• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/10(Wed)

【パース編】非常識な日本人

人は認めたくない現実にぶつかったとき、一瞬ではあるが現実逃避を試みるのだと思う。


私の場合はぎゅっと目をつぶった後、見開くことにしている。
これは「夢であればいい」と願いながら目をつぶり、
見開くことで「夢から覚めればいい」と願っている。
もちろんこの方法で認めたくない現実が夢だったことは一度として無い。

何度も目をパチパチしている私を見た運転手は怪訝な顔をしながら「降りないのか?」と聞いてくる。
こんな何もないところで降ろされたらたまったもんじゃない!
「私はフリーマントルに行きたいんだ! こんなところでは降りたくない。何とかしてくれ!」
勝手に乗り間違えておいて、この逆ギレっぷり。
運転手も先ほどまで目をしばたいていた日本人が突然キレ出して、
どうしていいか分からず様子だ。……彼の困惑もごもっともである。
彼としては経路を間違えることなく乗客を送り届けるという仕事を
しっかりとこなしているだけなのに、何故怒られなければならないのか。

でも、ここで降ろされたら、この先に待っているのは「死」だと考えを飛躍しまくっていたので、
私としても引き下がるわけにいかない。何としてでもフリーマントルに行かねばならないのだ。
「私は間違いをおかしてしまったんです。お願いです。助けてください。あなたを信じています」
逆ギレがまったく通じなかったので、弱々しくすがってみた。
それでも彼は困り顔である。
もごもご独り言を繰り返しながら、彼のシンボルとも言える口ひげを触る。
「……助けてください」
消え入りそうな声でお願いしたこの一言が、彼に通じたようだ。

彼は私の顔を見て大きくうなずくと、無線機でなにやら喋りだした。
それからまた私のほうを見てにっこり笑うと「何も心配はいらない」と言い、
再びバスを走り出させたのだ。
「サンキュー! アイムベリーハッピー」
命の危機(大げさ)から救ってくれたという感謝の気持ちを現すには不十分だが、
これしか知らない私は言葉を覚えたばかりのオウムのように、
何度も何度も言い続けたのであった。

【パースでも自虐ネタ】
何分か走り続けた後、運転手は突然バスを停止させた。
あまりに突然だったので、椅子から転げ落ちそうになるのを何とかこらえる。
何事かと思って運転手のほうを見ると、彼はしきりに前方を指差す。
その指し示されたほうを見ると、一台のバスが停まっていた。
そして、そのバスの行き先は「フリーマントル」!!!!!!
今度は「フリーマントル もじゃもじゃもじゃ」と別の単語がついていない!
同じフリーマントルでも、私の目指すべきフリーマントルに行くバスだったのだ!!!

彼としては経路を逸脱しすぎるのはまずい。
だけど、このみすぼらしく、哀れな日本人を救いたい。
だったらフリーマントルに行くバスが通る場所まで連れて行こう。
想像でしかないが、おおよそこんなところだと思う。何と優しい人だ!

「サンキュー!!!」
陳腐すぎる感謝の言葉を何度も何度も彼に伝え、
私の合流を待ちかねているバスまで駆け寄った。
あんまりに慌てすぎたのか、途中で足が自らの足に絡まり転んでしまった。
(運動できない人の典型的な転び方。自分で自分を転ばせるという高等技術だ)
恥ずかしくて運転手のチラリと見ると、彼は大笑いをしていた。それほど滑稽だったのだろうか。
オーストラリアでも体を張って笑いを取るとは思わなかったが、
少しでも楽しい気持ちになってくれたら幸いだ。

なおも笑い続ける彼にぶんぶん手を振った後、停車中のバスに乗り込む。
この運転手もにこにこ笑っている、乗客を見てもにこにこ笑っている。
日本だったら人を待つために何分も停車するなんてことは考えられない。
もしかしたら日曜日で乗客が少なかったから待っていてくれたのかもしれないが、
それでも私は人の優しさというものに触れ、いたく感動してしまったのである。


ちなみに……
私のそばに座ったおばあちゃんがニコニコ微笑みながら、チョコレートを2つくれた。
全速力で走り、息があがっている私を気の毒に思っての行動かもしれない。
それは本当に嬉しい。本当にありがたい。本当に感動してしまう。
が、私は外国のチョコレートやスイーツが何よりも苦手なのだ。

でもね、もらっておいて食べないわけにいかないでしょ?
おばあちゃんはニコニコ微笑んで、なおも私の顔を見ているわけだし。
だから勇気を振り絞ってチョコレートを口に入れてみた。
……思った通り、やけつくように甘い。中にはどろりとした液状の
これまた舌がしびれるほど甘いものが入っている。

「サ、サ、サンキュ~…。イッツベリーデリシャス」

……外国でもお世辞って必要だ。



※今回、私は運転手に懇願することで危機(そうでもない)を脱したましたが、
今思えば、何とも軽率な行動だったと反省しております。
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】遠き道のり

初老の女性と別れた後、次なる目的地フリーマントルを目指すべく
バスターミナルをぐるぐる徘徊する私。

それを見ていた40代くらいのおじちゃんが
「きみは何がしたいの? どこに行きたいの?」と聞いてくる。
いかにも英語ができなそうに見えるのか、ゆっくりと小さな子どもに言うように語り掛ける。
今の私には非常にありがたい気遣いだ。

「アイゴートゥーフリーマントル!」
お決まりの言葉を彼に伝える。もっと気の利いた言葉を言いたいところだが、仕方ない。
「オオ! フリーマントル! もじゃもじゃもじゃもじゃ」
フリーマントルが彼にとってそんなにもいい場所なのか。
先ほどの口調とは違い、興奮した様子でフリーマントルについて語っていたが、
私があんまりに無反応であることにやる気をなくしたのか、
「いい旅を」というようなことだけ言うと、その場を立ち去ってしまった。
てっきり彼が行き方を教えてくれると思っていただけに、
拍子抜けした私は、しばらく宙を眺め、遠くの日本を思い出していた。

「どうしたの?」
再び他の人から声がかかる。今度は女性だ。
パースの住人は困っている人がいたら放っておけないのだろう。いい街だ。
「アイゴートゥーフリーマントル…… アイドンノウ……」
先ほどの失敗を繰り返さないよう、今度は自信なく小さな声でつぶやく。
あらあらあら、大変だ。というような顔になった彼女は、
私の手を取ると、バスターミナルとは反対の方角にある
電車のホームにつれていこいうとするではないか。

いやいやいや、違うって。
私はバスの乗り放題チケットしか持ってないからさ。
(実際はバスも電車も乗れます。私が知らなかっただけ)
なんてことは当然彼女に伝えることはできず、後ろからおずおずついていくばかり。
親切な彼女に別れを告げた後、彼女に見つからないよう、
再びバスターミナルに戻る情けなさったら無いですよ、本当に。

【目的地はどこだ?】
バスターミナルに戻ると、バスの目的地が書かれたボードを発見した。
最初からこれを見ておけばよかったんだ。
己の注意力の無さ、視野の狭さを呪った直後、
「これもまた旅の醍醐味よねー」と気持ちを切り替える。失敗はつきものなのだ。
さて、ボードを見ると「フリーマントル」を目的地としたバスは確かにあった。
あったが、困ったことに2つもある。どちらも「フリーマントル ほにゃほにゃほにゃ」。
この「ほにゃほにゃほにゃ」がさっぱり分からない。

首をひねっていると、ターミナルに「フリーマントル ほにゃほにゃほにゃ」に向かう
バスが到着している様子が見えた。焦って駆け寄る(今日は走ってばかりだ)。
「ディスバスゴートゥーフリーマントル?」
乗り込む際に運転手に行き先をしっかり確認する。うん、冷静だ。
「もじゃもじゃもじゃもじゃもじゃもじゃ」
「!!!」
てっきり「イエス」か「ノー」の簡単な返答が来ると思っていたのに、
運転手は何かをしきりに伝えようとしている。……分からぬ。お前は何が言いたいのだ。
「もじゃもじゃもじゃもじゃもじゃもじゃ」
なおも語り続ける運転手を前に、私はあっけなく白旗をかかげる。
もう良い。語らなくて良い。私はお前についていく。

聴き取りをあきらめた私はメルセデス社製のバスに今日二度目の乗車をする。
乗っている人は小学生くらいの双子の中国人、
あごひげを胸のあたりまで伸ばした仙人風の中国人、
一番後ろの席で目を鋭く光らせキョロキョロしている白人、
そして優しい笑顔で私を見つめる白人のご婦人。計5名だ。
後ろの席の白人はいかにも怪しいので、私は迷わずご婦人のそばに座った。
「いい天気ね。フフ」
ほんわりとした口調にこちらまで笑顔になってしまう。

【レーサー気どりの運転手】
パースの運転手の運転は非常に荒い、荒すぎる。
人にもよるかもしれないが、少なくとも、この運転手は異常だ。
まず、カーブでブレーキをほとんどかけない。
タイヤは「もうたまらん」と言いたげにキュキュキュと派手な音を鳴らし、
そして車体は冗談抜きに横転しそうになりながら曲がるのだ。
そのたびに私は「ヒ、ヒ、ヒエ~」と情けない声を出してしまう。

おまけにバス停が近づき、乗客がいると分かった途端、
この運転手は20m手前であってもドアを開けてしまう。
双子がドアの近くの席に座っていたので、カーブに差し掛かったら
バスから落ちてしまうんじゃないかと心配になってしまった。
ただ、どんな状況でも驚愕していたのは私一人だけ。
ほかの乗客はのんびりとしているのだ。慣れってコワイなあ。

バスの運転にハラハラしていると、すぐそばにいたご婦人のカバンから携帯の着信音が鳴り出した。
日本ではバイブ設定にしていないと、「切っとけよ」という痛い視線を浴びることになるのだが、
皆、特に気にする様子もない。これもまた日常のワンシーンのようだ。
お国が変われば、考え方も違うのだなあと関心していると、
ご婦人は携帯を切るのではなく、ものすごく大きな声で話し始めたのだ。
もちろん、皆、まったく気にしていない。
友人によるとバスでも電車でも携帯で話すことはマナー違反ではないという。
日本はちょっと過剰すぎるのかしら? でも、ペースメーカーが狂ったりしないのかな?

【残酷な現実】
何度も横転しそうな怖さを味わうも、次第に慣れてしまった。
明らかに日本よりも強い紫外線が気にはなるが、
ぽかぽかの暖かな日の光に眠気を覚えた私は、
シティ行きのバスで出会った初老の女性に注意されたにも関わらず、再び熟睡してしまった。

時間にして30分くらいだろうか。
運転手のやたらと大きなダミ声でたたき起こされるように目が覚めた。
「終点だよ。早く降りとくれ」
眠い目をこすりながら、外を見るとそこは人々で賑わったフリーマントルの街だった。


……という私の期待はあっさり裏切られた。
目の前には様々なお店が並ぶ代わりに、墓地が広がっている。
人で賑わうどころか、人の姿はどこにも見当たらない。
一瞬、まだ夢を見ているのかと思った。こんなイヤな夢なら早く覚めて欲しいとも思った。
しかし、これは紛れも無い現実である。
……そうなのだ。私はバスを乗り間違えてしまったのだ。


「おーい。どうした? 終点だよ」
ダミ声がどこか遠くで聞こえた気がした。
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】バスに乗るのも一苦労

雨の集中攻撃に合い部屋で呆然とするも、あまりの寒さにはっと我に返る。

「こんなことしてる場合じゃない!」
落ち込むのも早ければ、立ち直るのも早い。
気分屋だと言われようが、この性格は実は結構好きだ。
とにもかくにもずぶ濡れの服を脱ぎ、熱いシャワーを浴びる。
ふとシャワールームに日の光が差し込んでいることに気付いた。……晴れてる?
こうなったら長居は無用。バスタオルを体に巻きつけ、外を見る。

「!」
晴れている。しかも快晴だ。
この変わり身の早さは私自身に通じるところがあるように思う。悪くない。
すぐさま身なりを整え、ネットに興じる姉妹に
「アイゴートゥーフリーマントル。シーユー」
まだまだぎこちない笑顔を浮かべ、あいさつもそこそこにバス停に走る。
出発まであとわずかなはずだ。


【バスのチケット、買えるかな?】
必死で走るとバスは今まさに出発しようというところだった。
運転手に見えるよう手をブンブン振り回して、「乗りたい」とアピールする。
私の存在に気付いたように運転手は「あっ」という顔になり、
閉じたばかりのドアを開ける。いい人でよかった。

運転席におさまらないんじゃないかってくらいヨコにもタテにも大きな運転手は、
上まぶたの肉の重みで細くなった目をより細めて、
「ハロー、ほにゃほにゃほにゃ」と激走しすっかり息の荒くなった私に声をかける。
「ぜーはー、ぜーはー、ハ、ハ、ハロー」
物言わぬ日本人ではないことを証明しようかと思うも、息が整わない。
そんな私を見て、彼はさもおかしそうに笑う。

そして、私が落ち着いたところで彼は「どこまで行くのか」というようなことを聞いてきた。
フリーマントルに行くには、まずはシティに出なくてはならない。
それから乗り換えをするのだが、いちいちお金を支払っていたら高くつく。
そこで、1日乗り放題のチケットの出番だ。
現地ではDay Riderと呼ばれていて、$8.10ですべてのバス、電車が乗り放題になるのだ。
※ちなみにバスはゾーン制になっていて1~8まで分類されている。
2ゾーンのチケットを乗車時に購入して、途中下車しても30分以内だったら乗り放題となります。


「デイライダープリーズ」
自信を持って大きな声で答えたが、運転手は「?」という顔で私を見つめる。
発音が悪いのか、もしくは聞き取れないのかと思ったが、何度言っても通じない。
乗客を待たせている手前、長いことやり取りをしていられない。
が、1日乗車券は何としてでも手に入れたい。私は今日、長距離移動をするのだ。
「アイホープトゥワンデイチケット、プリーズ」
苦し紛れで言ったこの言葉が何故か通じた。気迫が伝わったのだろうか。
それにしてもバスのチケット一つ買えない、この英語力の低さはいかがなものか。

少々固いシートに身を落ち着かせた途端、安堵してしまったのか、
見知らぬ国だというのにあっという間に熟睡してしまった。
誰かにユサユサ体を揺られて起きると、すでにバスはシティに到着していた。
私を起こしてくれたのは上品そうな初老の女性だった。
カバンを指差しながら何かをしきりに伝えようとする。よーく聞いてみると、
「パースは安全だけど、カバンはしっかり持っていなきゃダメよ。盗まれちゃうわよ」
というようなことだった。
女性はよだれをたらしながら熟睡している私を心配に思ったのか、
隣に座り、ガードしてくれていたようだ。本当にありがたい。
が、その感謝の気持ちを伝える言葉は「サンキュー」しか知らない。歯がゆい。

その女性と別れて、次は目的地フリーマントルだー! 待ってろよー!

……しかし、このとき私はまだ知らなかった。
Day Riderがあればバスも電車も乗れることを。
それゆえ、旅行初日で大変なミスをおかしてしまうことを……
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】バスに乗るのも一苦労

雨の集中攻撃に合い部屋で呆然とするも、あまりの寒さにはっと我に返る。

「こんなことしてる場合じゃない!」
落ち込むのも早ければ、立ち直るのも早い。
気分屋だと言われようが、この性格は実は結構好きだ。
とにもかくにもずぶ濡れの服を脱ぎ、熱いシャワーを浴びる。
ふとシャワールームに日の光が差し込んでいることに気付いた。……晴れてる?
こうなったら長居は無用。バスタオルを体に巻きつけ、外を見る。

「!」
晴れている。しかも快晴だ。
この変わり身の早さは私自身に通じるところがあるように思う。悪くない。
すぐさま身なりを整え、ネットに興じる姉妹に
「アイゴートゥーフリーマントル。シーユー」
まだまだぎこちない笑顔を浮かべ、あいさつもそこそこにバス停に走る。
出発まであとわずかなはずだ。


【バスのチケット、買えるかな?】
必死で走るとバスは今まさに出発しようというところだった。
運転手に見えるよう手をブンブン振り回して、「乗りたい」とアピールする。
私の存在に気付いたように運転手は「あっ」という顔になり、
閉じたばかりのドアを開ける。いい人でよかった。

運転席におさまらないんじゃないかってくらいヨコにもタテにも大きな運転手は、
上まぶたの肉の重みで細くなった目をより細めて、
「ハロー、ほにゃほにゃほにゃ」と激走しすっかり息の荒くなった私に声をかける。
「ぜーはー、ぜーはー、ハ、ハ、ハロー」
物言わぬ日本人ではないことを証明しようかと思うも、息が整わない。
そんな私を見て、彼はさもおかしそうに笑う。

そして、私が落ち着いたところで彼は「どこまで行くのか」というようなことを聞いてきた。
フリーマントルに行くには、まずはシティに出なくてはならない。
それから乗り換えをするのだが、いちいちお金を支払っていたら高くつく。
そこで、1日乗り放題のチケットの出番だ。
現地ではDay Riderと呼ばれていて、$8.10ですべてのバス、電車が乗り放題になるのだ。
※ちなみにバスはゾーン制になっていて1~8まで分類されている。
2ゾーンのチケットを乗車時に購入して、途中下車しても30分以内だったら乗り放題となります。


「デイライダープリーズ」
自信を持って大きな声で答えたが、運転手は「?」という顔で私を見つめる。
発音が悪いのか、もしくは聞き取れないのかと思ったが、何度言っても通じない。
乗客を待たせている手前、長いことやり取りをしていられない。
が、1日乗車券は何としてでも手に入れたい。私は今日、長距離移動をするのだ。
「アイホープトゥワンデイチケット、プリーズ」
苦し紛れで言ったこの言葉が何故か通じた。気迫が伝わったのだろうか。
それにしてもバスのチケット一つ買えない、この英語力の低さはいかがなものか。

少々固いシートに身を落ち着かせた途端、安堵してしまったのか、
見知らぬ国だというのにあっという間に熟睡してしまった。
誰かにユサユサ体を揺られて起きると、すでにバスはシティに到着していた。
私を起こしてくれたのは上品そうな初老の女性だった。
カバンを指差しながら何かをしきりに伝えようとする。よーく聞いてみると、
「パースは安全だけど、カバンはしっかり持っていなきゃダメよ。盗まれちゃうわよ」
というようなことだった。
女性はよだれをたらしながら熟睡している私を心配に思ったのか、
隣に座り、ガードしてくれていたようだ。本当にありがたい。
が、その感謝の気持ちを伝える言葉は「サンキュー」しか知らない。歯がゆい。

その女性と別れて、次は目的地フリーマントルだー! 待ってろよー!

……しかし、このとき私はまだ知らなかった。
Day Riderがあればバスも電車も乗れることを。
それゆえ、旅行初日で大変なミスをおかしてしまうことを……
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】雨に泣く

広い部屋の隅でひざを抱え、うずくまっているとトビラをノックする音が聞こえた。友人だ。


「今日はどうする? 到着したばかりだから疲れたんじゃない?
私は今日、仕事があるからのんびりしてたら?」
彼女からのありがたい申し出ではあったが、私はどうしても行きたいところがあったので
「いや、今日はお昼くらいからフリーマントルに行ってみるよ」と強い意志で宣言してみた。

旅のバイブルである『地球のあるき方』によると、フリーマントルという場所では、
毎週末にぎやかなマーケットが開かれているという。
「カプチーノ通り」とよばれる街路沿いには、オシャレなカフェもいっぱいあるんだとか……
偶然にも到着日は日曜。これは行けという神のお告げだろうと勝手に解釈していた。

そんな気持ちを当然知るよしもない友人は目をまん丸にしながら、
「え~!!! さっき到着したばっかなのに!」と驚いていた。
フシギと疲れはなかった。きっと10年ぶりの海外旅行で興奮状態にあったのだろう。

少々の仮眠を取った後、友人と軽く朝食を食べていると、
2階から誰かが降りてくる音が聞こえた。
音のほうを見ると、背が高く、スリムな体型の女性が現れた。
この家の住人、2人の姉妹の姉である。
「グッモーニン!」
ゆるやかなウェーブがかかった茶色い髪に、マスカラもビューラーもいらない睫毛と大きな目。
スッと伸びた高い鼻、そして私の半分くらいの小さな顔。
口角がきりっと上がった口元から発せられる声はやや低音ではあるが、
よく通り、かつ明瞭。まるで彼女の意思の強さをあらわしているかのようだ。

うらやましいなあ~と思い見つめていると、彼女もこの見知らぬ日本人を
好奇心に満ちた目で見つめてきた。自己紹介をしなくては!
そう思ってはいても、なかなか言葉が出てこない。
海外ではあまり受け入れられない「あいまいな微笑み」を浮かべるばかり。
すると友人が「この子は私の友達で、今日日本から到着したばかりだ」と紹介してくれた。
更に「今日到着したのに、フリーマントルに行くって言うんだよ」と付け加えていたらしく、
それを聞いた彼女も「どひー」と言う驚きの表情をしながら、
なおもあいまいな笑顔を浮かべる日本人を見つめていたのだった。



朝食を早々に済ませた後、仕事の時間が迫っている友人と外に出る。
フリーマントルに行くためのバス乗り場を確認するためだ。
友人とは途中で別れ、「すぐそこだよ」というバス停を目指し歩く。
朝の雨が空を浄化したのだろうか、どこまでも青く、澄んでいる。
冬だから外気温は低いものの、降り注ぐ太陽の光はあたたかで優しい。
単純なようだが、これだけでパースという街が好きになった。

バス停もすぐに見つけ、乗る時間を確認。
ついでだからと海に行こうと思ったとき、突如、空があやしく曇りだす。
「あっ。これはまずい」そう感じるや否や、空から大量の雨が降ってきたのだ!
それこそ「バケツをひっくり返したような」という表現にふさわしい、雨。
「すぐそこ」だからと思い、傘なんて持ってきていない。
走って帰るも、ずぶ濡れになるのは必至。
でも、それでも、一刻も早く帰らねばと必死の形相で走る、走る、走る。

家の前に到着したときは、案の定、ずぶ濡れ。
髪も、服も、それこそ下着も、すべて。
本当に哀れとしか言いようがない姿で現れた日本人を
この家の住人である姉妹は驚きの表情で見つめる。
「ベリーストロングレイン、ジャージャー(激しく降る様子を口とジェスチャーで表現)。
アンビリーバブル、サプライズ」
どうにか状況を伝えようと試みるが、
まったく意味のわからないことを口走ってしまう。

「???」な表情の姉妹に「ノープロブレム。サンキュー」と告げ、
その場を足早に走り去る。とにかく寒かったし、ショックだったのだ。

そう、私は日本国内では晴れ女としの自信があった。
旅行をはじめささいな用事であっても、滅多に雨は降らない。
降ったとしても私が外を歩いているときは止むのだ。
それがオーストラリアでは通用しない。
むしろ「雨女」と言ってもいいかもしれない。

その事実を突き付けられ、またしても茫然とするばかりだったのだ。
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】夢の世界

気の強い彼女と別れた後、シャトルバスは雨のパースをひた走る。

運転手のおばちゃんとの間に会話はなく、何となく重い沈黙のような気もしたが、
バックミラー越しに見えるおばちゃんの顔はどことなく疲れていたので、
(私を探しまわり、若い彼女のテンションに振り回されたのだからムリもない)
下手な英会話を駆使するのではなく、シートに身をうずめながら黙って外を眺めていた。
当たり前だが、商店の看板はすべて英語。
そんな当たり前のことを見てはじめて、外国に来た実感が持てたように思う。

パースには日本のような超高層ビルが都市部でもあまり見られない。
ましてや住宅街ともなればスーパーであっても2階、もしくは3階程度の低層なので、
見上げる空はとても広いのだ。街灯があまり無いところを見ると、
夜の星空はきっときれいなんだろうと得意の妄想を広げていた。

すると、シャトルバスの隣を大きなバスが並走してきた。
朝8時をまわるかまわらないころだったので、さすがに乗客は少ない。
ぼんやりバスを眺めていると、うつらうつらした若いママに抱えられた
1歳くらいのカワイイ男の子と目が合ってしまった。
好奇心に満ちたまんまるの大きな目に、真っ白な肌。
年齢を重ねるごとに子ども好き度がアップしている私としては
たまらなく嬉しくなって、にっこり微笑む。

するとどうだろう。
今まで上機嫌な様子の男の子は火がついたかのように激しく泣きじゃくるではないか!!!
びっくりしたのは若いママである。
おとなしくしていた我が子がいきなり泣き出したのだから堪らない。
いくら乗客が少なくとも、彼女としては気まずい思いをしたのではないだろうか。
……でも、何で? 私が原因か?
日本では赤ちゃんに嫌われたことは無いのに(たぶん)……

気持ちが沈みそうになったとき、運転手のおばちゃんがもじゃもじゃ言い出し、
前を見ろと言わんばかりにフロントをしきりに指差す。
何事かと思い前を見ると、そこには大好きな海が広がっていた。

友人の住む場所がビーチのそばだと聞いていたから、
恐らく彼女は海を指し示すことで目的地が近いということを言いたかったのだろう。
「サンキュ~。アイムベリーハッピー! アイラブオーシャン」
低レベルの語学力で感謝の気持ちを表現するには、これが限度か。
ホームの日本であれば
「今さあ、子どもに泣かれちゃってへこみかけたんだよ。
海を見たらそんなことも忘れちゃったよ。本当に有難う」
と言えるところなのに。何という歯がゆさ!

そんなことを悶々と考えていると、いかにも重そうなリュックを背負い、
小回りの利きが悪そうなスーツケースを引きずっている日本人女性がいた。
見る限り旅行者ではない。友人同様、在住者なのだろうか。
それにしても朝早くから彼女は何をしているのだろうか。
疑問に思いながらも、それでも心は右手に広がる海に釘付けだ。
距離はあるものの、透明度の高い水は私の心をつかんで離さない。
何でもここら辺のビーチはサーファーが好んでやってくるような絶好のポイントらしい。
私もサーフィンが出来るのならばやってみたいところだが、泳げない。
おおよそ眺めるだけで精一杯だろう。

もっと見えないものかと窓ガラスに顔をぴったり寄せていると、シャトルバスは急停車した。
(そのおかげで顔をいささか強く打ってしまったが)どうやら目的地に到着したらしい。
さて、友人はどのような家に住んでいるのかなと姿勢を正して、見てみると……


ビーチの間の前に建つ、その家は、見るからに大きく、そして広く、
周囲と比べても一番じゃないかというくらいの豪勢なものだったのだ。


道路に面した部屋の全面がガラス張り、玄関は天井が高い吹き抜けで、
リビングは巨大なテレビ(50型くらい?)が小さく見えるくらいに広い。
また、ダイニングから見える中庭(?)にはプールはもちろん、バーカウンターが設置されている。
更に部屋は私が把握している限りでは6部屋はあったように思う。
(もちろん見えていない部分もあるので、それ以上あるはず)
ここの家の住人からしたら、日本の我が家は物置程度だろう。

滞在用の部屋に通されてまたビックリ。
天蓋付きの大きなベッド、シャワー、トイレ付きだ。
ビジネスホテルよりもずっと広く、居心地が良い。

……こんなところにいていいのだろうか。
根っからの貧乏性の私は呆然となりながら、広い部屋の隅で小さくうずくまっていたのだ。

※友人はとあるご家族の家の一部をシェアして住んでいます。
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】赤い物体と変な日本人

そういえば入国審査と税関。

地球の歩き方によるとオーストラリアはゆるいらしい。
英語力の無い私でも大丈夫だろうと気楽な気持ちで順番を待つ。
(ちなみに彼は腹を下してトイレに行っていたのだ)

ところが。
私の前の日本人はいかつい入国審査の人に何度も詰め寄られ、
挙句の果てに別室に呼ばれてしまったのだ!
これですっかりびびってしまい、もう大変。
パスポートの写真と顔を見比べる彼の目にびびり、
彼が言葉を発するたびにびびり。
そんな私を気の毒に思ったのか、彼はにっこり微笑みパスポートを手渡してくれた。

……あれ? こんなもん?
すっかり拍子抜けしてしまった。
普通の女性のように見える彼女は一体どのような人物なのか。
国内での犯罪歴があるのか、はたまた整形による顔の変化を突き詰められたのか?(想像)
まあ、良い。私は入国を許されたわけなんだから。

足取り軽く荷物受け取り場所に向かうと、そこは人、人、人、人の山。
どうしてこんなに混雑しているのだろうかと辺りを見回して見ると、
彼らはみんな税関の順番を待っているようだった。
しかも日本からの乗客が私の後ろに控えている。
荷物を早く受け取らねば、税関でどれだけ待たされるか分かったもんじゃない。

ベルトコンベアのゆっくりした動きにいらつきながらも、
あの安っぽい、ところどころほつれの見られるスポーツバックの出現を待つ。
周囲の客が喜んで自分の荷物を受け取るのに、私の荷物は未だに来ない。
そうこうしている間に税関の列はどこまでも長く伸びていく。

ふと視界の外に動物の気配を感じた。
そちらの方向を見やると、どこからやって来たのかカワイらしい
ビーグルちゃんがひょこひょこ歩いているではないか。
税関の重苦しい雰囲気(私だけか?)が一層されるようなほほえましい風景だ。
あとから友人に聞いたところ、このビーグルちゃんは麻薬捜査犬だそうな。
あんなカワイイ顔して、難しい仕事してんのね~と変に感心してしまった。

犬に見とれていたら私の安バックは目の前を通過していた。
慌てて取り上げると、あまりの重さにひざがくだける。
それを見ていた隣のでっかいおじちゃんが、
「ハッハッハ」という豪快な笑いと共に
片手でバックも私もひょいと持ち上げてくれた。
「サンキュー」と慣れない英語を使って感謝の気持ちを伝えると、
おじちゃんはますます満面の笑みになり、「なんてことないさ」と言わんばかりに
私の背中をバンバンたたく。軽いつもりなんだろうけど、マジ痛い。世界は広いねえ。

おじちゃんの助けもあり、長い列にようやく合流した私。
ヒマすぎて辺りを見回して見ると、スゴイきれいなお姉さんなのに、
上下ジャージだったり、キティちゃんのスリッパだったり。
公共の場とは思えないリラックススタイルの人が多かった。
10時間のフライトだもんね。リラックスしたいよね。
分かるんだけどさ、んー…… どうなんでしょう。

さて、税関。
唯一の懸念点は魚の卵を持ち込んじゃダメなオーストラリアに
私は明太子のお土産を持っているということ。
お店の人は大丈夫って言ったから平気だと思っていたが、
案の定、税関の若い女性は包装をビリビリに破り、
真っ赤な物体をビニールごしにグリグリ押しては
怪訝そうな目で私と物体を交互に見つめる。

「せっかくの土産を何すんじゃい」とキレそうになったが、
キレてもどのように伝えたらいいか分からないので、
「it ride on hot rice,very delicious. All Japanese love it.」
(それはあつあつのゴハンに乗せて食べるとうまい。日本人はみんな好きだ)
というようなことをジェスチャー付きで伝えてみたが、伝わらぬ。
若い彼女は眉間にシワを寄せて、ますます怪しむばかり。
なおもジェスチャーを交えて話そうとする私を放置し、
ほかの税関にその物体を聞きに行ってしまった。

まあ、ムリもない。
色だけでも怪しいもんね、明太子って。
ましてや人生経験が少ない(偏見)若い彼女ならば仕方ない。
半ばあきらめかけていたが、ほかの税関から許可されたのか彼女は
無表情に明太子を袋の中にしまっていた。
赤い物体を持った怪しげなジェスチャーをする日本人と認識されたのか、
安バックの中も散々引っかきまわされた挙句、ようやく解放。

何だかぐったり疲れた私は、それでも外に行けば青い空が待っているんだ。
そんな希望に胸を躍らせていたが。
外に出てみれば、どんより曇り空。雨も降っていて、心なしか寒い。
心なしかというよりか、確実に寒い。寒すぎる。
早く迎えに来ているはずのシャトルバスに乗り込まねば。
心は急ぐばかりでも、場所が分からぬ。言葉も通じぬ。

日本から10時間のパースで、雨に打たれながら、
私は心の底から孤独を味わっていたのだ。
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】見えすぎた本音

人にもよるかと思うけど、私は雨がどうも好きになれない。

……いや、違う。
「落ち込んでいるとき」「不安なとき」の雨が好きになれないのだ。
しとしとしとしと、肩に降り注ぐ雨は、まるで心の闇を大きく、大きくするかのようだ。
パースに到着したばかりの私にとっての雨は、
不安、悲しみ、孤独をこれでもかというほどあおるものだったのだ。

しかし、人間とは強いもの。
これではイカンと思い、ロータリーを駆けずり回る。
フシギなものであれだけ重かったカバンは、その重量が半分になったかのように感じる。
これが火事場のクソ力というものなのか。
そして、ようやくシャトルバスの看板を発見。
友人いわく「空港を出て左にあるよ」というのは本当だった。
彼女の言うことを疑ったわけではない。確かに私は左に行った。
が、その看板は税関でくたびれ果てた私の目に飛び込んでこないほど小さきものだった。

さて、探し続けたシャトルバス。
バスというから大きなものを想像していたが、
実際のそれはステップワゴンのような小さなものだった。
でも、そのときの私にしてみれば「見つけた」という感動が大きすぎて、
車内にバーラウンジがあり、ふかふかのじゅうたんが敷いてある
セレブ仕様のリムジンカーにしか見えなかったのだ(言いすぎ?)。

感動しているところに、わたわたと慌てた様子のおばちゃん登場。
早口の英語で何かを言っているようだが、さっぱり分からぬ。
悪い人には見えないので、にっこり笑顔で
「ハロ~。マイネムイズユキ。アイラブパース」
と、闘う気も、敵意もないことを示す。
シャトルバスを発見した私は無敵だ。引きつり笑顔なんかじゃない。

すると先ほどまで慌てていたおばちゃんの顔はたちまち
オーストラリアの青空のような(見たことないけど)笑顔になる。
なるほど、私が極めて友好的な人物だと認識してくれたのか。と思ったら、違った。
このおばちゃんがシャトルバスの運転手だったのだ。
彼女の言うことを集中して聞いてみると
●シャトルバスで待つもなかなか現れない
●不安に思い出口に行くも、シャトルバスを探している日本人はいない
●名前を呼んでみたがいない
ということで、随分探し回ったようだ。申し訳ないことをした。

お互い出会ったところで出発だ!
というときに気の強そうな日本人の女の子が私たちに歩み寄ってきた。
運転手のおばちゃんの前に立つなり
「ペラペラペラペラ。ペーラペラペラペラ」
私には理解できないくらいのスピードで話はじめる。
しかもジェスチャー付きである。なんだこいつは。
おばちゃんもおばちゃんで私と意思の疎通が取れなかった
ストレスを解消するかのように、これまたものすごいスピードで話す。
2人に置いていかれた私はというと。
なんとか必死でついていこうと若干引きつった笑顔を浮かべながら、2人の顔を交互に見回す。
たまに相槌を打ったりするものの、情けなさは募るばかり。

もうたまらないと思ったときに2人の会話は終了。どうやら日本人も同乗するようだ。
たっぷりマスカラが塗られ、幼い顔には不釣合いな紫のアイメイクを施した
気の強そうな顔つきの彼女は私の隣に座るなり
「どこから来たの? 何しに来たの? あ、観光? 
どのくらいいるの? その荷物だったら1週間くらい?
今は冬だから寒いよね、なんで夏に来なかったの?」
私のことはお構いナシに一方的に喋りまくる。
会話のキャッチボールなんてまるでできない、暴投の連続だ。

その後、彼女自身の話になったのだが、まとめると
●今は25歳
●1年くらいワーホリしてた
●パースが好きで戻ってきた
上記2点につきる。これを語るのに延々20分。
私は車窓に広がる風景を見ていたかったのに。

そして、どういうわけか私は彼女に気に入られたらしく
さかんに連絡先を教えろと言ってくるのだ。
少々迷いはしたが、これも何かの縁。日本から持ち込んだ携帯番号を伝える。
「あなた、友達の家に滞在するんでしょ? その友達の番号も教えて」
……なるほど、そっちが狙いか。
日本人の仲間は一人でも多いほうがいいとは思う。
でも、勝手に教えるのはどうかと思うし、何よりも彼女は厄介な人のように思える。
だから私の判断で友人の番号についてはやんわり断りをいれた。

途端。
彼女はむっとしたような表情になる。
が、それも一瞬、余所見をしたら分からないくらいの瞬間。
でも、私は見逃さなかったもんね~~~
案の序、彼女の連絡先を聞いたところ
「まだ番号を覚えてないんだ。携帯もどっかに閉まって分からない」
と苦しい言い訳を延々と繰り返す。
そして、去り際に「必ず連絡するね」と言って上機嫌を装い、街中に消えたのだ。


で、彼女から連絡があったかというと。
あるわけないじゃん。
まあ、分かってはいたんだけどね。
あそこまで計算している様子が見え見えな人も珍しいもんだね。
よく言えば、素直ってことか?
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】上空1万メートルの恋

約2週間の妄想旅行を経て、迎えるは出発当日。

お金がないからとスーツケースの購入を断念し、
国内旅行に活躍中のスポーツバックを相棒に。
中身を守るは500円の南京錠のみという
なんとも心もとない相棒ではあるが、金が無いんだから仕方ない。
それに私みたいな人は結構いるでしょうよ。

……時代は変わったのね。
成田に着いてみれば大人も子どももみーんなスーツケース。
私が卒業旅行に行った10年ほど前はそれほどでもなかったように思えるけど?
荷物を詰め込んだスポーツバックを肩にかけて歩くのは
確かに小回りが効いて良い、良いが、
重くなると途端にそれは大きな負担となる。
コロコロがついたスーツケースを引いて歩いている人の顔が
どことなく勝ち誇ったようにも思えるからフシギだ。
(だったら買えよってことなんでしょうけど)

重いスポーツバックを預け身軽になったものの、出発の時間が近づいている。
急いで出国手続きをして、友人に頼まれていた明太子を購入すれば
もう搭乗手続きが開始されていた。落ち着くヒマもない。
もともと飛行機が苦手な私にとって、10時間フライトは想像を絶するものなのだ。
急かされて乗るも、機内のあの変な圧迫感に一瞬目眩を覚える。
そんな私を支えるのは10時間後に到着するであろう
オーストラリアの広大な大地! 
妄想力をこれでもかってほど駆使して、恐怖に打ち勝とうとしていた。

すると、入口の方からヨレヨレの手ぬぐいを首にかけた白人男性が
満面の笑みで歩み寄ってくるのが見えた。
「オーストラリアのことを思い微笑んでいるのだろうか。
あのようにウキウキした人が隣だったら、アレコレ話しかけてきて面倒だなあ」
そう思っていたら、案の定、私の隣だった。まじかよ。
長時間フライトの大半を睡眠で過ごそうと考えていた私は、
前日ほとんど寝ていない。ほとんどというか一睡も、に近い。
それゆえ隣の人とのんきに会話を楽しむ余裕はまるでないのだ。

『話しかけたら殺す』オーラを放っているも、彼は英語圏の人。日本語は通用しない。
にこにこにこにこ。人の良さそうな笑顔で話しかける。
「こんにちは。君はどこに行くの?」
日本語だ。
ていうか、この飛行機はパース行きじゃねーか、分かるだろ。
と言いたいところだが、日米関係に支障が出てはいけないと思い、必死の笑顔で答える。
強力な睡魔により白めがちで、口元は引きつっていたように思う。
が、彼はそれに動じない。
「どこに住んでるの?」「向こうでは何をするの?」
などなど、質問攻めである。しかし、英語と日本語の比率が9:1。
第一声は彼が知る最大限の日本語だったというわけか。

正直、私は彼のことなんて放置して、睡魔に心も体も犯されたかった。
が、正常な動きをしない頭で考えた。
「向こうに行ったら英語が主流なんだから、いい練習になるのでは」と。
それからはつたない英語力で頑張って対応した結果、どうやら彼は
●関西の語学学校の学生
●ニューヨーク在住。マンションからはそれはそれはキレイな夜景が見える
●両親は共にスーパービジネスマンで、言うならば資産家の息子
●学校が終わったからオーストラリア、カナダ、イギリスへ旅行する
という、私とはまるで違った身分のお坊ちゃまだったのだ!

おまけに何ということか、彼は私をニューヨークの自宅に招き、
両親に紹介したいと言うではないか。
うおー。国際結婚! しかも、相手は金持ち!!!!
占い師が32歳で結婚すると予言したのは本当だったのだ!
パースに行く本来の目的をすっかり忘れてしまい、
ただただ愛しい彼の寝顔を見つめ続けたのだった(←コワイ)。


……しかし、そのような下心を持ってはいけないのだ。
恋とは、愛とは純粋であるべきなのだ。

彼と別れた後、彼からもらった連絡先を手帳に納めようと、カバンを探ってみる。
……どこにも無い。確かにカバンの内ポケットに入れた。
私は何回も確認したではないか!! 
自問自答を繰り返すも、連絡先が書かれた紙はどこにも無い。
まるでフライトの10時間が夢だったと言わんばかりに、紙はその姿を消していたのだ。

あれほど妄想上では楽しい楽しいオーストラリアも、
今この瞬間は憎しみの対象でしかない。
いや、自分自身が悪いんだってことは分かっている。
でも、この虚無感を埋めるには、憎むべき相手を見つけるしかなかったのだ。

※ちなみに彼は私の妄想の産物ではなく、実在した人間です。
今ごろどうしているんだろうか……
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/10(Wed)

【パース編】いざパースへ!

2008年6月。

あのころの私は仕事もプライベートもいいところなし。
今思えば、そこに原因はなく、ただ単に物事が進まないだけ。
ただ、それだけだったように思う。
そういうことって時にはあるでしょ?

って、分かっていた。
分かっていたんだけど、あのときは何もかもつらかった。
だから、日本を少し離れて、ほんの一息を入れたかっただけなのだ。

行き先は友人が滞在しているオーストラリアはパース。
それ以前に「6月末ころに遊びに来ない?」という
魅力的なお誘いがあったからっていうことと、
イメージでしかないんだけど、何となく開放的な気がして。
この閉塞的な状況を打破してくれるんじゃあないかと、
外的要因による環境の好転を望んでいたんだと思う。
という下心ありありで、10年ぶりの海外旅行に踏み切ったわけ。

さあ、行き先は決まった。
でも……、パースってどこ?
しかもパスポートって期限切れてるじゃん。
スーツケースも持ってないし。
なんて状況から始まった。

恥ずかしい話、オーストラリアはシドニーとコアラとアボリジニくらいしか知らない。
日本主体の地図を見ると、北海道よりちょっと大きいくらいかなと思っていた。
で、改めて調べてみると、その広さに驚いた。
なんでもパースからシドニーまでは飛行機で6時間ほど。
東京から沖縄よりもずっと遠いわけ。
そんな広大な土地に行くのかと思ったら、ワクワクしてきちゃって。

それからは俄然モチベーションアップ。
航空券は会社の昼休みにHISに飛び込んで、
「この際、値段はいくらでもかかっていいから、
とにかくこの日に行って、この日に戻ってこれるものを」
なんて金が無い人の発言とは思えないオーダーをする始末。
※とはいえ、この時期はシーズンオフ(冬だからね)だからなのか、
カンタス往復12万くらいと格安だった。

以前のパスポートはとっくに切れてるうえに、紛失していたから、
とりあえず川崎のパスポートセンターに行けば何とかなるだろうと、
航空券を取得した翌日に駆け込む。
(結論から言えば、旧パスポートなんて必要なかったんだけど、ちょっと焦ったよ)

出発まで日にちが迫っていただけに1分1秒も惜しい。
とは言え、パスポートは1週間後。
何だか歯がゆい気持ちもするけど、
何十年と鍛えた妄想力を駆使して
気持ちだけはすでにパースに出発していた。

この段階ではまさか海外留学をすることに、
そして冬が何より苦手な私が、まさかイギリスに行くことになろうとは。
私自身まったく考えてもいなかったのである。
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/04(Thu)

【準備】英国ビザ申請センターに行こう!

添付書類が揃ったらビザ申請センターに行きましょう!

ただ、ぷらりと行ってはダメです。ウェブ上で事前予約する必要があるんです。
ここから予約してくださいね。

受付は月曜~金曜の平日のみ、午前8時~15時という中途ハンパな時間です。
東京のビザ申請センターは新橋駅から徒歩5~6分のところにあるので、
最寄り駅が東京駅で始業が10時の私は申請後、会社に出社することができました。
でも、ちょっと遠方に勤務している方は有休を取得するか、もしくは午前休をしなきゃなりませんね。
私は8時30分に予約したのですが、この時間帯は空いていましたが9時30分以降は大混雑でした。
申請時は頑張って早起きしたほうが良さそうです。
ちなみに代理人申請はできません。
本人申請のみとなるので、遠隔地の方は大変ですよね……

さて、申請センターですが、入室前に警備員のボディチェック、カバンチェックが行われます。
添付書類がそろっているかどうかもチェックされるので、不備なく持って行きたいですね。
そうそう、写真はあらかじめVAF3の右上の写真欄に貼っておいたほうがいいです。
のりは用意してあるのですが、事前にできることはやっておきましょう。

入室したら携帯電話はもちろん、ipodなどの電子機器は使用できません。
一人あたりの申請は早くて10~15分程度、遅い人だと30分以上かかっているので
(ほとんど空欄って人もいるみたいです!)雑誌を用意していると退屈しません。

番号を呼ばれたら、職員さんに書類一式を提出します。
職員さんは日本語ができるのでご安心ください。
空欄だったり、間違っている書き方がされていたら職員さんが教えてくださるみたいです。
私の場合は途中で「コースはどのくらいですか?」と聞かれました。
「1年間」ということを申請書のフリースペースに英語で書くように指示されたのですが
私は「one year」としか書いていません。文章化しなくても大丈夫でした。。
彼らが書類や添付物を確認した後、不備がなければ申請料金を支払います。
£99ですが、大使館レートでは220円で計算されているので2万1780円です。
お釣りも出るのでご心配なく!

そういえば、パスポートも通帳もコピーではなく原本を預けることになります。
個人情報の中でも最高レベルの機密情報なのに!
郵便事故とか、無いかもしれないけど紛失とかした場合、
どういう責任を取るつもりなんだろうか……と不安になったので、
職員さんに聞いてみたところ「原本を出せない理由を英語で書いてください」。
……英語力がゼロの私にはムリな話。
でも、他の人たちも提出しているし、問題は無いのかなと
あっさりあきらめて(というか面倒だったので)引き下がりました。
それにしても本当に何かあったらどうするつもりなんだろう……


職員さんの確認作業が終わったら、次は指紋認証と顔写真の撮影です。
10本の指の指紋を取られるのですが、何故か左の指紋がすべて取れませんでした……
「右手で押さえつけてください」と職員さんに言われて、必死で押さえつけるも認証する気配なし。
職員さんにはため息まじりに「もういいですよ」と言われる始末。
もしやビザが取得できないのではと不安になりましたが、結論で言えば問題なかったです。
それにしてもどうして認証されなかったのだろうか。

すべての作業が終えたら、あとはビザが下りるのを待つばかりです。
楽しいイギリス暮らしを妄想して、日が経過するのを待ちましょう!
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/04(Thu)

【準備】添付書類をそろえよう

申請書に記入し終えたら、英国ビザ申請センターに行きましょう。
と、その前に、添付書類をそろえなくてはなりません。

●のぞましい添付書類
1:現在有効なパスポート
2:過去のパスポート
3:申請書(VAF3)
4:顔写真1枚(35mm×45mm/背景は白)
5:英国の学校からの入学許可証
6:通帳など、直近6カ月の資金を証明するもの
7:学歴証明証
8:TOEICなどの資格証明証

私は過去のパスポートは紛失しているので添付していません。
資金証明証については一つの通帳に他の金融機関に貯金していたお金をかき集め、
「1年間暮していけそうだなあ~」という程度の証明をしてみました。苦し紛れですが……
学歴証明証は高校、大学の卒業証明証になると思うのですが、
私はビザ申請センターに行く寸前になるまで忘れていたことと、
単に面倒だったので提出していません。それでも大丈夫です。

なお、添付書類はすべてコピーをとっておいてください。
忘れると申請センター(東京)が入っているビルの1階にある
コンビニでコピーをしなくてはなりません。
面倒ですし、コピーしている間に申請センターが大混雑なんてことも……
ちなみに通帳は表紙、次のページの銀行名・名義人のページ、直近6カ月のページを
すべてコピーしなくてはなりません。私は表紙をコピーし忘れていたことを
前日になって気付いて慌ててコピーした覚えがあります。

学歴証明証を取りに行く場合は面倒ですが、
それ以外は1日でそろえることが可能ですよね?
申請書を書いてしまえば、この工程はとってもラクなはずですよ。
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/04(Thu)

【準備】申請書を書こう!

6カ月以上滞在する場合に必要な学生ビザ。
それを取得するには必要書類をそろえたうえで、
英国ビザ申請センター(東京、大阪)で申請しなくてはなりません。
これが結構面倒でした。だって、申請書は英語で書かなきゃならないし。
そんなわけで学生ビザ取得までの流れを備忘録的に書いておきます。
(申請の仕方は随時変更するようです。必ずご確認くださいね)

●申請用紙を取得する

ロンドン貧乏留学「申請書 VAF3」
※Student VisaはVAF3という申請書になります

こちらのページから印刷して、内容を記入します。
ぱっと見て分かるかと思いますが、質問項目などすべてが英語です。
出力してみるとなんと16枚もあります。
うげげと思うかもしれません。でも、大丈夫!!!
たいていの方は16枚も書く必要がありません。私の場合は18歳以上で、
結婚もしてなければ、子どももいない。今回の留学のために資金提供してくれる
スポンサー(両親とか)もいないので、空欄の項目がかなりありました。
そして、ビザ申請用紙の日本語訳がちゃんとあるのです。嬉しいですね~。
もちろん私はこの日本語訳のページを見ながら書きました。英語、さっぱり分かりませんから。

●申請用紙について
書き方は基本的に自由なのですが、ちょっと参考までに……

【PART2】パスポートを無くした!
2.7で「過去10年以内に失効したパスポートの詳細」を、2.8で「失効したパスポートのありか」を
それぞれ尋ねられます。私は7年前くらいにパスポートが失効しているのですが、
そのパスポートはとうの昔になくなりました! どこにもありません!
でも、無くなったものは仕方ないので「I've lost my first passport.」と書きました。

【PART6】英国で就学の予定がある場合
6.1.3で「取得できる学位」についての項目があります。
語学学校の場合は「学位」も何も無いので、当然空欄です。

6.1.10~6.1.14までは「留学先に英国を選んだ理由」とか
「学校のコースが有益だと思う理由」だとか、フリーで書かせる項目があります。
うんうん悩みはしましたが、途端に面倒になり、文法もよく考えずに
だだだっと記入した覚えがあります。ここまでじっくり読み込んでるのかな?

6.1.22で「英国での滞在先」を記入しますが、長期滞在の場合、お金の無い人の場合、
フラットシェア(おうちを何人かでシェアする)になりますよね? 
そうなると現地に行かなきゃ決められない。ってことで、未定な方がほとんどかと思います。
ただ、フラットを決める場合は当面の滞在先としてゲストハウスなどを予約されますよね。
それをここに記入すれば問題ないです。
「ビザが取れるまで予約しない」という方の場合は、
「ビザが取れたら予約するつもりです」と書けば大丈夫ですよ! 私もそうしました。

6.1.24で「合計の滞在費」を書かねばなりません。
ウワサによると少なすぎると「働くことがメインになるのでは」と勘ぐられることもあるようです。
私はいろんな銀行に預けているお金をかき集めた金額を記入しました。
ちなみに通帳を提出しなきゃならないので、ウソはいけません。

6.3.16「英国で就労の予定はありますか」
これはNOにしたほうがいいようです。学生で入国しますから、
就職ってあんまり好ましくないですよね。
(でも、私は学生ビザが終わるころに就職したいと思ってます)

……それにしても、変な質問だなあという項目がいくつかありますよ。
「両親の国籍、出生地」、「家族に支払っている金額」とか。
そんなの学生生活を送るうえで関係あるのか?
更に、「戦争犯罪、大量殺戮に関わったことはあるか」、
「テロ活動をサポートしたことがあるか」って!! 
YESにチェックが入ってたらどうするつもりなんだろう??

というわけで、ちょっと大変かもしれませんが、頑張ってくださいね。
私は文法間違いがかなりあったと思いますが、それでも取得できました。
神経質になりすぎることはないと思いますよ~~
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/04(Thu)

【準備】滞在期間とビザ

学校が決まったあとは滞在期間を決めると思います。
3カ月って何だか短いし、1年は長い気がする。だったら6カ月がいいかな?
という感覚的なものから、お財布との相談まで決定する要因はいろいろかと思います。
期間は個人の事情や考え方によるので、どのくらいがいいかは言えません。
ただ、期間によってはStudent VisaとStudent Visitorに分けられてしまいます。

●Student Visitor
期間は6カ月未満で、観光ではなく学生として滞在する人のビザ。
これは入国時に入手するものとなります。
ただ、イギリスにいながら滞在延長申請ができないので、
「もっと勉強したいなあ」と思っても時期が来たらオシマイです。
(前までは強制送還だったそうですが、今はどうだろ?)
ちなみにアルバイトをすることはできません。
貯金だけで他収入がな6カ月を過ごすことは可能なのだろうか……
なんて貯金の無い私は思ってしまいます。

●Student Visa
6カ月以上学生として滞在する人が対象。
出国前に申請し、エントリークリアランス(学生ビザ)を入手する必要があります。
これが結構面倒なのですが、Student Visitorと違ってイギリスで
滞在延長申請ができるし、アルバイトもできちゃいます。
(学校があるときは週20時間、ホリデイ期間は週40時間までと規制されています)

※詳しいことはUK VISA APPLICATION CENTRE英国大使館のページをご確認ください。

ロンドン貧乏留学「英国大使館」

※英国大使館のロゴ。なんだかコワイ……

私は学校に1年間通学するので当然、Student Visaになります。
ただ私の場合、貯金が本当に少ないのでアルバイトできることが条件でした。
だから必然的にStudent Visaを取らねばならなかったんですね~。

書類には英語で記入しなくてはならなかったり、
準備をしなければならなかったりともろもろ面倒ですが、
でも、アルバイトができるとあれば頑張れますよね!
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/01(Mon)

【準備】学校選び

イギリスに留学すると伝えると、それを聞いた人たちはすぐさま不安そうな顔つきで
「学費高いんじゃない? 物価も高いし……」と言う。


私も学校選びをするまでは彼ら同様、高いものだと信じていた。
実際、ネットで検索してみると、1年で100万、200万というように
桁が間違っているんじゃないかと思うくらいに高い。
もしもこの金額だったら、私は確実に留学をあきらめていただろう。
自慢じゃないけど、貯金は本当に寂しいくらいに少ないのだ。

しかし、実はイギリスって格安の語学学校がいくつも存在しているんです。
例えば、私が10月から通学するMayfair school of englishは週15時間/1年間の授業で
約22万円(£の変動により金額は変わりますが、だいたいこのくらい)なのだ。
それを聞いた人たちはやはりこれまた不安そうな顔つきで
「そんなに安くて大丈夫? しっかりしてないんじゃない?」と言う。

その疑問はごもっともです。

でもね、ご安心ください。この学校はブリティッシュ・カウンシル認定校なんです。
ブリティッシュ・カウンシルっていうのはイギリスの公的な国際文化交流機関で、
語学学校が英語教育の場として一定の基準(教師の資格、施設など)を
満たしているかを定期的に監査しているのです。
そして、認定後も留学生に対するケア、経営管理、教授方法など、
学校運営に関する全般的なことを細かく厳しく検査されています(抜き打ちもやるみたいです)
※詳しくはブリティッシュ・カウンシル認定制度のページをご覧ください。


ロンドン貧乏留学「ブリティッシュ・カウンシル」マーク
※ブリティッシュ・カウンシルの認定を受けた証

「細かく厳しく検査」といっても、どこまで厳密に行われているか分かりません。
でも、疑ったらキリないですよね。
私は受験中に英語を必死で勉強したのに、英語圏へ旅行に行ったとき、
まったく喋れなかったんです。冷静になって考えてみれば、
単語も文法も何となく浮かんでくるのに!ですよ?
ということを考えると、学校で勉強するよりもむしろ、
現地の人たちと英語で会話したほうが習得が早いかも……
そんな理由で語学学校選びはとにかく「安い」ことにこだわりました。
これが正しいか間違っているかは分かりませんが、貧乏人にとって高い学費は本当につらいもの。
学費が安く済めば準備資金にお金をまわせますし、当面の滞在費にもなりますしね。

ちなみに、「日本人がいないところ」と考える方も多いと思います。
でも、そのような学校ってないと思うんです。
それに日本人がいれば「困ったときはお互いさま」という助け合いの精神で
つらいことも、大変なことも乗り越えていけるんじゃないかなと考えています。

=================================================================

★「ローコストロンドン留学」:わたしがお世話になっている方のHPです
http://londonryugaku.net/

★安い語学学校の一覧が掲載されています
http://www.ryugaku-s.jp/school.html

★ブリティッシュ・カウンシル認定校一覧(更新されている可能性があるので、ご確認ください)
http://www.ryugaku-s.jp/links-school.html
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。