• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/15(Mon)

【準備】やりのこしそうなこと

【たとえばそれはジャンクフード】
一昔前はかなり、とっても、ものすごくジャンクフーダーでした。

コンビニはもちろん、ファストフードの新商品はもれなく食べる。
カップ焼きそばにはまっていた時期は、焼きそばが見えなくなるまで
マヨネーズですべてを埋め尽くしていたし、
プリングルスにはまっていた時期は、3食それを食べていました。
(当時は今よりも5キロくらい痩せていました。栄養失調?)

でも、29歳くらいにひどい体調不良に陥り、
更には50代中年男性以上の高コレステローラーへ転身。
これじゃあイカンと思い、30代からはすっかり健康志向ですよ。
ファストフードもラーメンもカップ焼きそばもスナック菓子も、
ほっとんど食べなくなったうえに、最近ではややベジタリアン。
おかげで滅多にカゼをひかないし、中コレステローラーになりました。

が、何か寂しいの。
こってりしたラーメン、吉野屋の牛丼(紅ショウガ特盛りで!)が食べたーい。


【たとえばそれはヤビツ】
神奈川県が誇るステキ夜景の一つ、ヤビツに行きたいのです。

大昔、いいなあと思っていた年上男性に連れて行ってもらったことがあるのですが、
うねうねした道を走るうちに、どうやら覚醒しちゃったようです。走り屋の血が。
タイヤがキュルキュル悲鳴を上げるたびに、
心臓がキュッと締め付けられる感覚に襲われました。
遠のく意識の中で覚えているのは、彼の狂ったような笑い声。

でもね、夜景はキレイなんです。とっても。


【たとえばそれは温泉】
イギリスって温泉あるのかな? 
いや、あったとしても、日本のような風情は無いはず。

指の皮がふやふやになるまで温泉につかって、
ちょっと休憩したらサウナでいっぱいの汗をかいて。

……ああ! 想像するだけで楽しい!
季節的にもちょうどいいから行きたいな~。


【でも、結局は何がしたい?】
やっぱり少しでも多くの人に会っておきたなあ~。
でも、会うと寂しくなるしなあ~。
お金がなくなったり、つらくなったら帰国しにくくなるしなあ~。

……そんな気分。うおう。
スポンサーサイト
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/15(Mon)

【準備】住民票、抜く? 抜かない?

【長期留学の場合は必須!】
「住民票を抜く」というのは海外転出届をして日本にいない状態にすることを言います。
短期留学の場合は抜く必要はないかと思いますが、
長期で、しかも貧乏留学をしたい場合は絶対に抜いておきたいところです。

市役所で聞いたところ判断基準としては「1年以上」とのこと。
1年以上日本を不在(一時帰国したとしても)とする場合ってことですね。
手続き方法は簡単。
日本を出国する2週間前に役所に行って手続きするだけです。

私のように現地で家を決めようという人も多いかと思います。
住所がきまっていない場合は国名の記入だけで問題ないようです。
どうしても心配な場合は代理申請も可能なので、ご両親やご家族にお願いしてみましょう。

ちなみに帰国した場合、14日以内に申請しなくてはなりません。
罰則規定があるのかわかりませんが、とにかくすぐに申請しましょう。
お金を節約したいからとずるずる引き延ばしても無駄です。
申請の際にパスポートが必要なので帰国日はすぐに分かっちゃいますからね~。

【どんないいことがあるの?】
いいことありまくりです。お金がばっちり節約できます↓
(1)住民税
(2)国民健康保険
(3)年金

これらのお金を節約できるって、かーなーり大きいですよ~。
それぞれの詳細については後日記載します。

【まとめ】
住民票は1年以上なら抜く!
ただし1年以上が絶対ではないようです。
ここらへんの判断は各市区町村によって違うようなので、
最寄りの役所に問い合わせしてみてください。
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/15(Mon)

【準備】退職金を取り戻そう!

【退職金支給日にはどこにいますか?】
貯金のない私がロンドン行きを決めたのは、退職金の存在だった。
契約社員なので退職金は正社員のそれとは大きく違うけど、
それでも無いよりはあったほうがいい。ものすごくいい。
ってことで、退職金を丸々持っていこうとしたら……

「さとうさんは退職金支給日に日本にいないですよね。
そうなると20%源泉徴収されてしまいます」

な、な、な、なにを~!! なんとふざけたことを!!!
とは言え、これは契約している会社独自のルールではなく、
日本国が決めたルールなのだそうです!!!
20%って結構、いや、かなり大きいですよね~~~
取るときはじゃんじゃん取るのに、年金など国民に金を支払うときは渋りやがって!
なんて国だ~~~!!!!!!

【少しでも取り返すためにできること】
20%取られるからと言って渡英をあきらめるわけにいきません。
そこで、お世話になることがないと思っていた税務署に行ってきました。

脂でテカテカになった頬と、暑くもないのに滝のような汗を流す税理士先生は、
そのでっぷり肥えた腹をゆさゆさ揺らして私の前に現れた。
普段なら極力関わりたくないような人種なのに、
「悩みを解決してくれる」という期待があるからなのか、後光が指して見えた。

何とかして税金を取り戻したい旨を必死に訴えると、
「それなら確定申告ですね。日本にいないならご両親などに代理申請してもらってください」
拍子ぬけするほどあっさり答えてくださる。
あっさりすぎて思わず聞き直してしまったが、先生は嫌な顔ひとつせず
まるで小学生に教えるかのようにゆっくり説明してくれたのだ。
彼が神のように見えてしまったのは言うまでもない。

【整理すると】
(1)退職金支給日に日本にいる
退職金の税金=退職所得(※)×税率
※退職所得=(退職金の額-退職所得の控除額)×1/2

★退職金の控除額
A)勤続20年以下の場合・・・40万円×勤続年数
B)勤続20年超の場合・・・800万円+70万円×(勤続年数-20)

退職金が控除額よりも下回る場合は、課税対象金額が0円になり税金はかかりません!
ちなみに退職金にかかる税金は所得税と住民税ですよ~
税金を支払わなくてもいいのに、支払っている場合もあるようなので
不安な場合は税務署に相談してみましょう。戻ってくる場合もあるみたいです。

(2)退職金支給日に国外にいる
退職金の20%が源泉徴収→確定申告しましょう!
※「退職所得の需給に関する申告書」が提出されている場合は(1)が適用されるようです。
(1)の場合はもちろんこの申告書が必須です。


上記については間違っている場合もあると思うので、
国税庁のHPや居住地を管轄する税務署に相談してください。
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。