもろの細かい条件はあるようですが、
わたしのように日本へ本帰国する人は、タックスバックを申請したほうがいいですよ~。

申請方法は、会社からP45という書類をもらい(会社は退職者に提出する義務があるはず)、
P50の書類と一緒にHM Revenue & Customsへ送ります。
タックスの振り込みは銀行、もしくはチェックが郵送されてくるはず。
Tier2ビザ(労働ビザ)の申請よりも、かーなーり簡単です。間違っていなければね。


●銀行口座
来週相談に行ってきます。クローズしなくて済むなら、そのままにしておきたいな・・・


●自分へのお土産
今回ばかりは、自分のためにお金を使いたいと思います!
大好きなTfL(ロンドン交通局)のグッズにしようかなあ~。
それともバスやトラムの本にしようかなあ~。


周囲に「バックパックのみで帰る!」と宣言していた通りにはいかず、
プライマークという激安アパレルショップで、小さなスーツケースを購入してしまいました。
それでも、「え? 四年間の思い出は、本当にそれだけ?」と大家さんが仰天するレベル。

終わりを迎える代わりに、始まりを迎えるんだから。
身軽にしないと、さまざまなことを吸収できないよね!


ロンドン生活、のこり1週間。
スポンサーサイト
Home | Category : 帰国準備 |  Comment  |  Trackback
2012/11/16(Fri)

日本でもイギリスの年金を受け取るには?

あと3週間後には本帰国ですよ! いやいや、早いものです。

後々になって慌てるのはイヤなので、かなり事前に準備をしているおかげか、
心は比較的おだやかです。日本に帰った後で問題が発覚したら、
何の手の施しようもないですからねえ・・・ 恐ろしい。


携帯電話、イギリスの銀行口座同様、悩んだのが年金です。

日本とイギリスは社会保障協定が結ばれているため、
両国での二重加入を防ぐことができます。
ただし、イギリスで何年間か年金を支払っていたとしても、
日本の年金の通算期間には加えられません。

日本では過去10年分の年金を支払うことができるので、
就職したら、イギリス滞在の4年間分を支払おうかなとも思っています。
然るべき年齢(私の場合は67歳)になったら、イギリスからも年金を支払われるのですが、
納税期間がたったの4年ですからねえ。微々たるものなんです。

微々たる金でも、4年間払い続けてきた高い税金は、
きちんと頂きたいものです。そうですよね、英国在住の皆さん!


というわけで、英語と格闘しながら、何とか手続きを済ませました。

・・・格闘は言い過ぎました。
携帯電話の解約に比べたら、まったく大したことないです。


帰国日が決まったら、必ずHM Revenue & CustomsのNon EUの部署へ連絡します。
電話番号は2012年11月の時点では、+44(0)1912037010(月-金 8:30-17:00)。

私が電話で話した担当者は、イギリス人女性でした。
Non EUの部署だからなのか、こちらが理解しやすいよう、
簡単な単語でゆっくりと話をしてくれます。

携帯電話会社とのやり取りに疲労しきっていた私には、癒しの時間でしたよ。
思わず彼女に対して、いかに解約が大変だったかを愚痴ってしまったし。
(彼女も彼らの英語は分からないとため息をついていました)

簡単なあいさつ、たわいもない世間話(電話で話を進めるには、これが重要な気がする)の後で、
日本でも年金を受け取りたい旨を伝えると、手続きを開始してくれます。
手続きといっても、ナショナル・インシュランス・ナンバー、英国から出る日、
日本の住所を伝えるだけ。とても簡単です・・・!


手続き完了後、彼女にあれこれ質問をしてみたところ、分かったこととしては・・・

・年金需給時の4カ月前くらいに、英国から通知がいく
・年金を需給するための方法を選択し、郵送で送り返す

法律はたびたび改正となるので、30年以上の後でも、
この方法で年金を受け取ることができるか、甚だ疑問ですが、
ハッキリしていることは、ただひとつ。
67歳まで英語から逃れられない!
ってことですね・・・・。英語は我が伴侶でございます(悩)。


★イギリスの年金を需給できる年齢を計算できます
https://www.gov.uk/calculate-state-pension

★NIナンバー所持者は、英国外からも年金を支払うことができます
(Class2かClass3として支払います。どうしようかな・・・)
http://www.hmrc.gov.uk/cnr/osc.htm#3

★外国人の年金問題を管理している部署はHM Revenue & Customsの
International Caseworkerになります。サイトはこちら↓
http://www.hmrc.gov.uk/cnr/

上記は2012年11月時点で確認できた手続き、サイトになります。
イギリスは法改正が頻繁に行われるため、ご自身でもご確認くださいね!
Home | Category : 帰国準備 |  Comment  |  Trackback
2012/11/09(Fri)

続・携帯電話の契約は大変だよ

携帯電話が解約できていると思っていたら、継続されていました(怒)。
もちろん、すぐさま携帯電話会社に電話しました。

10月に何時間も電話をしたおかげなのか、
当初、まったく分からなかった彼らの英語が、
思った以上にスムーズに理解できる。
慣れってすごいなあ~と、我ながら関心してしまった。

なぜ解約できていないのかを問い詰めると・・・

「あなたからは一度も、そのような要望を受けていない」

おいっ(激怒)!

・・・いやはや、電話口でブチ切れでしたよ。大人気ない。
こっちは怒り心頭なのに、相手は「まあ、まあ、怒りを静めて~」
なんてヘラヘラ言うもんだから、余計に腹が立つ。


日本に帰る。
ビザ失効する。
UKには戻らない。
携帯電話を使わない。
銀行口座も閉じる予定。

このうえないほど、解約にふさわしい理由を持つ人物に対して、
なぜ携帯電話会社は、キレられてまで解約を拒むのか。理解に苦しむ。
さらに理解に苦しむのは、「僕に良い案がある!」という提案。

友だちに番号を譲る←みんな携帯持ってるから
来年UKに戻ってくる←ビザないっつってんだろ
英国人と結婚する←は!?

どのスタッフもこちらの要望を聞くことなく、同じことばかり言うので、
たぶんそのようなマニュアルがあるんでしょうねええ。
電話口で何度キレたことか分かりません。
不思議なことに、そのような時には、英語を不自由なく話すことができるのです。
人間、危機に瀕したときは(オーバー?)、知りえない力が出るものなんですねえ。


最終的には、今月中は解約できそうです。
相手がウンザリするほど、何度も何度も何度も電話しては、
何度も何度も何度も確認しました。きっと、ブラックリストに載っているでしょう。

ちなみに携帯電話会社に電話した時間は、先月からの合計で10時間30分。
おかげでインド系のアクセントに慣れましたし、
ひどく偏っているけど、英語のスピーキングも上達しましたとさ!

本当にしんどかったです(泣)
Home | Category : 帰国準備 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/10/26(Fri)

携帯電話の解約は大変だよ

なんと! 日本帰国まで、あと1カ月と1週間です! 

いやー、早い、早い。
よく「後悔しないように、たっぷり遊ばないとネ」と言われるのですが、
「後悔しないように遊ぶ」ことは不可能だし、第二の故郷のイギリスへは、
これからもちょくちょく訪れたいので、次回のための課題を残して帰ります。


帰国直前になって慌てるのもイヤなので、
思いついたときに、ちょくちょく準備をしております。

モノはほとんど無くなりました。サッパリ。
スーツケースもあげてしまったので、帰国のときはバックパックのみ。
日本へ郵送する荷物も、小さなダンボール一つで済むんじゃないかと。
「4年間イギリスに住んだ思い出がダンボール一つ!?」と同僚に突っ込まれましたが、
イギリスに関する「物」がパッと思いつかない。ということは、思い出だけで十分なのでしょう。
良かれ悪かれ、日本では何でも手に入りますからねえ。


帰国準備で最も大変だったのは、携帯電話の解約です。
私よりも先に帰国した友人から散々聞いていたので、覚悟はしていたのですが・・・
いや~、これほど大変だったとは思いませんでいた。

何が大変って、彼らの話す英語がサッパリ分からないってこと。

4年も住んでいるので、イギリス人の英語であれば、北部、スコットランド以外なら、
ほぼ分かります。会話は相変わらず、ビギナー以下ですが(泣)。
イタリア、スペイン、フランス人の英語もまあまあ分かる。
でも・・・インド、ロシア人の英語が、本当に分からない。絶望的に分からない。
(ついでに言うと、アメリカ人の英語も私には難解です)


で、私の契約先の携帯電話会社のサポート担当は、全員インド人。
解約させないために、あえてなまりの強い人が担当なのかしら?
と思ってしまうほどに、何を言ってるのか分からない。

店舗で直接話せば分かるのですが、解約は何故か電話でしか受け付けてくれない。
解約の手続きをしてもらうまで、なんと5回も電話をしてしまいました。
最後はいい加減イヤになって、何度も何度も同じことを言わせてしまいました。
おそらく担当者もウンザリしたんでしょうね。最後はかなり投げやりでしたから。

イギリス人の友人、イギリス人のだんなを持つ友人らも、
インド人の英語は難解だといいます。ネイティブですらも悩ませる携帯電話会社。
日本のように「お客様は神様」思想は必要ないけど、
もうちょっとでいいから、「お客様満足」なるものを考えて欲しいなあ・・・


イギリスで携帯電話を契約されている方。
解約する際には、2カ月前くらいから連絡をした方がいいですよ!
どこの会社でも1カ月前ノーティスなので、相手の英語に四苦八苦していると、
すぐに1カ月前になっちゃいますからねえ~(悩)


追記)
あまりにウンザリしたので、帰国まで1カ月半もあるのに、
10月中旬で携帯電話を解約してしまいました(泣)。早まり過ぎた・・・
そうそう、インド人のアクセントはとても強いですが、
わたしの話す日本語英語もなかなかのものです。
自分を棚に上げてしまいゴメンね、インドの皆さん。
Home | Category : 帰国準備 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2012/10/04(Thu)

安い航空券を探すには?

安い航空券を探すにはどうすればいい?
という質問メールをよくいただくので、ここに書いておきますね~。
リンクを貼るのは面倒なので、グーグルなどで検索してください。


●日本からロンドンに来る場合
4年も離れているので、最新情報はまったく追えていませんが、
やっぱり「トラベルコちゃん」で検索が良いんじゃないかなあ~。

スカンジナビア、バージン、BA、ルフトハンザあたりは、
たまーにビックリするようなセールをやっているので、
それぞれの会社のメールマガジンを受信すれば、最新情報が入るはず。
サーチャージ入れても、10万円以内でいけそうだな。

タイ、シンガポールなんかも安そうだけど、南航路は時間がかかります。
カタール、エミレーツ、エティハドなどのアラブ系も安くなりそうだけど、
乗り継ぎの時間などにより、下手したら30時間くらいかかります。
カタールの場合、8~24時間以内の乗り継ぎなら、ホテル&食事が無料提供なので、
それ狙いで、のんび~りロンドンに行ってもいいかもしれませんね~。
(たぶん、エミレーツやエティハドも同じだけど、調べてないのでわかりません)


●ロンドンから日本へ行く場合
私は下記方法をすべて行い、そのうえで安いチケットを確保していました。

1)日系旅行代理店(HIS、ゲンダイトラベル、ユーロジャパンホリデーズ)へ見積もり依頼
2)英系旅行代理店のmajor travelへ見積もり依頼
3)エクスペディアで検索
4)スカイスキャナーで検索
5)安そうな航空会社のサイトで検索
6)経由地を2か所にしてみる

日系のユーロジャパンホリデーズは、ウェブサイト予約特典もあります。
ここでアエロフロートのチケットを購入しました。驚異の400以下! 安すぎる!

major travelはたまたま発見した英系代理店ですが、メールのやり取りが超スムーズで、
しかも、チケットはどこの代理店よりも安いです。もちろん日系よりも!
ただし日本行きのチケットは、取り扱いの種類がやや少なめなんですね~・・・・


スカイスキャナーには、大変お世話になっています。
エクスペディアを始め、旅行関連のウェブサイトで扱う航空券を比較することができます。
日本語版もあるので、日本→ロンドンの検索にも役立ちそう!


6)は今回、初の試みでした。
ロンドンからの経由便の場合、たとえば、ロンドン→モスクワ→日本というように、
乗り換えは1回ですが、2か所にすることで航空券が安くなることがあります。
今回はロンドン→ローマ→ドーハ→日本になりましたが、
ロンドン→ローマ行きを加えても、この時期では最も安い航空券となりました。
ただ、私のように時間が有り余っていないと、この方法はつらいかな・・・・


こんな感じです!
節約の道は容易ではありませんが、調べれば調べるほど、
新たな航路を発見したり、100ポンドくらい安くなる。
節約よりも、これらの気づきが楽しいんだなあ~
Home | Category : 帰国準備 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/10/03(Wed)

夢のカタール航空で帰るのだ!

12月に本帰国するため、早速チケットを購入しました~。

ロンドンから日本へ帰国する場合は、アリタリアが最も安い。
でも・・・ 過去4回乗りましたが、どうしても好きになれない。
もしも、今後もロンドンに滞在し続けるなら、
アリタリアで帰国するのですが、今回は本帰国。
日本に帰ってからも旅はするつもりですが、長距離フライトは、
しばらくおあずけかもしれない・・・ 

というわけで、今回は夢を叶えてみました。


世界でも評価の高いカタール航空で帰ります!


うきゃー! 最高だ。今からワクワクする。

イギリスロンドン貧乏生活「カタール航空」

カタール航空って1993年設立の若い航空会社なんです!
たったの19年とは言え、エアライン・オブ・ザ・イヤーに毎年のようにランクインしているし、
私は一生お世話になりませんが、ファーストクラスのサービスは世界一位になったこともあります。

さらにさらに! 平均機体保持年数は約4年!
つまり、常に新しい飛行機に乗れちゃうってことなんですね~(ヨダレ)。
環境問題にも積極的に取り組んでいて、天然ガス由来の燃料で
飛行機を飛ばすための構想もあるのです。温暖化の原因とされる、
炭酸ガスの大幅削減につながりますからねえ。ガンバレ、カタール航空!
(ちなみにアイスランドのレイキャビークのバスは、水素ガス由来の燃料です)

私が乗るのは、もちろんエコノミーなのですが、
シートは世界でも最上級の広さ&フットレストつき~! うはあ~。
個人的には、ロシアのアエロフロートのシートの広さが世界一と思っていました。
果たして、カタールのシートの広さや、いかに!?
長距離フライトには欠かせないエンタテインメントは、1000を超えるプログラム。
こりゃもう、日本まで眠れませんな! でも、シートが快適だから、一度は眠る!

そうそう、お食事も美味しいらしいですよ。
イスラムの国なので、さすがに豚を使った料理は提供されませんが、
アルコールは問題なく飲むことができます。うはあ。
せっかくだから、アラビア料理を食べようと思っています。


そして、カタール航空を選んだ一番の理由は・・・・

乗り継ぎ時間が8時間~24時間以内の場合、
ホテル&お食事が無料提供!

ううう(泣)。どうして、ここまで良くしてくれるのかい?
その恩恵にあずかるため、乗り換え時間が3時間の旅程もありましたが、
あえて22時間を選んでみました! これで無料提供じゃなかったら泣くしかないな!

ちなみに今回は片道ではなく、ローマ発の往復です。
復路の日程は4月26日(金)。
そうです。ゴールデンウィークですよ!!!!!

まだ就職も決まっていないのに、何をほざいているかとお思いかもしれませんが、
勝手にゴールデンウィークは長期休暇だと想定し、チケットを取ってみました。
ご褒美(旅行)があったほうが、就職活動にも気合いが入るというものです。
ダメだったら、日程を変更すればいいだけさ~。問題なし。

そんで日本に戻るときは、再び往復で購入。
ロンドンに行く場合、南航路(アラブ経由)は時間がかかりますが、
ローマなら、南も北もそれほど変わりないんですよ。
機内が快適なら、長距離フライトも何のそのです! しかも安いしね(重要)。

イギリスロンドン貧乏生活「ブリティッシュエアウェイズ」

ちなみにロンドンからローマへは、ブリティッシュ・エアウェイズで行きます。
荷物を預けることを考えると、預け荷物代を取るイージージェットよりも安いんです。
それに・・・ 愛しのロンドンを離れるときは、やっぱりBAがいいな。
ヒースロー発ではなく、散々お世話になったガトウィックっていうのも良いね。


カタール航空、うきゃー! なんて言ってますが、ホントはとっても寂しいです。
ロンドンを離れるまで2カ月。あっという間だな。
Home | Category : 帰国準備 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/10/02(Tue)

帰国前にやることをリストアップしてみよう(2) 

さーて、帰国前にまだまだやることがありますよ~!

4年も住んじゃうと、引き揚げはそれなりに面倒ですね。
さっさと終わらせて、愛しのロンドン、愛しのイギリスを満喫せねば!

3:税金の返金依頼
会社勤めの人の場合、税金がいくらか返金されます。
退職の前に然るべき書類を渡してもらうよう、会社側へお願いしたり、
自分自身で書かねばならない書類があったりと、若干面倒だけど、
少しでもお金が返ってくるならガンバレル!

これについては、後日、書いてみようかなと思います。


4:日本で英国の年金を受け取るための申請
現在申請中なので、終了したら書こうかな~。
調べてみた限りでは、意外にシンプルでした。
私が受給する年までイギリスの年金制度が持てばいいなあ。

5:日本大使館から住民票を抜く
忘れちゃったらどうなるんだろう?

6:日本帰国便の手配
狙っている航空会社があります。ずーっと乗りたかったあの飛行機!
帰国前に旅行をしようと思いましたが、それは難しそうだな・・・
ただ、日本からでも海外に安く行くノウハウを掴んだので、
日本に帰国してからも、海外旅行を楽しもうと思いますよ(休みが取れるなら)

7:履歴書&職務経歴書を書いたり、転職サイトに登録したり・・・
何カ月も無職でいられるほど、心にもお金にも余裕はありません~。
早いところ仕事を見つけて、ガツガツ働いて、しっかり遊ぶのだ!
私なんかで良ければ、どなたか雇ってください(切実)。

8:どうする?イギリスの銀行口座
これはいまだに悩み中です。イギリスの銀行口座がない場合、
年金受給年齢になったら(1976年生まれは67歳より受給開始のはず)、
チェックで送られてくることになっていましたが・・・
2012年4月から、日本の銀行口座でも受け取りが可能なんです。さて、どうする?

日本経済の先行き不透明さを考えると、他国にお金を預けるのもいいのかな?
なーんて思いつつも、イギリスも同様に先行き不透明。うーむ。

9:契約しているものを解約する
ジムはすでに解約しているから、今あるものは携帯電話だけ。
この携帯電話がねえ・・・ 厄介なんですよねー。

私は「3」というキャリアを使っているのですが、
コールセンターのほとんどがインド系の方ばかりで・・・
なまりが強くて、まったく理解できないのです(泣)。
恐らく、相手も「日本人のなまり、わかんね~」って思ってるんだろうけど。
そんなわけで、いまだに解約できていません。

10:大家さんに家を出る旨を伝える
多くのフラットでは、1か月前に言うのかな? うちはわりと適当です。
良い大家さんだったので、別れはとても寂しい、本当に寂しい。
私の後に入居してくれる人を見つけないと~。


今、思いつくのは以上の10項目かな?
年金、銀行口座がネックだな。これは早いうちに解決したいな~。
準備にさっさと目途をつけて、ロンドンをひたすら遊びつくそう。
気軽に遊びに来れるとは言え、それでも1年に1度がせいぜいだろうから・・・

あーあ、こんなこと書いてたら、急に寂しくなってきちゃったな。
やっぱりロンドンのことが好きになってんだな、私。
Home | Category : 帰国準備 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2012/10/01(Mon)

帰国前にやることをリストアップしてみよう(1)

本帰国まで約2カ月! いや~、早いですね~。ビックリです。

ウカウカしていると、「やや! 1週間後に帰国だ!」なんてことにもなりかねない。
本当にね、本当にありうるんですよ・・・(泣)。
いつも旅行の前には、大慌てですからねえ・・・ 要領悪いんです。
そこで、2カ月前からしっかり計画を立てて、帰国準備を進めて行こうと思います!

★やることリスト

1:不要な物を捨てる
もともとモノを持たない主義なので、こっちに来てから服、靴などは、
よほどのことが無い限り購入していません。
日本から持って来たものは、どれも捨てるつもりだったしね。

断捨離なんてコトバが流行る前から、ザクザク捨てる快感を知っているので、
今回もザクザク捨ててみました。あまりに捨てすぎてしまったため、
夏の名残りの時期は、一人冬の装いでした・・・。早まったか。

ちなみに私の住むエリアでは、何でもゴミとして捨てることができます。
たとえばこんなモノまでも・・・・↓

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国9」

かなりでかいスーツケースだから、てっきり粗大ゴミとして料金を支払うのか、
あるいは名前でも記入するのかと思っていましたよ(それは日本だけなのかしら)。
そのほか、テレビ、オーディオ、机なんかも捨てられていたりします。
ロンドンってエコとは無縁の街だよねえ~。分別もあるようで、ないし。

さてさて、こちらのスーツケース。友人が引き取ってくれるようです。
下の鍵が壊れ気味だし、ボロいし、それでも良いのだろうか・・・


2:捨てるまでもないモノは売る
私は捨てる前提で持って来ているモノが多いので、売り物になるはずもなく・・・

・・・ただ、3年前くらいに「学校は終わっちゃったけど、英語ガンバルもん!」
と思って購入したテキストは、予想通り一回も触っていません(!)。
ゆえに折り目もなく、めちゃくちゃキレイ。これは捨てるに忍びないので、
mixbというサイトで売っちゃいました。

ここですよ→ http://www.mixb.net/

mixbは不用品の売買のほか、住居、美容院などのサービス、スポーツなどのサークルを
探すことができる、ロンドン在住日本人たちの掲示板なのです。
渡英当時はフラット探しや掘り出しモノ探しで、かなりお世話になったなあ。

ぎょっとするのが、「半分残った化粧水」や「少し使った調味料」、
古着と言うには古すぎる服を売る人の存在。買う人っているんだろうか・・。
半分も使ったんなら捨てればいいのに・・・と思ってしまう。


・・・2カ月前とは言え、部屋はすでにスッキリです。
以前、友だちが遊びに来たとき「生活感ないねえ」と言われたことがありますが、
今はそれ以上。私、4年もこの国にいたのかなあ・・・
Home | Category : 帰国準備 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。