• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/09/13(Sun)

ホームパーティを開いてみた

【やっぱり日本食ですな】
金曜、本日と家の人が誰もいないので(一人暮らし状態!)、
友達を招いて、ホームパーティなるものを開いてみました。

日本人、韓国人、台湾人とアジア勢になったので、
ふるまう料理は日本食ってことにしました。
まー、外食すりゃイヤでも洋食になるからねえ。

内容としては・・・

【小鉢】切り干し大根、ひじきの煮物
【小鉢2】大根とズッキーニの漬物、白菜のおひたし
【小皿】肉なしじゃが
【小皿2】焼きなす、辛みそ添え
【小皿3】豆腐サラダ
【小皿4】おからの小さなハンバーグ
【ごはん】あさりの炊き込みごはん
【デザート】白玉あんこ&きなこ、りんごのコンポート&バニラアイス添え
【飲み物】あったかい麦茶

・・・あら、豪華。がんばった、私。
でも、疲れるので、もうやりたくないです。

【ロンドンでも日本食を作れます】
まあ、多少なりとも日本との違いはありますが、
上記の品々のほとんどはロンドンで手に入れたものです。

煮物に必須のタマネギ、にんじんは、1ポンドも支払えば山ほど手に入ります。
テスコっていう、大手スーパーに行けば、いんげん、キャベツ、
ちんげん菜、白菜
などはたいてい手に入るし、
「アジアコーナー」みたいな場所では、さつまいも、大根、ほうれんそう、
サトイモ
なども売ってます。しかもお安い!!

日本のかぼちゃ、さつまいも(テスコにない場合)、サトイモ、やまいもはトルコのお店、
ゴーヤはインド系のお店に行けば、置いてあります。
(これらのお店の品々を購入する際は、腐っていないか要確認!)

ただ、ロンドンでは手に入らない(入りにくい)、日本でおなじみの野菜は・・・
きゅうり→こっちのきゅうりは、でっかくて、水っぽい。
枝豆、ごぼう、にら、しいたけ、エリンギ→日本食材屋では売ってるけど、高い。
しめじは、ウェイトローズっていうスーパーで見ましたが、高い。

【無いものは、代用すりゃいい。つくりゃいい】
無いものを嘆くより、ない状態で何とかしないといけませんな。

きゅうり
正直おいしくないので、ズッキーニで代用しています。
水っぽくないし、何よりもきゅうり以上に味わいがある気がする。
漬物、ポテトサラダはもちろん、味噌汁、スープに入れると、
お芋みたいな味がして、とてもおいしい。


ごまドレッシング
高くて買えないから、安売りのきなこ&ゴマを使えば、簡単にゴマドレができます。
だし汁、しょうゆ、みりん、きなこ、ゴマ、サラダ油、ビネガー、だけ。

日本のお米
高いので、炊き込みご飯など日本を思わせるご飯ものをつくりたいときは、
プディングライスかリゾットライスを使います。安いよ。
ふっくら炊き上げたい場合は、水につけておけばOK。
炊飯器なんてないから、おなべで炊いています。目分量で何とかなる。

あんこ
やっぱり高いので、スーパーでアズキかキドニービーンズを購入。
なべでじっくり煮込めば、甘さも自分好みになるので有難い。
缶もいいけど、あんまり信用していないので、乾燥豆を大量に購入しています。
水に1日くらいつけて、なべでコトコト。時間はかかるけどね。

【日本から持ってきたほうがいいもの】
日本食はこっちにも売ってるけど、ダイソーの値札がついてるくせに
2倍もしくは3倍もの値段がします。

あると役に立つものとしては・・・
ひじき、切り干し大根、鶏がらスープのもとなど、
スーツケースにかさばらず、かつ、重くなく、長持ちするもの。
味噌汁のもとなんて、安売り味噌を購入すりゃいいので、いりません。
あ、あと、日本の包丁は、本当に重宝します。
こっちの包丁は、使いにくいうえに、切れないので最悪です。
(トマトがしゃっきり切れないの!)


ってことで、料理できる女を気取ってみました。
が、貧乏人で、お金を節約しなきゃなんない状況に追い込まれたら、
外食を控えるために、自炊をしなきゃなりません。
だから、いやでも、できるようにはなりますよねえ(泣)
味はー・・・ どうかな??
スポンサーサイト
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2009/09/10(Thu)

【生活】お酒、解禁しました

【安い女です】
誕生日についてご報告したところ、思わぬ反応で嬉しい限りです。

なーんだ、皆さん、ブログを読んでくれてるのね~。
拍手もコメントもないので、自己満足かーと思いつつ、
閉鎖しようかなあなんてことも考えていました。
いやはや、暖かいお言葉ありがとうございます。

さて、本日は誕生日と言うことで、禁酒生活も終了となりました。
本当は2週間以上前から解禁できたのですが、せっかくですからねー。
ってことで、仕事後、会社の人達と近くのパブ(レストラン?)に行ってきましたよ。

ビール1パイント(生中くらいかな?)と赤ワインのグラスで、結構酔っぱらいました。
禁酒前は、ビール3パイント程度飲んだ後で、ボトル2本は空けてたのに!
間違いなく弱くなりました(泣)
・・・・でも、これで良かったのかも。

パブめしは、カロリーたっぷりの揚げ物や肉類ばっかりだし、
(今日は生まれて初めて「サーロインステーキ」なるものを食べました)
飲み物は当然だけど焼酎なんてものは無い。ビールかワイン。
野菜生活でせっかく痩せたのに、いい気になってたらブタ道まっしぐらですからね~。
痩せててステキなイギリス人男女が、20代、30代と年齢を重ねるごとに、
でっぷり太っていくのが分かるような気がしますよ、本当に(泣)。

痩せてる=キレイっていう、日本の変な価値観は全く気にしていませんが、
太る→洋服が着れない→イギリス製の質が良くない服を購入する→お金がかかる
つまり、貧乏人のわたくしには、浪費サイクルに入ってしまいますからね。イカン。

ってなわけで、安い女になります。
ちょっとくらい弱いほうが、かわいげがあるよね。・・・たぶん。

ちなみに、本日はイングランド代表の試合だったようで。
パブのテレビで、しっかり放映されていました。
家のそばにもパブがあるのですが、相当もりあがってたなあー。
サッカーが好きなら、きっと楽しいんでしょうけど、いかんせん興味がない。
体のでかい人たちが酔っぱらっている様子は、正直怖いです。

ロンドン貧乏生活「誕生日」
お祝いに頂いたワインと花束。いくつになっても誕生日は嬉しいものです。
年齢なんて、問題じゃない。要は、楽しく充実した毎日が送れているか、ですよ!負け惜しみではなく。
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2009/09/09(Wed)

【生活】ご報告です

【33周年でございます】
ご報告。

っていうタイトルだと、「結婚か」と思う人もいることでしょう。
まあ、そういう年齢(日本では適齢期を過ぎているのかな?)ですからね、わたくし。
残念ながら、そのような報告は、まーだまだ先になるかと思います。

9日は、わたくしの33歳の誕生日でございます。
日本からメールやスカイプをしてくれた方々、ありがとうございます。
ただ、こちらは日本より-8時間になるので、8日でした。
でも、素直にうれしいです。本当にうれしいです。

ネットや携帯が普及している現在では、それほど距離を感じないにしても、
それでもね、やっぱり寂しさを感じることはあります。多々あります。
だから、たまに思い出してくれる人がいると、嬉しいものです。ありがとう。


・・・で、ご報告は、誕生日だけではありません。
約1年前の渡英時は、8カ月程度で帰国しようと思っていたのですが・・・
来年も、こちらに滞在することに決めました・・・

ただ、さすがに学生ビザでの滞在になると、週20時間しか働けないので貯金的に厳しい。
なので、今働いている会社に就職します。
(就業ビザを支給してもらうってことなんですけどね)
今はビザの申請中ですが、よほどのことが無い限り取得できます。
というわけで、ご報告でした。
・・・・・・でも、イギリスだから、何があるか分からないけど・・

それにしても、初めて社員になる会社が、まさか英系になるとはね・・・
そして、まさかまさかイギリスで2年目を迎えるとはね・・・
20代、いや、31歳になるまでは海外に行くなんて考えたこともなかったのに。
人生何があるか分かりません。でも、だからこそ、面白いんだよね。

あ、ちなみに、永住はしませんよ!
日本が一番、藤沢世界一!

※「32歳で渡英」をはじめ、10代、20代のときの私の無謀な行動を、
否定することなく、見守ってくれる両親、妹には感謝してもしきれません。
本当に、本当に、ありがとうございます。
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment16  |  Trackback0
2009/09/07(Mon)

【生活】運気はメキメキ上昇か!?

【宝くじに当たるようなもの?】
女性らしく、「アフタヌーンティをしてきました~」なんて報告ができればいいのですが・・
スミマセン、今回もステキな話ではありません。

先日、1日で2回もハトのフン爆弾の襲撃を受けました。
しかも、頭の上。真ん中。
1回だけだったら、何となく落ち込んでいたかも。
でも、2回目に同じ場所にフンが投下されたときは、
「これは何かあるかも。しかもいいことが!」と嬉しくなりました。

だーってさ、考えてもみてくださいよ。
道を普通に歩いてて、ハトのフンに襲われることってあります?
あったとしても、頭頂部よ? 
ってことで、無理やり良い方向に考えてみます。

しかしまあ、ハトのフンの臭いこと、臭いこと。
1回目は気付かなくて、お店に寄ったんだけど、
そのときに、周囲の人が振り返って確認するくらいだったからねえー。
かるく異臭騒ぎになってもおかしくないニオイです。

まー、良い方向に考えているけど、ますますハトが嫌いになりました。
日本以上に、ロンドンのハトは至る所にのさばっているので、
本当にむかつきます。カラスは見ないけどね。あー・・・

ロンドン貧乏生活「家のそば」
↑現在の家です。階段や庭に、クリーナーさんが定期的に入るのでキレイです。
好きなエリアに住めるって、何よりもうれしいことですねえ~。でも、北だから寒い。


【ハマっているテレビ番組】
日本はテレビ番組の方が100倍面白いのですが、
こっちでも面白い番組はいくつかあります。

Dragons' den
http://www.bbc.co.uk/dragonsden/

ビジネスプランを持ってきた挑戦者が、ミリオネアの前で自身のプランをプレゼン。
それに対して、お金を出資する、しないを決める番組。
明らかに日本のぱくりなんだけどね・・・ タイトルも何か似てるし・・・(泣)

ロンドン貧乏生活「ドラゴンデン」
↑挑戦者に対して、否定的なことばかり言うピーター。でも、カッコいいので許します。
スーツが似合う人が、日本よりも多い気がする。スーツ好きには、たまらない環境です。


East Enders
http://www.bbc.co.uk/eastenders/

1985年から始まったテレビドラマ「East Enders」。
東ロンドンに住む人たちの生活がコンセプトのドラマです。
日本と違うのは、毎回の放送で、内容が展開しまくるってことでしょうか。
新しい人が現れたなあと思ったら、いざこざの末、死んでしまったり・・・(泣)
全体的に「ハッピー」とは言い難いですが、ごたごたした内容は、
一回見ると病みつきになってしまいます・・・・。

最初のうちは「演技も微妙だし、内容も暗いし。ハマるもんかい」って思ってたんだけどねえ・・・

ロンドン貧乏生活「イーストエンダーズ」
↑これまたスーツの似合うルーカス。現在は、彼の話が中心です。
明日が楽しみだ・・・・。内容的には昼ドラの香りが強い・・・
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/09/07(Mon)

【相違点】最後のバーベキュー?

【酒なしでも楽しめる】
昨日は友達の家でバーベキューでした。

今回は日本人の友達が帰国するということで、
その送別会も兼ねて・・・ということでした(泣)

ロンドン貧乏生活「バーベキュー」

すげー肉の量!
でも、これでも半分。同じだけの量の肉が、もう一皿・・・(泣)
そして、豚肉も同じだけの量が・・(泣)(泣)
ベジタリアン気味の私には、つらい光景です・・・(泣)(泣)(泣)

ちなみに、こちらの肉は、日本のような「薄切り肉」は存在しません。
なので、男の子が特大の肉の塊を、必死に切っていました。かわいそう。

ロンドン貧乏生活「バーベキュー2」

友達の家には、小ぶりながらもお庭があります。
なので、バーベキューができちゃうわけですねえ。
ただ・・・、ものすごい煙で、部屋の中真っ白。
当然周囲の家にも煙が舞い込むわけで・・・。でも、苦情無し。
むしろ、他の家の住人も加わってくる。日本だったら、大クレームだよねえ・・・

日本人主催のバーベキューなので、日本同様のバーベキュー。
タレは焼肉のタレ、どこから仕入れたのやら高級品のポン酢。
トウモロコシ、たまねぎ、なす、マッシュルーム、美味しかったなあ。

こちらのソーセージは、日本やドイツのように、「パリッ」と感はありません。
食べると「ぐにゃり」とします。きもい。でも、ウマい。
でも、BBQに適してない(私見)。

何か足りないなあと思っていたら、しいたけ、エリンギなどのキノコ類だ!
でもねえ・・・ しいたけって、ものすごく高級品なのよね(泣)

ロンドン貧乏生活[

ちなみに↑こんなにカワイイお客さまもいらっしゃいました♪

イギリスのわんちゃん達は、本当におりこうさんが多いです。
リードなしでも、飼い主のあとについていく。
飼い主に忠実で、道で会っても、愛想をふりまいてくれない(泣)。
この子は、お腹を見せてくれたり、尻尾を振って愛想をふりまいてくれるのですが、
基本、飼い主のことを常に考えています(白いTシャツの人は飼い主)。

これだけ愛してくれると、飼い主冥利につきますよね。いいなあ。
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/09/01(Tue)

【観光】ハムステッドヒース散策

【夏も終わりのようです】
先日書いたとおり、この連休は旅行のはずでしたが、
やむを得ない事情でキャンセルをしてしまったので、
不本意ながら、のんびりしておりました。

のんびりするのは好きなんだけどね。
でも、旅行がキャンセルになったうえでの、のんびりは辛いものです。
急にお誘いしても、さすがに連休なので、ヒマな友達はいるはずもなく。
とりあえず、家からバスで20分程度のところにある、
ロンドン一大きな公園というか広場?のハムステッドヒースに行ってきました。

ロンドン貧乏生活「ハムステッドヒース」
↑水好きの私には嬉しい。池には白鳥やら、あひるやらがのんびり泳いでいます。平和だねえ

ハムステッドヒースの駅のそばには、美味しいクレープ屋さんがあります。
友達によると、フランス人も絶賛していたらしいのですが(本当か?)、
残念ながら満腹だったので、食べることができず。次回にレポートしまーす。

ちなみに、ハムステッドは超豪邸が建ち並ぶ、優雅な地区。
イギリスは階級社会なので、豪華な地域と、そうではない地域の差がとっても大きいです。
日本の格差社会なんて、まーだまだ甘いですよ。

ロンドン貧乏生活「ハムステッドヒース2」

何やら騒がしいなあと思っていたら、この日は「Family Fun Fair」でした。
貧乏人には嬉しい、入場無料! と言っても・・・

ロンドン貧乏生活「ハムステッドヒース3」

ロンドンではよく見かける移動遊園地なので、入場も何もあったもんじゃないんですけどね。
メリーゴウランドや海賊船、ジェットコースターなどがありましたが、
いかんせん安全性については疑わしいばかりです。
事故の話は聞いたことがないので(気づいてないだけかも)、大丈夫だとは思います。
でもね、クリスマスの時期に乗ったジェットコースターで、
走行中の怪しい音が未だ脳裏に鮮やかなので、もう乗りません。

屋台は、日本のものより華やかですよね~。
わたあめ、りんご飴らしきものが売っていたので、なんだか懐かしくなりました。
友達と行ったら楽しいかもしれませんが、今回は一人だったので、
この騒がしさが、より寂しさを誘います(泣)

ロンドン貧乏生活「ハムステッドヒース4」
↑「君も一人かい?」なんて話しかけちゃったりして。この鳥は、尻尾をフリフリしててカワイイのだ。

そういえば、小高い丘になっているところで、凧あげをしている人がいました。
電線など妨げる物が何もないから、凧なんて挙げ放題。
・・・・ただ、残念ながら技術が無いようで、ひたすら走りまくって終わり。
彼らが楽しんでいるところを見ると、イギリスの凧あげは
「凧のようなものを持って、走り回る」が楽しみ方なのでしょうか?ナゾ。

ロンドン貧乏生活「ハムステッドヒース5」

ロンドンの空は、どことなく秋模様。
22時過ぎまで明るかったのに、今では20時ころには暗くなりつつあります。
ああ、夏が終わるのね。そして、あの暗黒の冬になるのね(泣)
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。