• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/08/25(Mon)

【心の整理編】条件は何ですか?

さて、国、目的、おおよその期間は決まった。

でも、これだけでほいほい決めるわけにはいかない。
転職も恋人を選ぶときも同様だが、何かを決断するときには
「妥協したくないこと」と「妥協してもいいこと」を設けないといけない。
(とかく私は表面上のことのみで判断しがちなので……)
そこで、整理してみた。

【妥協したくないこと】
(1)総額(学費などもろもろ込みで)200万円以内でおさえたい
(2)上記を叶えるためには滞在中はバイトなどしてお金を稼ぎたい
(3)英語を母国語としている人と多く関わりを持ちたい

(1)現在、検討中
まず費用でネックになるのは学費だと思う。某大手エージェントに依頼するとなると
1年で100万も200万もの費用が必要だと言われる。
その途端「どひー」とたまげ、モチベーションもどん底。
でも、イギリスには激安語学学校なるものが存在するんです。(これはまた別のところで)
あとは食費を抑えるため自炊したり(賄いの出る店で働いたり)、
遊びまくらないようにすれば良いでしょう。

(2)6カ月以上の滞在ならば可能
ただし、学生ビザに「no recourse to public funds.work(and any changes)must be authorised」
というスタンプが押されていないとダメらしい。
まれに働くことを許可しないスタンプ(※)が押されていることもあるようなので、
申請の際には十分すぎるほど気をつけてください。
※滞在するだけの貯金が満足に無い場合など、英国にいつまでも滞在しちゃいそうだなあ
と思われるような内容だとダメっぽいです。

(3)自分の努力次第
日本人同士で必要以上につるまないとか、バイト先で交流するとか、
思い切って話しかけてみるとか、いろいろ方法はありますよね。


【妥協してもいいこと】
(1)語学学校は日本人が何人いてもかまわない
(2)仕事内容
(3)住居

(1)仲間はいたほうが良い
日本人がいないほうがいいと言う人もいますが、
私はいざっていうときに助け合うことができるはずなので気にしません。
それに文法など分からないことが出てきたら、日本語で教えてもらえるし、教えられるので。

(2)何でもやります!
できれば日本でやっていたような仕事に携わりたいけど、そうそうムリも言ってられません。
幸い、いろんな仕事に携わってきたし、新しいことは何でも面白いですからね。
でも、慣れたらフリーペーパーの編集とか、サイト構築などをやりたいものです。

(3)住めば都
かつて目黒で2万円程度の家賃のぼろアパートに住んでいました。
ねずみに食料を食い荒され、夏にはゴキブリまみれになったり、フロがなかったり、
水道の水が茶色だったり、変質者に侵入されたりと本当に散々でしたが、
それでも私にとっては落ち着く場所でした。
日本とイギリスじゃ違うだろうけど、順応性は高いので大丈夫なはず。



ほかにもまだあったような気がしますが、おおよそこんな感じでした。
やっぱり金銭的なことがだいぶ気になっているようです、私。
金さえあればおおよそのことは可能ですが、現実問題、無いですからね~。
いかに低価格で目的をかなえられるか、それが私にとっては最重要だったんです。
スポンサーサイト
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/08/25(Mon)

【心の整理編】どのくらい暮したいですか?

国は決まった。
その目的は現地に暮らすことで文字だけじゃ分からない、
価値観、文化の違いなどを理解し、そのうえで語学習得をすること。

でもこれって、1カ月や3カ月でどうにかつかめるもんじゃない。
最初のうちは聴き取りも困難な英語に、見知らぬ土地のルールになれることに、精一杯だろう。
もしかしたら、それだけで2カ月なり3カ月なり費やすことになるかもしれない。
「かもしれない」ではなく、「確実に」そのくらいの期間は要することになる。
ようやく環境に慣れ、さて、これからが面白いところだ。
というときに帰国となったら悲惨である。まるで意味がない。
というわけで、私の目的を達成するには短期留学は難しいことになる。

では、どのくらいの期間行けば良いか?

それは実際に向こうに行ってみないと分からない。
もしかしたら順応性の早さが海外でも通用し、2週間程度でなれるかもしれない。
もしかしたら目標に置いている語学レベルまで3カ月程度で達するかもしれない。
これまでの私の中での考え方だとありえないことだが、
それあはあくまで日本基準。向こうでは変わるかもしれない。

今の私が判断したのは、「なんとなく」のカンだけ。
3カ月はなんとなく短いけど、1年はなんとなく長いけど、
でも、なんとなく目標を達成しそうな予感はする。
ってことで、1年。そんなもんです。

ただ、調べたり、人から聞いてみるとまずは1年にしておいてよかったと改めて思う。

●6カ月以上の滞在でなければ学生ビザが取得できない
→学生ビザが取得できないと働けない!

●1年以上の滞在でなければ、転出届が役所に出せない
→留学中も国民の義務(税金)を支払わねばならない

●カウンシルタックスの免除が受けられなさそう
→イギリスではフラットシェア(おうちを何人かでシェアするのが普通のようです)を
借りる際、カウンシルタックスなるものが発生します。
これは住民税らしいのですが、条件をクリアした学生の場合免除されるようです。
貧乏人としては、こういうところは賢く節約したいですよね

などなど。

わりと切実な問題ばかりを挙げましたが、
「せっかく決心したのに3カ月や6カ月程度で帰国ってどうなのよ」と思ったことが一番の理由。
まだ32歳(「もう32歳」と捉える人はいると思いますが)だから、
1年や2年好きなことをしても大丈夫でしょう!!! 
今の心境としてはできるだけ長く滞在したい。ただし、お金という現実的な問題がありますねー・・・

※「大手企業で、素敵なオフィスで、誰もがうらやむ仕事がしたい」って思う人(いるのかな?)なら、
30を過ぎて海外に行くのは辞めたほうがいいかもしれませんが・・・。
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。