• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/11(Thu)

【準備】ビザを受け取りに行こう

ビザの申請が無事に終われば、ほとんど取得できたも同然です。
というか、取得できなかった人の話を聞いたことがありません。


【申請後のフロー】
ビザ申請追跡サービスというウェブ上のサービスで進捗状況を確認します。


ロンドン貧乏留学「学生ビザ申請」
※画面はこんな感じです。上部に申請センターでお金を支払った後に
渡されるレシートナンバーを、下にはあなたの誕生日を入力してください。



ロンドンへの妄想を1週間ほどふくらましたのち、入力してみてください。
「YOUR APPLICATION IS READY FOR COLLECTION」の表示になっていたら
ビザ申請センターにビザが届いています。

受取の際は予約の必要はありません。
とは言え、9時30分以降は混雑しているので、早起きして8時には到着しましょう。
警備員さんの荷物&ボディチェックを済ませた後、
指紋採取をした別室でビザの受取が行われます。

ビザを受け取ったら、すぐに「Obsry」という項目を確認しましょう。
ここに「No recourse to public funds Work(and any changes)must be authorised」とあれば
学校があるときは週20時間、ホリデイ期間は週40時間まで働けます。
これがなかったら留学できないので、ちゃんと確認するまでドキドキしました・・・

【イギリス時間なビザ申請センター】
ちなみに、申請時は指紋採取の職員さんの対応がとろくてとろくてびっくりでした。
人が大勢待っているのなら分かりますが、待ち人は私一人。
それなのに20分近く待たされるうえに、彼女はジュースを飲みに行ってしまう。
新橋にありながら日本ではない空間。
そう、ビザ申請センターは日本にありながら、イギリス時間が流れているのです!
……と思えば、まあ、大きな気持ちで受け止められますね。


晴れてビザが取得できたら、次は情報収集ですね!
スポンサーサイト
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。