• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/05/29(Fri)

【生活】夢なら覚めないで

【夢は夢のままがいい?】
イギリスに来た理由をよく聞かれるのだけど、そのときはたいてい
「英語を習得するのなら、やっぱり歴史のあるイギリスですよね~」
と、あいまいな笑顔を浮かべながら答えるようにしている。

愛国心あふれるイギリス人たちは、この答えに満足しているのか、
あるいは単にアメリカ嫌いだからなのか、
「そうだよね、やっぱりアメリカ英語よりはいいよね」と言う。
(語学学校のイギリス人の先生らは、私が話すたびに
「それはアメリカ英語!」と指摘してくれるので、やっぱりアメリカ嫌いなのかも)


だけど、本音を言うと、別に英語を何が何でも習得したいわけじゃないのよね。
まあ、もろもろの理由があってココに来てるんだけど、
大きな理由の一つとしては、ヨーロッパ諸国に行きやすい(しかも安く)ってことですね。
フランス、ドイツ、ポーランド、ベルギーに行きましたが、
東京から北海道もしくは大阪くらいの気楽さなんですねー。
(フランス、ベルギーはロンドンから2時間くらいだしね)
素晴らしいじゃないの。

で、私の幼少からの夢が、いよいよかないそうです。
夏にスイスに行けちゃうかもー!
どうしよう、どうしよう。幸せすぎる。
フランダースの犬に続き、アルプスの少女ハイジですよ!ハウス食品劇場めぐり!
ヤギのユキちゃんはいるのか? 枯草のベッドで寝たいし、
顔よりも大きなチーズをほおばりたい。
男友達と行く予定だけど、どうせなら女の子をもう一人道連れにしてハイジごっこをしたい。
もちろんセリフは「クララのバカ!」で決まり。

【夏が待ち遠しい】
スイスは、人生のハイライトですが、それ同等の楽しみがもう一つ。

プロムスに4回も行っちゃうもんねー

プロムスとは、BBCが主催する約2カ月間に渡る音楽祭。
クラシック音楽がメインときたら、もう、こりゃ行くっきゃないでしょ。
しかも、場所は、あの、ロイヤルアルバートホールですよ!

ロンドン貧乏留学「ロイヤルアルバートホール」

あこがれの場所に4回も行けちゃう!
チャイコ、リスト、ワーグナー、ベルリオーズ、ショスタコーヴィチなどの曲を
コンセルヘボウ管やらバレンボイムの指揮やらで聴けちゃう~~
くお~~~、もう、頭がおかしくなる!

冬のロンドンは本当に最低最悪すぎて、鬱になりましたが(マジ)、春夏は最高!
でも、エアコンが無いのはつらいけどね。
スポンサーサイト
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2009/05/28(Thu)

【生活】久々の演奏会だい!

【魂、持って行かれちゃいました】
今日は何か月ぶりかにオケの演奏会に行ってきました。

場所はビックベン近く、テムズ川に面したサウスバンク。
ロンドン・アイのある場所って言うと、ピンとくる方もいるでしょうか。
ロイヤルフェスティバルホール、クイーンエリザベスホールなどがあり、
そこでは演奏会やエキシビジョンが行われています。
それこそ若手アーティストから重鎮まで様々で、
そのどれもが本当に魅力的なプログラムばかり。しかも安い!

今回はロンドンフィルの演奏会でした。
メンデルスゾーンの4番、ドヴォルザークの7番、
そして、そして、ラフマニノフのピアコン2番!!! ぎゃー! ステキー!
ピアニストはアルド・チッコリーニという84歳のおじいちゃん重鎮。
曲がった背中に、真っ白な頭髪、そしておぼつかない足取り。
ステージに登場したときは、ちょっとハラハラしちゃいました。
・・・だって、譜面台にぶつかってよろけてたし。

でも、ピアノに向かうと、84歳の彼は40代、いや30代、
そして、時には20代ではないかと錯覚するほどの力に満ち溢れていました。
ただ、若手と違うのは、彼が長年かけて蓄積してきた経験と自信。
嵐のような荒々しさで私を打ちのめしたかと思えば、
春の光のような優しさとしなやかさで包みこむ。
音の一つ一つが、ハッとするほどに美しくて、悲しいのよね。

演奏が終わったとき。
ホール全体がぞっとするような静けさに包まれて、
その後、耳をつんざくような大歓声。
観客のほとんどはスタンディングオベーションで彼を讃えていました。
私はと言うと・・・、魂を抜かれてしまって、立てなかった。腰が抜けた。
涙が止まらなくてねー、ついでに鼻水も。
隣の紳士が気の毒に思ったのか、ティッシュをくれました。
恥ずかしいったらありゃしない。


ちなみに、こんなに素晴らしい演奏会なのに、たったの5ポンド。
日本円で言うと750円かー!!! 安すぎる!!!
来月はジャズを聴きにいきまーす。ジャズ好きの友人によると、
かーなーり、相当、とっても素晴らしい人のようです。
それでも、日本円で1800円くらいだからねえ。いいのかねえ。

※ベルギー話は週末にかきまーす。
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/22(Fri)

【生活】不況?

【不況です】
と言っても、日本ほど深刻な状況に思えないのは、
お気楽そうに見える人が多いからなのでしょうか。
明るいうちからビール飲んでたりするもんね。

でも、不況です。
失業者数が222万人になったとか、大手通信のBTが従業員を大量にカットしたとか、
お気に入りのカフェやレストランが突如、閉店になったりとか。
友達は英語、ドイツ語、フランス語が話せる人なんですが、
契約期間が終了する7月末で延長無し。
英語はもちろん、日本語もあやうくなっている私も、
いつなんどき解雇されるか分かりませんな。

とは言え、最近はぽかぽかあったかいし(朝10度、日中18度くらい!暑い!)、
日はさらに長くなり、夜の21時30分ころまで明るい。
会社帰りにフラっと公園に立ち寄れば、
私とタメくらいの会社員がフットサルを楽しんでる。
よく見てみると、明らかに「通りすがり」のおじちゃん、おじいちゃんまでも交じってる。
何かねー、もう悩むのが面倒になっちゃうよね。
不況でも、彼らはこんなにも楽しく笑ってるじゃんってことですよ!

【リッチ・リスト】
イギリス版長者番付ってことですね、そのままですな。
というか、かなりえげつない表現じゃない? リッチ・リスト!!

まあ、それは良いとして。
発表になったようです。お金もちリスト。

1位はどっかのメーカーの人で、
2位はご存じの方も多いかと思いますが、チェルシーオーナーのローマン・アブラモビッチ。
(残念ながらマンUが3連覇のようですが)
資産額は70億ポンドらしいですよ。日本円でー… 1兆500億か600億くらい?
これでも資産が4割くらい減ったようです。でも、すごいなー。

芸能人で言うと、ポールマッカートニーの4億4000万ポンドに続き、
ミック・ジャガー、エルトン・ジョン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ&マイケル・ダグラスなど。
あと、ローワン・アトキンソンも入ってるみたいです。
私はミスター・ビーンが大嫌いなので、信じられません。
でも、これをイギリス人の友達に言ったら、ちょっとむっとしていました。ビーンが好きらしい。
これで彼とは一生理解し合えないと思いました。


まあ、貧乏人の私とは違う世界の人達のことは、もういいとして。
不況なので、引っ越しを考えています。
明日は物件の見学。楽しみ、楽しみ。

そして、翌日はベルギーだい!
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/18(Mon)

【生活】びっくりびっくり

【ありえないのよ】
今日のビックリ。

チェルシーのホームゲーム。
いつも以上に警察ウマのうんこがてんこ盛りでした。
おまけに今日は雨が降ったと思えば、カラッと天気。ゆえに、
匂いが、ね。

お買い得玉ねぎ。
7個のうち5個が腐っていました。
健康な2個も、いつ病気になるか分からない瀕死状態です。

だんご再び。
先月くらいに謎のだんご虫大発生がありましたが、
今日家に帰ってみると、まただんごでした。

根こそぎ。
バスでうたた寝をしていたら、悲鳴の後に轟音。
何かと思ったら、太い木が根っこをむき出しにして倒れていました。
あとちょっとバスが早かったら、2階部分を貫通だねえ。私も串刺し。

インド人、一目惚れ。
てろてろ歩いていたら、向こうからやってくるインド人が私にフォーリンラブ。
私っていうか、「日本人」の私に、でしょ?うざい。

まっちゃん結婚。
ダウンタウンの松本人志さん、ご結婚!お相手は妊娠?
ってことで、日本人の友達に一斉メール。
今年、一番びっくりしたと思う。のりか、陣内以上のビックリ。


あんまりにビックリ続きだったので、今週末は・・・
ベルギーに行ってきまーす♪ ふぉっふぉっふぉ

ロンドン貧乏留学「フランダースの犬」

素敵な街、ブルージュと迷いましたが、
フランダース世代としては、アントワープに行かなくてはなりません。
ルーベンスの絵を前に「何だかとても眠いんだ……」と言えるように、
前日はたっぷり夜更かしをしたいと思います。

・・・・これを書いてる時点で涙が止まりません。
フランダース世代は感情豊かなのよ。
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2009/05/18(Mon)

【生活】節約のためには

【やっぱり自炊が一番!】
日本にいるときは「料理を作る」ことに全く興味は無かったのですが、
人間、追い込まれると変わるもんです。

私の場合は、お金が無いという切実すぎる問題があるので、
やむなく自炊をするに至りました。
もともと説明書が読めない性格なため、レシピを見るなんてとんでもない!
「さとうとか塩とか、まあ、適当に入れりゃいいでしょ」
というノリ重視で挑んだのですが、結果としては散々なもので。

もちろん、美味しいものもありましたよ?
でもねー、口に入れた途端、「おえっ」と吐き捨てたり、
「これにビネガーを入れるとおいしいかも」と試してみたら、
大家さんから「何この異臭は!?」と怒られたり(泣)。
いやはや、大変でした。はっはっは。
今は普通に食べられると思います。たぶん。

最近はややベジタリアン傾向(魚は食べます)にあるため、
ビーガンに転向した友達にレシピを聞いてみました。
「肉は使いたくないんだけど、でも、コクがあって、深くて、美味しいもの」
で、彼女から教えてもらって作ったのがコレ↓
ロンドン貧乏留学「Pau_bhaji」

「Pau bhaji」って料理だそうです(←なんて読むか分からん)。
彼女はインド系イギリス人なので、やっぱりカレー系がメイン。
これは豆、トマト、パプリカ、なす、玉ねぎ、にんじん、カリフラワーなどなど
たっくさんの野菜を一度に摂取できるベジタブルカレーのようなもんですね。

色が薄くてまずそうに見えるけど、でもねー、実は相当美味しいのだ。
ターメリック、ガラムマサラなど入れてるけど、
一番の決め手は彼女からもらった秘密の香辛料にありだなー。
味がしっかり引き締まってる感じがするのよね(知ったフリ)。
ソーダブレッドでも作って食べるとしまーす。

【ビーガンってご存知?】
知らない方もいるかと思うので・・・。

ベジタリアンはチーズや卵などがOKの人たち。
彼らの言い分としては、それらは動物を殺さずとも摂取できるから、らしいです。
で、ビーガンは動物性のものは全てダメな人たち。
バターを使っているパンもダメ、ケーキなどもダメ。
主義主張なので否定はしませんが・・・ 楽しくないんじゃないかなあ・・・。

人にもよると思いますが、段階を経てベジタリアンレベルが上がります。
例えば、最初のうちは私のように「肉はNG(でも、たまに食べる)、魚はOK」で、
次は「肉も魚もダメ」という感じですね。

ちなみに、ビーガンの友人はこっちのゼリーが食べられません。
知らなかったんだけど、動物性のものが入ってるらしいです。
でも、日本のゼリーは大丈夫。かんてんだからね。
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/18(Mon)

【B級】レストラン事情

【とにかくむちゃくちゃ量が多い!】
節約生活ながらも、一応レストランなどに食べに行ったりはしています。

で、大概どの店でも料理を見て思うのは、
「私、一人前頼んだんだけど。これ、3人前の間違いじゃない?」
・・・・ということ。
もうね、「ほどほど」という言葉を知らないのか、
これでもかってほど盛りつけやがるのね。
見ただけで食欲なくすっつーの。

例えば、お肉料理を頼むとします(私は頼みません)。
冗談抜きでメインの肉は、
女性の足のサイズ(22センチとか)くらいの大きさ。
そして、その肉は、いかにも「カロリー高いです」なソースに、
どっぷり、じっくり漬かっちゃってる。
それに飽き足らず、バターたっぷりのマッシュポテトが山盛りに・・・ひいいいい

野菜と言えば、クリームソーダの「おまけ」的存在のチェリーのごとく、
ニンジンやら芽キャベツやらがこっそりついてきます。
彼らを見ていると「…ボクたち、ここにいていいのかな?」とつぶやいているようで、
なんだか哀れでなりません。カワイイけど。
(マッシュは野菜って感じがしない。バターたっぷりだし)

ただねえ、こっちの人は、その驚愕の量を
いとも簡単にたいらげちゃうのよね。
だから、日本人とこうも体型が違うんだろうねえ。

そうそう、最近ビックリしたことで言えば、
ピザをテイクアウェイしている細身の女性が、
バスの中で完食してしまったこと。
ピザーラのLサイズはあろうかという大きさのピザをだよ!
「家で子どもと食べるのかしら」って思ってたのに・・・自分一人でかよ!

ロンドン貧乏留学「さばしお」
↑家では魚を焼けないので、外で摂取しています。今日はサバ塩~♪5ポンド~♪安い~♪
写真じゃ分からないと思うけど、ハンパない量です。ご飯にしろ、サバにしろ。
Home | Category : ロンドンのおいしいもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/14(Thu)

お得がいっぱい

【貧乏人に優しい国です】
イギリスというと物価が高いイメージがあるようですが、
実はそんなことは全くありません。
ましてや今はありえないくらいのポンド安ですしね。

何がお得かっていうと・・

●学費が安い
私のように金はないけど、海外に逃亡しようという人にはぴったりです。
ちなみにウチの学校は1年で20万円以下。
ポンド安の現状を考えると、たぶん15万円くらいじゃないかなー。
ひいきするわけじゃないけど、学費は安いのに質はとても良いです。
大学に行きたい人だったら、ちょっと物足りないかな?

ロンドン貧乏留学「学校」
↑うちの学校です。オックスフォードストリート沿いにあります。
中心街なので、朝から晩まで相当やかましいです。


●家賃が安い
日本と違って一軒家(フラット)や日本のマンションのような家を
何人かでシェアするのが普通です。
5人も6人もいるフラットだと、シャワーやキッチンの取り合いになったり、
全員が異国の人の場合、文化の違いに悩んだりすることもあるようですが、
まあ、それはそれで楽しいんじゃないかなと思います。
それに、多くの人でシェアすれば、家賃も光熱費も安くすみますしねー。

ちなみに私は、1階でB&Bを経営している大家さん一家と住んでいます。
私以外にシェアしている人はいないため、2階にあるお風呂もトイレも独占。
大家さんは料理をあまりしない人なので、キッチンも独占。
部屋は狭いけど、ラジオ、テレビ、勉強机、ベッド付き。
それなのに家賃は月で4万円程度。もちろん光熱費、ネット代込み!

●旅行代金はいくらでも節約できる
これがイギリスに来て、一番良かったことかなー。

日本同様、前もってブッキングしちゃえば、相当安いです。
例えば、先日行ったベルリンの帰りの航空券は5ポンド、約700円くらい?
春夏の旅行シーズンでも、早く予約すればヨーロッパの各都市に
10ポンドで行けちゃいます。1400円ですねー。安い。
そして、冬なら1ポンド!140円で飛行機に乗れちゃう~♪

ちなみにサービス一切無し、安全性もちょっと疑問な飛行機が多いかな?
代表的な会社で言えば、ライアンエアー(http://www.ryanair.com/site/EN/)でしょうか。
でも、まあ、安ければいいんじゃないかな。墜落するわけじゃないし。

ロンドン貧乏留学「ライアンエアー」
↑世界一サービスの悪い航空会社と言われている、ライアンエアー。放置ぶりが逆に快適だと思うけど?
ちなみに座席は指定されていないので、早いもの勝ちです。相当早くから並んでいる人もいるんです。


イギリス国内で言えば、ロンドンからリバプール、ウェールズなどに
電車で行く場合は若干高いのですが、長距離バスは激安。
なーんと片道1ポンドから行けちゃいますー。すごい。
http://www.megabus.com/uk/index.php

●月の半分以上がセールです
日本でもお馴染み、GAP、ZARA、H&M、TOPSHOP、クラークスなどは、
新商品をすぐにセール扱いにしちゃいます。
ミッドシーズンセールとか、夏前セールとかとか。
だったら最初からセール価格で出せばいいのにー。
バーバリーなどの高級ブランドも、日本よりも高い頻度でセールになります。

まあ、洋服の質やサイズを考えると、なかなか手は出ませんが。
やっぱりねー、質で言うと、日本製は世界一だと思いますよ?
ユニクロや無印も生産元がこっちだから、何だか雑だしね・・・

●組み合わせによってお得に
節約のしがいがあるのは食費、交際費だと思います。

食費に関しては、ロンドンだと本当に節約が楽しくなるくらい
至る所にお得情報が転がっています。
たとえば、マーケットに行けば「一人じゃ食えないよー」って量を
信じられないくらいの安値で購入できます。しかも新鮮。
そして、特徴的なのが組み合わせ。

1個買えば、1個タダ(2個で1個の値段)。
1個だと1.50ポンドだけど、2個買うと2ポンド。などなど。
特に私は前者に弱くて、スーパーで見かけるとついつい購入しちゃいます。
使いきれなくて腐らせることもあるんだけどね。

ロンドン貧乏留学「スラムドックミリオネア」
↑本もお得に購入できます。これは1冊買えば、2冊目は半額という表示。
スラムドックミリオネア、超おすすめ。映画よりも断然小説!寝不足です。


まだまだお得情報があるけど、今日はここまで。
スラムドックミリオネアが面白すぎて、昨日は4時ころまで読んじゃったからさあ。
すっかり寝坊して、学校さぼっちゃった・・。
今の先生は怖いので、明日はしっかり登校します。
なので、おやすみなさい。まだ22時だけど。
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/12(Tue)

【生活】夏はすぐそこ

【良い季節になってきました】
今思い出しても悲しくなってしまう恐ろしい冬が終わり、
みんなが口をそろえて言う「イギリスは夏が最高」という季節が
もう、すぐ目の前までやってきています。

何がいいって、日照時間が長いってことですね!
何度も言うけど、冬は8時過ぎに夜が明けて、15時にはもう夜。
毎日毎日うすぼんやりとした空に雨。本当に気がめいります。
が、今は5時には明けて、更には21時ころまで明るい。サイコー!

ロンドン貧乏留学「夜の風景」
↑これを撮ったのは20時45分ころ。明るいでしょー?

そして、公園の緑、歩道沿いの木々に咲く花がきれいってことかなあ。
日本にいたときは「花なんか見たって、腹は膨らまん!つまらん」って
本気で思ってしまうほど、心が枯れていたのにねえ。

ロンドン貧乏留学「路上の花」
↑最近はこんなにも色鮮やかな花をよく見かけます。

予定のない日曜日などは、家から徒歩15分程度のところにある
BISOPS PARKまでお散歩に行っています。
老若男女問わず、多くの人がジョギングをしているので、
たまーに私も交じっています(でも、負ける。奴ら早いのよー)

ロンドン貧乏留学「公園の広場」

木のすぐ下にあるベンチで昼寝をするのが好きです。
チェルシー、そしてリッチモンド地区というロンドンでも
だいぶ裕福な人たちが住む地域なので、危険なことはありません。
が、最近はハチが増えてきたなあ・・・。

ロンドン貧乏留学「フルハムスタジアム」

これはFulhamのホームスタジアムです。
チェルシーよりも格下だからなのか、ちょっと小ぶりですな。
そういえば、チェルシーはバルセロナ?に負けましたね。
不謹慎だけど、それはそれで良かったかな。
だって、これで優勝しちゃったら、周囲のチェルシー狂いの人達が
毎晩のように祝杯をあげてるだろうしね。
日本の人達と違って、こっちの人たちは周囲の目を気にしないからねー。
本当にうるさくて仕方ないんです!!

【最近のななちゃん】
気が向いたときにだけ、うちに遊びにくるネコのななちゃんの近況です。

ロンドン貧乏留学「ななちゃん2」

恋の季節なのか、黒ネコちゃんの求愛が激しいです。
二人の子供を見てみたい気もしますが、
でも、そうなったら、ななちゃんは相手してくれなくなるんだろうな・・・

ロンドン貧乏留学「ななちゃん4」


ななちゃんはおりこうさんなので、私が顔を洗っているときなどは、
バスタブに入って、待ってくれています。
でも、鏡ごしとは言え、ずーっと見つめられるのは辛いです。
早くしなきゃって思うんだよねー。
でも、ほら、私も一応女だからさ。入念に手入れはしたいわけさ。

そういえば、最近、ほかのネコちゃんも遊びに来ているようです。
大家さんと一緒に購入したネコクッキーがなくなっていたから。
ななちゃんだったら、ちゃんとあいさつに来るんだけどね。
一体どこのどいつだー?
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/11(Mon)

【一時帰国】悟ったこと、キレたこと

【6か月は短いようで、長い!】
たった6か月で人間、変わるもんかしらと思っていたけど、
それなりの変化はあったようです。いい意味でも、悪い意味でも。

●先々の予定まで決めたくない
以前はスケジュール帳に白い部分があると(予定がない)、もう、発狂寸前でした。
貧乏ヒマなしっていうか、若干生き急いでいたんだろうなと。

●プライベートが一番大切
以前は仕事が一番大切だったように思います。
何かあると「自分のキャリアは」なーんて考えてたっけなあ。
それはそれで大切なことなんだろうけど、それ以上に大切なことってありますよねー。
残業はもうできません。休日中に仕事のことを考えるなんてとんでもないです。
本帰国になったら、ちゃんと働けるかなあ。
生活する分だけのお給料で十分だからさあ、のんびり働きたいなあ。

●人に素直に頼りますよ
8時~15時という短い日照時間、日照と言っても太陽の存在が薄い冬は、
生まれて初めて「鬱」のような症状になりました。
日本にいたときは何となく強がってたけど、あの冬を経験しちゃったら、
素直になったほうがいいと今更ながら思いましたとさ。

●節約だいすき
昔は節約なんて考えたこともなかったんだけどね。変るもんです。

・・・などなど。
悪いところでは、相当適当になってしまったってことかな。

【若干こりごりです】
ミクシーに書きましたが、実はロンドンに戻るのが一日遅れています。

ご存知かと思いますが、GW明け5月7日。
横須賀線、京浜東北線、東海道線など神奈川から都内に向かう
交通機関すべてがマヒしていましたよね。35万7000人の足に影響が出ましたよね。
まさに私はその中の一人でございます。

横須賀線の線路を使用している成田エキスプレスは、知らぬ間に運休になっていました。
駅員に聞いてみても「分かりかねます」。マジ困るっつーの。
まあ、私は超格安チケットなので、あきらめもつきますが、
そばにいたツアー客らしき人たちは泣いてましたよ。飛行機に間に合わないからね・・。
これって補償されないもんなのかなあ。

ちなみにラッシュの時間帯だったため、仕事に遅れるからなのか
ものすごい勢いでキレまくってるおじさんたちが怖かったです。
挙句の果てに駅員さんに殴りかかってたしねえ。大丈夫かしら、日本。

【人生至上最高の揺れ】
急いでHISに駆け込み、何とか翌日のBAを確保しました。
妹は日系よりもBAを絶賛していたので、期待大なわけですよ。

ただね・・・。
ロンドンまでのフライトは、ありえないくらい揺れました。
ジェットコースターのような感覚が何度も続いちゃうのには参りました。
飛行機は苦手だけど、強烈な揺れはなぜか楽しく思えるんだけど、
それが何時間も続くとなると、さすがにうんざり。
おまけに周囲の人たちがそろいもそろってゲロゲロゲ~ですよ。
ニオイにやられて、こっちまで吐きそうでした。
家に帰っても、体全体がなおも揺れているような感じ。
正直、もう二度と経験したくないなあー。本当にひどかったんだから!

【お国が違えば】
話題の豚インフル。

成田では入国時に徹底して検疫していますよね。
ヒースローは何もありません。空港職員でマスクをしている人は誰もいません。
もちろん町中でもマスクをしている人なんていません。
これじゃあ、感染者が増えるわけですよねー。
毒性が弱いっていうから、それほど心配してないけどさ。

日本はちょーっと神経質すぎるんじゃないでしょうか。
イギリスは無神経すぎるから、日本とイギリスの中間くらいがちょうど好さそうですね。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/11(Mon)

【一時帰国】あっという間の10日間

【ヒースローまでの道のり】
4月末から5月8日にかけて一時帰国しておりました。

自宅からヒースローまで3時間かけて、ローカルバスで行ってみました。
私の定期はバス専用なので、ロンドン市内であれば全てタダ。
ただ、この日のロンドンは超暑かった!
やたらとでかいスーツケースとバックパックが容赦なく体力を奪うわけ。
でも、ロンドンの人たちは親切なのよ~。
バスに乗るときなどに必ず助けてくれるのですよ。素敵。

ヒースローは一日の離着陸がめちゃくちゃ多い空港のようで、
そのため、空港周囲は地価がだいぶ安いようです。
ご存じのとおり、イギリス(ロンドン?)は日本以上の格差社会なんで、
地価が安い所には低所得者がお住まいになっています。
差別するわけじゃないんだけど、治安で言うと、あんまりよろしくないかな・・。
道中、クソガキどものやかましさと明らかに不審な人たちに、
ちょっと神経を使ってしまった。へとへと。

【あこがれの日系!】
何となく高いイメージがあって敬遠していた日系(ANA)に乗っちゃいましたよ。

CAさんはとっても丁寧で、いつも笑顔。
チェックインの時点で日本語が通じることにビックリ。
でもなあ、日系ならではのきめ細やかさが何だかうっとおしい・・・。
これだったら10月に乗ったキャセイのほうが良いかなあ。機内食おいしかったし。
あ、でも、映画プログラムは良かった!!
「スラムドックミリオネア」はおススメですよ。笑えて、泣ける。
そして「容疑者Xの献身」。人目はばからず号泣しちゃったよ。

【こんなところに行きました】
近場ですが・・・

ロンドン貧乏留学「江ノ島」

茅ヶ崎海岸から自宅まで歩いて帰りました。2時間ちょっと。近いね。
遠くに見えるのは、もちろん江ノ島ですねー。

ロンドン貧乏留学「箱根」

箱根でーす。いい天気だったなあ。芦ノ湖が見えますね。

ロンドン貧乏留学「大涌谷」

定番ですが、大涌谷にも行きましたよ。
もちろん黒い卵も食べたー。7年寿命のばしてみました。(昔は3年だった気がするのだけど)

ロンドン貧乏留学「大涌谷2」

こうして見てみると、何だか怖いよね。
イギリス人の友達はびびってました。11月に連れていこうっと。フフフ。

あとは鎌倉と中華街かな?都会にも行ったけど、やっぱり苦手だなあ~。
人がなんであんなにいっぱいいるんだろうか。
神奈川県、とりわけ藤沢はやっぱり最高ですわい。

【食ってばかりでした】
日本到着時は手指が痛いくらい体中がむくんでいたけど、
後半はどうやら体重増加によりむくんでいたようです。しょぼんぬ。

ロンドン貧乏留学「かま家」

これは箱根・仙石原にある有名店「かま家」の前菜でーす。
煮物、漬物ともに素材の味を生かしています。上品な味。これぞ日本!

ロンドン貧乏留学「かま家2」

「かま家」は名前のとおり、釜めし屋さんです。
おばあちゃんがタイマーをセットしてくれるんだけど、
その表示時間を見てびっくり。40分!!ハラヘリで死ぬっつーの。
出来上がった途端、あっという間にがっついちゃったので食後に撮影。
本当においしいです。40分待つ覚悟があるのなら、ぜひ。

ロンドン貧乏留学「力餅」

これも食べかけ。鎌倉の力餅。
おもち部分がよもぎです。今だけなんだって(妹談)。
限定商品だから、午後になると売り切れなんだとか。上品な甘さ・・・。これぞ日本だね。

ロンドン貧乏留学「中華街」

中華街では妹おすすめのエッグタルトを食べてみました。
ロンドンで食べたエッグタルトとは違って、甘さ控え目。ウマい・・。
ごま団子はもっちもちだし、ココナッツタルトも最高。
(妹とシェアしているので、これすべてを食べたわけではない!)

ロンドン貧乏留学「ラーメン」

ロンドンのラーメンはまずくて食えたもんじゃないようです。
なので、はりきって食べてきました。とんこつ+ライス付き。
もちろん完食!ヨユーでーす。

イギリスの食べ物はまずくないけど、
トータルで見てみると、やっぱり日本食ですな。ヘルシーだし。
こっちじゃ高くつく切干大根、ひじきなどはダイソーで購入しました。フフフ
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。