• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/04(Thu)

【準備】英国ビザ申請センターに行こう!

添付書類が揃ったらビザ申請センターに行きましょう!

ただ、ぷらりと行ってはダメです。ウェブ上で事前予約する必要があるんです。
ここから予約してくださいね。

受付は月曜~金曜の平日のみ、午前8時~15時という中途ハンパな時間です。
東京のビザ申請センターは新橋駅から徒歩5~6分のところにあるので、
最寄り駅が東京駅で始業が10時の私は申請後、会社に出社することができました。
でも、ちょっと遠方に勤務している方は有休を取得するか、もしくは午前休をしなきゃなりませんね。
私は8時30分に予約したのですが、この時間帯は空いていましたが9時30分以降は大混雑でした。
申請時は頑張って早起きしたほうが良さそうです。
ちなみに代理人申請はできません。
本人申請のみとなるので、遠隔地の方は大変ですよね……

さて、申請センターですが、入室前に警備員のボディチェック、カバンチェックが行われます。
添付書類がそろっているかどうかもチェックされるので、不備なく持って行きたいですね。
そうそう、写真はあらかじめVAF3の右上の写真欄に貼っておいたほうがいいです。
のりは用意してあるのですが、事前にできることはやっておきましょう。

入室したら携帯電話はもちろん、ipodなどの電子機器は使用できません。
一人あたりの申請は早くて10~15分程度、遅い人だと30分以上かかっているので
(ほとんど空欄って人もいるみたいです!)雑誌を用意していると退屈しません。

番号を呼ばれたら、職員さんに書類一式を提出します。
職員さんは日本語ができるのでご安心ください。
空欄だったり、間違っている書き方がされていたら職員さんが教えてくださるみたいです。
私の場合は途中で「コースはどのくらいですか?」と聞かれました。
「1年間」ということを申請書のフリースペースに英語で書くように指示されたのですが
私は「one year」としか書いていません。文章化しなくても大丈夫でした。。
彼らが書類や添付物を確認した後、不備がなければ申請料金を支払います。
£99ですが、大使館レートでは220円で計算されているので2万1780円です。
お釣りも出るのでご心配なく!

そういえば、パスポートも通帳もコピーではなく原本を預けることになります。
個人情報の中でも最高レベルの機密情報なのに!
郵便事故とか、無いかもしれないけど紛失とかした場合、
どういう責任を取るつもりなんだろうか……と不安になったので、
職員さんに聞いてみたところ「原本を出せない理由を英語で書いてください」。
……英語力がゼロの私にはムリな話。
でも、他の人たちも提出しているし、問題は無いのかなと
あっさりあきらめて(というか面倒だったので)引き下がりました。
それにしても本当に何かあったらどうするつもりなんだろう……


職員さんの確認作業が終わったら、次は指紋認証と顔写真の撮影です。
10本の指の指紋を取られるのですが、何故か左の指紋がすべて取れませんでした……
「右手で押さえつけてください」と職員さんに言われて、必死で押さえつけるも認証する気配なし。
職員さんにはため息まじりに「もういいですよ」と言われる始末。
もしやビザが取得できないのではと不安になりましたが、結論で言えば問題なかったです。
それにしてもどうして認証されなかったのだろうか。

すべての作業が終えたら、あとはビザが下りるのを待つばかりです。
楽しいイギリス暮らしを妄想して、日が経過するのを待ちましょう!
スポンサーサイト
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/04(Thu)

【準備】添付書類をそろえよう

申請書に記入し終えたら、英国ビザ申請センターに行きましょう。
と、その前に、添付書類をそろえなくてはなりません。

●のぞましい添付書類
1:現在有効なパスポート
2:過去のパスポート
3:申請書(VAF3)
4:顔写真1枚(35mm×45mm/背景は白)
5:英国の学校からの入学許可証
6:通帳など、直近6カ月の資金を証明するもの
7:学歴証明証
8:TOEICなどの資格証明証

私は過去のパスポートは紛失しているので添付していません。
資金証明証については一つの通帳に他の金融機関に貯金していたお金をかき集め、
「1年間暮していけそうだなあ~」という程度の証明をしてみました。苦し紛れですが……
学歴証明証は高校、大学の卒業証明証になると思うのですが、
私はビザ申請センターに行く寸前になるまで忘れていたことと、
単に面倒だったので提出していません。それでも大丈夫です。

なお、添付書類はすべてコピーをとっておいてください。
忘れると申請センター(東京)が入っているビルの1階にある
コンビニでコピーをしなくてはなりません。
面倒ですし、コピーしている間に申請センターが大混雑なんてことも……
ちなみに通帳は表紙、次のページの銀行名・名義人のページ、直近6カ月のページを
すべてコピーしなくてはなりません。私は表紙をコピーし忘れていたことを
前日になって気付いて慌ててコピーした覚えがあります。

学歴証明証を取りに行く場合は面倒ですが、
それ以外は1日でそろえることが可能ですよね?
申請書を書いてしまえば、この工程はとってもラクなはずですよ。
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/04(Thu)

【準備】申請書を書こう!

6カ月以上滞在する場合に必要な学生ビザ。
それを取得するには必要書類をそろえたうえで、
英国ビザ申請センター(東京、大阪)で申請しなくてはなりません。
これが結構面倒でした。だって、申請書は英語で書かなきゃならないし。
そんなわけで学生ビザ取得までの流れを備忘録的に書いておきます。
(申請の仕方は随時変更するようです。必ずご確認くださいね)

●申請用紙を取得する

ロンドン貧乏留学「申請書 VAF3」
※Student VisaはVAF3という申請書になります

こちらのページから印刷して、内容を記入します。
ぱっと見て分かるかと思いますが、質問項目などすべてが英語です。
出力してみるとなんと16枚もあります。
うげげと思うかもしれません。でも、大丈夫!!!
たいていの方は16枚も書く必要がありません。私の場合は18歳以上で、
結婚もしてなければ、子どももいない。今回の留学のために資金提供してくれる
スポンサー(両親とか)もいないので、空欄の項目がかなりありました。
そして、ビザ申請用紙の日本語訳がちゃんとあるのです。嬉しいですね~。
もちろん私はこの日本語訳のページを見ながら書きました。英語、さっぱり分かりませんから。

●申請用紙について
書き方は基本的に自由なのですが、ちょっと参考までに……

【PART2】パスポートを無くした!
2.7で「過去10年以内に失効したパスポートの詳細」を、2.8で「失効したパスポートのありか」を
それぞれ尋ねられます。私は7年前くらいにパスポートが失効しているのですが、
そのパスポートはとうの昔になくなりました! どこにもありません!
でも、無くなったものは仕方ないので「I've lost my first passport.」と書きました。

【PART6】英国で就学の予定がある場合
6.1.3で「取得できる学位」についての項目があります。
語学学校の場合は「学位」も何も無いので、当然空欄です。

6.1.10~6.1.14までは「留学先に英国を選んだ理由」とか
「学校のコースが有益だと思う理由」だとか、フリーで書かせる項目があります。
うんうん悩みはしましたが、途端に面倒になり、文法もよく考えずに
だだだっと記入した覚えがあります。ここまでじっくり読み込んでるのかな?

6.1.22で「英国での滞在先」を記入しますが、長期滞在の場合、お金の無い人の場合、
フラットシェア(おうちを何人かでシェアする)になりますよね? 
そうなると現地に行かなきゃ決められない。ってことで、未定な方がほとんどかと思います。
ただ、フラットを決める場合は当面の滞在先としてゲストハウスなどを予約されますよね。
それをここに記入すれば問題ないです。
「ビザが取れるまで予約しない」という方の場合は、
「ビザが取れたら予約するつもりです」と書けば大丈夫ですよ! 私もそうしました。

6.1.24で「合計の滞在費」を書かねばなりません。
ウワサによると少なすぎると「働くことがメインになるのでは」と勘ぐられることもあるようです。
私はいろんな銀行に預けているお金をかき集めた金額を記入しました。
ちなみに通帳を提出しなきゃならないので、ウソはいけません。

6.3.16「英国で就労の予定はありますか」
これはNOにしたほうがいいようです。学生で入国しますから、
就職ってあんまり好ましくないですよね。
(でも、私は学生ビザが終わるころに就職したいと思ってます)

……それにしても、変な質問だなあという項目がいくつかありますよ。
「両親の国籍、出生地」、「家族に支払っている金額」とか。
そんなの学生生活を送るうえで関係あるのか?
更に、「戦争犯罪、大量殺戮に関わったことはあるか」、
「テロ活動をサポートしたことがあるか」って!! 
YESにチェックが入ってたらどうするつもりなんだろう??

というわけで、ちょっと大変かもしれませんが、頑張ってくださいね。
私は文法間違いがかなりあったと思いますが、それでも取得できました。
神経質になりすぎることはないと思いますよ~~
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/04(Thu)

【準備】滞在期間とビザ

学校が決まったあとは滞在期間を決めると思います。
3カ月って何だか短いし、1年は長い気がする。だったら6カ月がいいかな?
という感覚的なものから、お財布との相談まで決定する要因はいろいろかと思います。
期間は個人の事情や考え方によるので、どのくらいがいいかは言えません。
ただ、期間によってはStudent VisaとStudent Visitorに分けられてしまいます。

●Student Visitor
期間は6カ月未満で、観光ではなく学生として滞在する人のビザ。
これは入国時に入手するものとなります。
ただ、イギリスにいながら滞在延長申請ができないので、
「もっと勉強したいなあ」と思っても時期が来たらオシマイです。
(前までは強制送還だったそうですが、今はどうだろ?)
ちなみにアルバイトをすることはできません。
貯金だけで他収入がな6カ月を過ごすことは可能なのだろうか……
なんて貯金の無い私は思ってしまいます。

●Student Visa
6カ月以上学生として滞在する人が対象。
出国前に申請し、エントリークリアランス(学生ビザ)を入手する必要があります。
これが結構面倒なのですが、Student Visitorと違ってイギリスで
滞在延長申請ができるし、アルバイトもできちゃいます。
(学校があるときは週20時間、ホリデイ期間は週40時間までと規制されています)

※詳しいことはUK VISA APPLICATION CENTRE英国大使館のページをご確認ください。

ロンドン貧乏留学「英国大使館」

※英国大使館のロゴ。なんだかコワイ……

私は学校に1年間通学するので当然、Student Visaになります。
ただ私の場合、貯金が本当に少ないのでアルバイトできることが条件でした。
だから必然的にStudent Visaを取らねばならなかったんですね~。

書類には英語で記入しなくてはならなかったり、
準備をしなければならなかったりともろもろ面倒ですが、
でも、アルバイトができるとあれば頑張れますよね!
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。