• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/09/28(Fri)

あの黄色のベストが着たいのです

渡英した4年前に比べると、ロンドンの自転車通勤人口は増えたように思う。

出勤時間帯ともなれば、一部の地域では自転車渋滞が起きてますよね。
漕ぐのが遅い人だと、後ろの人からイラっとされそうだな。怖い怖い。
ロンドンでは自転車は車道を走らなくてはならないので、
右曲がりの時は、原付同様、道路の中心を走ることになるんだけど・・・ 
どんくさい人がたまにいるので、見ているとハラハラします。

どんくささでは負けられませんが、自家用自転車があれば、
ロンドン市内ならどこへでも行けるように思います。何しろ、狭い町ですから。
そんなわけで、自転車デビューを何度が目論み、
ためしに街中に設置された「ボリス・バイク」で車道を走ってみたのですが・・・

怖いよう・・・ 

イギリスロンドン貧乏生活「ボリス・バイク」

「ボリス・バイク」は、車体がやや大きめなので、バスやトラックが横を通るとき、
狭い道だとスレスレな感じがするんですよね・・・ 徒歩でいい、徒歩で!

とは言うものの、自転車にあこがれる理由は、交通費の節約以外にもあるんです。

イギリスロンドン貧乏生活「ベスト」

この黄色いベストを着て、アタマにヘルメットかぶって自転車に乗りたいー!
すごくダサいけど、ロンドンの多くの人たちは、このベストを着てるんですよ。
何となくルールに従っちゃうあたり、可愛らしいというか、何というか・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ベスト着用者」

↑このような長袖バージョンもあります。夜道で光るから安全ですね~!
ロンドンで自転車デビューはできなかったから、日本で着ようかしら。
どうせなら、カッコいい黄色のベストを買って帰ろう。

そうそう、自転車通勤者が増えたロンドンでは、
2015年に向けて、新たな取り組みが行われています。

その名もSkyCycle!!!!

イギリスロンドン貧乏生活「SkyCycle」

渋滞緩和のため、自転車専用道路を空に作っちゃおう! ということらしいです。
ガラスのトンネルのようですが、真夏だと相当暑くなるのでは・・・

通行料は1ポンド。
おそらく公共交通機関で使用する、オイスターカードが利用できるんだろうな。
バスの1カ月定期が70ポンドくらいでしょ? tubeのzone1-2が100ポンド越えのはず。
1日往復2ポンド、休日を抜かせば1カ月約40~46ポンドくらいかな? 
おおおっ! 主要道路に会社のある人には、ものすごく節約になりますな!
オイスターをイチイチかざすのでは、渋滞しまくるだろうから、
ETCみたいなシステムが作られるのかな? 

あーあ、私もあの黄色いベスト着て、自転車通勤したかったな。
(今はオフィスまで徒歩15分なので、あまり意味がないような気もするけど)

SkyCycleの参考にした記事はコチラ↓
●wired japan
●Dailymail
スポンサーサイト
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2012/09/27(Thu)

体調不良で身動き取れずでした

普段、あまり風邪を引かないし、体調不良にもならないので、
体に変調をきたす場合、ちょっぴりドキドキします。

イギリスロンドン貧乏生活「オリンピックパークその後」

土曜、日曜は元気そのものでした。

オリンピック後なら、オリンピックパーク内に入場できるだとうと思い、
いそいそとストラトフォードまで出かけたくらいですから。
ちなみに、パークは入場禁止です(泣)。たぶん、これから整地するなり、
競技場を解体するなりして、公園として整備したらオープンするのではないかと。

で、日曜日の夜ですよ。
突然の悪寒、そして嘔吐。アルコールなんて一滴も飲んでないのに。
ヒートテックを2枚着て、長袖Tシャツ着て、セーター、フリース、
毛布、布団をかけても寒い。そうこうしているうちに朝を迎えていました。
朝方は37度くらいだった体温は、夜になるにつれて上昇。
最高で39.5度はあったかな? いや~、久々にドキドキでした。

今回は固形物を食べると、すぐに吐いてしまうので、
お米の形が分からないくらいに、とろとろに溶かしたお粥を食べました。
その際に重宝したのが、チューブ式の「ねり梅」と成田空港で買った「しじみ汁」!
やたらと豪華なお粥を楽しむことができました。

梅干しを持って来ても良かったんだけど、液だれが気になりますからねえ。
それに、梅干し好きとしては、瞬く間に食べてしまいそうで。
でも、「ねり梅」ならダイソーで購入できますからね~♪
味気のないお粥も、大変美味しくいただくことができます。

日本米を購入する余裕のない方は、
リゾットライスやプディングライスが日本米に近いのでオススメ!
バスマチでも、ロングライスでも、お水たっぷりで煮込めば、
お粥としての出来栄えは、あんまり変わらないんだろうけど。


★薬について
日本の薬はバファリンしかないので、いつも通り、
パラセタモールとレムシップを飲んでいました。

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのクスリ2」

レムシップはコレです。MAXが一番効き目があるかな。
顆粒状になっているので、お湯で溶かして飲んでください。レモン味でとても美味しい。
すぐに寝ると汗が滝のように出るので、ちょっとの体調不良なら、これで即回復!

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのクスリ]

パラセタモールはコチラです。これは、どこでも売ってます。しかも安い。
日本の「空腹時でも飲めるタイレノール」に処方されている、
アセトアミノフェンのことを、英国ではパラセタモールと呼んでいるようです。

海外の薬って、日本のものに比べると強そうだなあ~と思っていましたが、
アセトアミノフェンって、大人ではなく、どちらかといえば小児用らしいですねー。
だから、「空腹時でも飲めちゃう」ってことなんでしょうけど。
安全性も高く、アレルギー反応以外では、過度に飲みすぎなければ副作用もない。

実は私は、薬の副作用が起きやすい体なのです。
たとえば、バファリンを規定の量2錠飲んで寝ると、翌朝には眩暈で起き上がれない。
時には吐き気、頭痛が起きることも(痛みどめなのに・・)。
でも、パラセタモールは副作用も何も起きないからなあ。有難いことです。


★重症になってしまったら
異国で重症になりたくないのですが・・・ そのようなケースもなくはないですよね。

イギリスの病院は無料ですが、予約が必要なので、
診てもらうまで1週間かかることもあります(悲)。

でも、緊急の場合は、999にコールをすれば救急車を呼ぶことができます。
歩くことができるなら、Walk-inの病院に行くと予約なしで診てもらえるのです!
いつかお世話になりたいなあ、(ブログのネタのためにも)と思っていましたが、
今のところ、その予定はナシ。健康第一ですな。

★★

今回の体調不良は、2日間丸々ベッドに寝ているだけで回復しました。
ただ・・・ 月曜日はしんどかったなあー

大家さんの2012年プロジェクト「屋根裏部屋を作る!」の真っ最中だったんですよ。
彼をリーダーとして、仲間3人が集い、ハンマーで何かをガンガン打ちつけてるわ、
チェーンソーで木材を切る音がするわ、ドリルで壁をぶち抜くわで、眠ることもできず(泣)。

イラっとしたものの、私が咳をする度に、ドアの向こう側から野太い声で「ブレスユー!」。
律儀に何度も返してくれるから、「まあ、いっか」なんて許してしまいました。
※「ブレスユー」は咳をした人に対して、「神の御加護がありますように」的な意味で使われています

大家さんと、その仲間たちがいなくなった後で、部屋の外に出てみたら・・・

イギリスロンドン貧乏生活「屋根裏部屋への階段」

なんと! 屋根裏に通じる階段ができてるではないか!
こりゃ、うるさいはずだよ・・・
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/26(Wed)

イスタンブールで食べた美味しい?もの

世界三大料理のトルコ料理。
むちゃくちゃ、腹いっぱい食べてやるー!と思いましたが、
モスク巡りに専念しすぎて、料理を心ゆくまで満喫することはできませんでした。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物」

前の記事でも紹介しましたが、Taksim広場のすぐそばのファストフードで食べた、
ゴマをまぶしたSimitというパンは、むちゃくちゃ美味しかったなあ。
トマトもチーズもフレッシュで美味しい。パリのサンドイッチより好きだな。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物2」

Simitを肩にかついで歩くオジサンの姿をよく見かけました。
こんだけ積んでると有難みがないけど、ほのかなゴマの香りは食欲を刺激します。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物3」

中心街の観光客向けのレストランで食べたサラダ。
ロンドンでは滅多にお目にかかれないタコ! これは嬉しい。

店に入る前に「サラダだけね。他はいらないからね」と念押ししていたのに、
「肉も食べるだろう?」と引き下がらない店員さん。ここで負けちゃう人もいるんだろうな。
こんなのには負けないので、「いらないって言ってるじゃん。もう帰るから」と言い放ち、
席を立とうとすると、慌ててお会計をしてくれました。強気の姿勢、大事だなー。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物4」

Sultanahmet駅そばの、キョフテ(肉だんご)の老舗専門店、
「Sultan Ahmet Koftecisi Selim Usta」にも行ってきました~。
観光客だけでなく、地元民と見られる家族連れやビジネスマンの姿もチラホラ。

ニコニコ笑顔のトルコ人のウェイターさんがやって来たので、
「まずはビールでー♪」と元気にオーダーしたところ、すぐに悲しそうな顔つきに。
「ごめんね。うちはアルコール販売していないんだ」とのこと・・・。
そ、そうか・・・ イスラム教の教えを守っているのなら、アルコールは飲めないもんね・・・。
観光地のど真ん中にあったから、油断してアルコールをオーダーしてしまった。愚か過ぎる。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物5」

ヒツジのキョフテは奥だったかなあ? 牛のシシケバブ(串焼き)は手前だったかなあ?
どちらも美味しくなさそうですが、どちらもプリっとした食感で美味しかったですよ。
日本人的には、あっさり塩味ってとても親しみ深い。
うお~・・・・ ビールがあれば最高だったのになあ・・・

ちなみに奥の米は、ピラフです!
ピラフの発祥はトルコだったんですよ~。知らなかったな。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物6」

やっぱりビールが飲みたい! ってことで、観光客向けのお店でオーダーしちゃいました。
ひよこマメのフムスは、ロンドンで食べたものよりも豆々しくて美味しい!

イスタンブール大学(?)のそばにある定食屋さんにも行ってきました。
一人でお店をきりもりするおかみさんには、英語がまったく通じません。
ジェスチャー混じりの会話も楽しい! おかみさんの笑顔がステキで、ときめいてしまうわ。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物8」

ランチには、この飲み物がついてきます。
ヨーグルトに塩をふるったような飲み物ね。おかみさんには申し訳ないけど・・・ 
何でも食べる、飲む私は、3口くらいでギブアップでした。海水を飲んでるみたいだ。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物7」

カッパドキアでもおなじみだった、豆?のスープ。
スパイシーなスープって、暑い地域にはピッタリだねえ。日本でも流行るんじゃないかな。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物9」

そして、メインはキョフテの煮込み! ハンバーグの煮込みのような感じかな?
何の気なしに立ち寄った定食屋さんだったけど、ものすごく美味しかった!
ビール飲みたい、ビールー・・・!

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物10」

そして、忘れちゃならない、ターキッシュデライト。
それほど甘くなければ・・・という希望を抱いて食べてみましたが・・・
うん、甘い。やけつくように甘い(泣)。

コーヒー、水をがぶ飲みしても、甘さが残っていました。
甘いモノが苦手な私には酷だったけど、友人はとても美味しそうに食べていましたよ。
私は・・・ うーん、半カケラくらいで十分かな?

そんなわけで、世界三大料理を「心ゆくまで」満喫しておりません。
サバサンドも食べなかったしね・・・ むむむ。

追記)
TaksimにIslak Burger(濡れバーガー)を売るお店があると聞いて、
かーなーりワクワクしていたのですが、発見できずでした。どこにあったのだー
Home | Category : トルコ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/25(Tue)

イスタンブールカードとTaksimから市内中心への行き方!

イスタンブールは観光都市なだけあって、市内の交通はとても充実しています。

ブルー・モスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿、地下宮殿、グランバザールなどの
定番の観光名所は、どれも近くにあるので、徒歩で巡ることが可能ですが、
素晴らしいモザイク画で有名なカーリエ博物館、エユップ・スルタン・モスクには、
船もしくはバスを乗り継いで行かねばなりません(徒歩だと1時間くらいかかりそう)。

イスタンブールの交通機関に乗る場合、駅やバス停にある
自動販売機で「ジェトン」というコインを購入しなければなりません。
確か、2リラちょっとか、3リラだったかな?
小銭を用意するのも面倒だし、自動販売機で購入するのも時間の無駄なので、
私はチャージ式のイスタンブールカードを購入しました。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通2」

このカードを使えば、一回1.95リラ。
同じ公共交通機関での利用なら、2回目は30%引きくらい割引されるのです♪

カッパドキアからの夜行バスが、Taksimに到着するので、
バスターミナルそばの券売所で購入しました。
回数券などを購入する人が列をなしているので、すぐに分かると思います。
分からない場合は、Taksimのど真ん中にあるインフォメーションセンターで聞いてください。
カードは7リラくらいで販売されていますが、初回時はいくらかチャージしておきます。
10リラチャージしましたが、あと2回乗れるくらい余っていました。

★★

Taksimから、ブルー・モスクなどのある旧市街へ行くには?

●乗り換えの少ないルート

イスタンブールカードを購入したら、インフォメーションセンターの隣にある、
階段を下って、フニキュレル(Funikuler)と呼ばれるケーブルカー乗車します。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通3」

このフニキュレル、Taksimとボスポラス海岸沿いの駅、Kabatasを結ぶだけに存在しています。
エアコンが効いていて、とっても快適~♪ と思ったら到着です。慌ただしい・・・

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの路面電車」

Kabatasの駅に到着後、地上に出て路面電車のT1に乗ります。
私たちが乗ったのはラッシュ時だったようで、かなり大混雑でした。
イスタンブール市内は、エレベーターやエスカレーターが少ないうえに、
場所によっては大混雑なので、コロコロのついたスーツケースだと厳しいだろうなあ。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通4」

T1は、Galata橋を走ります。市内の橋には、多くの人がヒマそうに釣りをしていました。
釣りの成果はというと・・・・

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通5」

こーんなにたっぷり! これだけ釣れるんなら、私も一回くらいやってみたかったな。

ちなみに、T1はブルー・モスク、アヤソフィアの最寄駅、Sultanahmetにも停車します。
ホテルの多くが旧市街にあるので、T1の利用頻度は高いんじゃないかな?


●乗り物好きにおすすめのルート

フニキュレルの入り口を背にして、旧市街側に向かって歩いていくと、
T5の停車場があります。このT5、乗りモノ好きの心を惑わせます。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通9」

ほらっ! カワイイ・・・

2両編成なので、とても混雑します。きちんと並んでおかないと、乗れません。
しかも、新市街の人でごった返したハイストリートを通るため、
道を歩く人スレスレに走ります。警笛を鳴らすけど、みんな知らんぷり。怖い。

この終着駅Tunelで降りると、目の前に地下鉄の駅があります。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの地下鉄」

この地下鉄が結ぶ、Tunel駅からKarakoy駅は世界最短と言われています。
「世界●●」と聞いたら、これは見ておかねばなりません(ミーハーなので)。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通8」

T5同様、赤のボディが何とも愛らしい・・・。トルコの国旗も赤がシンボルカラーになってるもんね。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通7」

車体自体もずんぐりしています。
世界最短だからなのか、乗客は観光客が多かったなあ。
混雑しているので、エアコンの効きが悪く、かなり蒸し暑かったけど、
世界最短だから不快感を感じる前に終了。さすが、世界最短!

Karakoyに到着したら、Gakata橋寄りにあるT1のKarakoy駅から乗車するか、
あるいは、気持ちの良い海風を感じながら、橋を渡りきるっていうのもいいですねー。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物11」

橋を渡り切ったそばには、イスタンブール名物?のサバサンドの船が停まっているので、
ここで腹ごしらえをしても良し! 船はものすごく揺れてるけど、スタッフの皆さんは、
「サバ~、サバ~」と呪文のように唱えては、あなたの来店をお待ちしています。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの交通10」

そういえば、イスタンブールカードは、バスにも利用できます。
利用できるけど・・・・

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの渋滞」.jpg

この大混雑なので、なるべくなら避けた方がいいかな?

それに観光名所は中心に固まっているので、ストレスフリーで旅を楽しむためにも、
バスは使用せず、徒歩で巡ることをおすすめしますよ!
Home | Category : トルコ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/24(Mon)

イスタンブールからサビハギョクチェン空港までの道のり

カッパドキア編の後、日本へ一時帰国をしていたため、
イスタンブール編の更新が、かーなーり遅れてしまいました。
すでに忘れていることもあるけど、今後のためにも記録を残しておこう。

日本から、あるいはターキッシュエアラインなどの
格安ではない飛行機の多くは、イスタンブール市内から、
メトロで手軽に行けるアタトゥルク空港を利用しています。

一方、格安航空会社を利用する場合は、イスタンブール市内から、
かーなーり遠いサビハギョクチェン空港になります。
貧乏旅行ならではですが・・・。できれば、今後利用したくないなあ。

★★

イスタンブールから、サビハギョクチェン空港へは、
タクシー、ホテルの送迎、シャトルバルで向かいます。
もちろんシャトルバスがダントツに安いです。12トルコリラ(5ユーロ)。
タクシーは利用してないから分からないけど、確実にシャトルバスより高い。
ホテルからは事前に送迎の案内メールが届いていましたが、
それによると、なんと1人50ユーロ! 意味不明な高さ!!!!

あきれ返ってメールを無視していたら、旅の1週間前に再びメール。
無視してたから、ちょっとは割り引いてくれたのかしら?と思っていたら、
「特別オファー! なんと1人55ユーロ!」
割引どころか値上げ~! もちろん、無視。


さて、貧乏な我々に優しいシャトルバス。
出発場所は、Taksimという新市街にある大きな広場のそばにあります。
広場の一角にあるバスターミナル側に向かって歩くと、
ファストフードが連なる道があります。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの食べ物」

確か、ファストフードの一軒目が、パン屋さんだったはず。
カッパドキアの夜行バスでハラヘリになった私たちは、
ここのパン屋さんで、朝ゴハンを簡単に済ませたんだっけ。美味しかったなあ。

そうそう、このファストフードの並びに、おなじみマクドナルドがあります。
その前にあるバス停が、空港へのシャトルバスの出発点になります。

イギリスロンドン貧乏生活「havas」

Havasは、1時間に2本の間隔で出ています。片道12リラ。
出発後、車内で運転手の助手のような人に支払います。

正確な時間を知りたい方は、Havasのサイトをチェック!
http://www.havas.net/en/shuttle-parking/istanbul-sabiha-gokcen-airport/
※Taksimはサイトの一番下になります。

カッパドキアからの夜行バス同様、車内はとっても快適なんだけど・・・

歩いたほうが早いんじゃないか?と思うほど、
イスタンブール市内は大混雑です。



時間にもよるんだろうけど、予定では1時間30分程度で着くはずが、
まさかまさかの3時間ですからねえ~(泣)。この時点で出発1時間前を切っていました。
やたらと焦って空港に入るも、入口と搭乗口へ向かうゲートでのセキュリティチェックが2回。
トルコ人スタッフの要領が悪いのか、なーかなか進まない。
結果的には、出発20分前に搭乗口に到着でしたが、かなり焦りました~。

シャトルバスは確かに安いけど、時間がむちゃくちゃかかるうえに、
大混雑がいつ始まり、いつ解消されるのかまったく分からない。
運悪くサビハギョクチェン空港になってしまった方は、
少なくとも4時間前には、イスタンブールを出るようにするか、
あるいは前日から、空港のそばに泊まったほうがいいかもしれませんね。


結論。
時間の浪費、精神的疲労を考えると、
多少高くてもアタトゥルク空港がおすすめ! 絶対!
Home | Category : トルコ |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2012/09/21(Fri)

来年から日本在住ですよ!

ながーーーーーーーいこと結論が出せずにいましたが・・・


11月30日付けで退職し、
12月に本帰国します!



理由は、直感が働いたから。
もちろん、何も考えていないわけではないのですが、決め手となったのは直感です。
そういえば、会社を辞めるときも(4回)、イギリス行きを決めたときも、
最終的な決断は、いつもこの直感だったなあ。

直感がずっと働かなかったのは、心も体も停滞していたからなんだと思う。
停滞すると、血も視界も思考も濁ってしまう。
だから、無理やりにでも動いてみました。この春くらいから。

そしたら、9月になっていきなり直感が働いたんですよね。
この感覚は、労働ビザのサポートを受けた時以来だな。長かった。

はたから見たら、ものすごくフワフワした生き方なんだと思うけど、
振り返ってみると、考えて行動するほうが、うまくいかなかった。
最もうまくいかなかったのは、専門学校進学だったな。
だって、通学中につぶれちゃったんですよ。無認可でしたからね。
まあ、あの過去があるからこそ、順境だけでなく、逆境にも強くなった(はず)。
だから、あながち無駄な時間ではなかったんですけどね。



そんなわけで、来年から日本在住になります。
ホントは6カ月で帰国するつもりだったのに、気づけば4年も経過ですよ!

渡英したばかりのころは、「何でこんな国に来ちゃったんだろう」なんて、
後悔ばかりしていました。ロンドンのことが心底、嫌いだったんだと思う。
それがいつの日か、「いいかも」なんて思うようになり、
今じゃあ、旅先から戻ってくる度に、心の底から安堵するばかりか、
「ここが第二の故郷だわ~」なんて思う始末。大好きなんですよ、イギリスが。


でも、それ以上に日本で暮らすことのほうが、今の私には魅力的のようです。


さーて、本帰国まで2カ月ちょっと。


もろもろやりたいこと、行きたいイギリス国内の場所も山ほどあるけど、
大いにやり残して、大いに後悔して帰国しようと思います。
そして、大好きなこの国にちょくちょく遊びに来ようと思います。

4年間続いたこのブログも、あとちょっとで終わりです。
もう少々お付き合いをば。


追記)
帰る前までに、まだ記録として残していない、
スイス、エストニア、ポルトガル、ベルリン旅行を書かなくては!
ベルリンに至っては、3年以上も前のことだから覚えていないかも?
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
2012/09/20(Thu)

接待にドッグレースはいかが?

知り合いが友人らと作った会社が順調らしい。

だんながクビになったとか、大学卒業しても職が無い・・・など、
不況の影響をモロに受けた、くらーいニュースばかりの中、
なんとも喜ばしいことではないか! (←仕事まわしてくれ!)

順調だからなのか分からないけど、ドッグレースのオーナーになるという話を
その知り合いの彼女から伝え聞いた。

・・・ドッグレースのオーナー???

レースのオーナーになるっていうくらいだから、相当な金がかかるんじゃないの?
設立間もない会社が、そんなに多額の金を投資できるの?

と疑問に思ったが、彼らは継続的なオーナーではなく、
1回限りのオーナーになるらしいのだ。
限定オーナーといっても、特典はなかなか見事なものである。

●レース名に会社の名前を入れられる
たとえば、「サトウ観光」なら、「サトウ観光レース」! ステキ!

●トロフィーにレース名が入る
すなわち! 会社名も入っていることになる!

●優勝犬と一緒に写真が撮れる
犬好きとしてはタマラナイ! 抱っこしてもいいみたい♪
(犬のオーナーと仲良しになれば、犬と遊べるかも!)

●レースを観戦するためのVIPルームつき!
美味しいビュッフェ&お酒つき


ゲストを呼ぶことができるので、お得意様に犬好きがいたら
接待の場としても大活躍である(私だったら、契約書に即サインだな)


うちの会社が、イギリスでもっともっと売上を伸ばしてたらなあ。
イギリスの日系企業がお得意様だったらなあ。
会社側にうまいこといって、ドッグレースのオーナーになって、
優勝したカワイコチャン(犬)を抱っこして、頬ずりするのになあ~・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ドッグレース2」

つい最近、BBCでジャック・ラッセル・テリアちゃん(写真の犬種)が、
必至の形相で走っている姿を観たため、妄想は広がるばかりである。

それから4日後。

ドッグレースが終了し、友人経由で優勝犬との写真を見せてもらった。
写真中央にいるのは、小柄なジャック・ラッセル・テリアではない。

イギリスロンドン貧乏生活「ドッグレース」

犬というよりかは、獣といったほうがふさわしい、グレイハウンドの猛々しい姿だった。


テリアちゃんの愛らしい姿を想像してしまい、ゴメンなさい。
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/19(Wed)

5万人からのハッピーバースデイ

べスティバルの初日、木曜日のメインステージはこんな感じでした。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル46」

ライブが行われるのは、2日目の金曜日からなのですが、
クレーンで設営をしている様子を観たときは、さすがに驚きました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル48」

メインステージをどこで観るか?ですが、人口密度の高いステージ近くがイヤな場合は、
ステージ左手がおすすめ! 右手の画面でアーティストの様子を観ることができるし、
遠目ですが、実際のアーティストたちの様子を肉眼で確認することができます。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル50」

べスティバルは、ステージそばでもダイブやモッシュは起こらないので、
人口密度でいえば、前方でも後方でもあまり変わらないかなあ。
しかも、人と人との間にはある程度のスペースがあるので、
転換中であれば、最後のバンドの前でもステージそばに行くことができます。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル49」

ライブの音が後方よりも、直に伝わってくるので、おすすめはやっぱりステージそば!
カメラにうつりたい一心で派手なパフォーマンスをする人たちを観るのも楽しい!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル51」

夜になると、人口密度の高いステージそばでも寒くなるので、
私たちはいったんテントに戻って、ヒートテックを着込んでから良い場所を確保しました。
薄着のイギリス人たちを日本人の私たちがマネしたら、確実に風邪を引いちゃうからなあ。
時間のロスと思いつつも、着替えのおかげで寒さで惨めになることも、
風邪をひくこともなく楽しめましたー! おすすめ!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル56」

今年の1月から、ずっと観たくて観たくて仕方がなかったシガー・ロス。
ライブ中は何度か涙があふれてきましたよ。
これまで音源でしか会うことができなかった彼らの音は、ライブでこそ輝くのですね。
目を閉じれば、アイスランドの荒々しくも優しい大地がよみがえるよ。

来年3月、ロンドンのブリクストンで2日間にわたりライブが行われます。
わたしはもう日本にいるので観に行けないけど、行ける人は是非・・・!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル53」

次がヘッドライナーであることを、ふくろうが目を光らせてお知らせします。
なぜ緑のレーザーなんだろう・・・ かわいいフクロウちゃんなのに。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル57」

べスティバルのしめくくりは、スティーヴィー・ワンダーでした。
さすがに最後ということもあり、ステージ周囲は始まる前から大混雑。
といっても、体がぶつかるような密集度はないんですけどね。
もしかしたら、イギリス人って密集が苦手なのかな? 
電車やバスでも適度なスペースがありますからねえ。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル58」

スティーヴィー・ワンダーのステージは、最初から最後まで圧巻のひとこと。
62歳という年齢を感じさせないパワフルな歌声には、何度も鳥肌が立ちましたよ。

彼は「べスティバルはイギリスのフェスティバルだからなあ」ってことで、
ジョン・レノンの「イマジン」を歌う提案をしたんです。会場大盛り上がり。
そこにいるイギリス人をはじめ、外国人全員が笑顔で大合唱する様子を観てたら、
何だか泣けて、泣けて仕方がなかったな。

そして最も泣けたのは、最後の最後。

「人の誕生は素晴らしい。あなたが思う大切な人に、誕生日を祝う歌を歌わないか」

そして、始まった『Happy Birthday』。


べスティバル最後の日、9月9日は私の36回目の誕生日でした。
会場にいる全員からの「ハッピーバースデイ」。
それらは私ではない、ほかの誰かに向けられているものだけど、
それでも「ハッピーバースデイ」のコトバは、とても、とても嬉しかったな。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル60」

ライブ終了後は、空を花火が彩りました。
花火に照らされた皆の顔は、とても嬉しそうだけど、どこか寂しそう。
4日間の幸せな時間が終わることをお知らせする花火ですもんね。わたしも寂しい。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル61」

ありがとうべスティバル! 最高の誕生日を迎えることができたよ!


追記)このブログを読んでくれている母親へ。
スティーヴィー・ワンダーのこの日のセットリストを紹介します!

How sweet it is
Higher Ground
The Way You Make Me Feel
Never Dreamed You'd Leave in Summer
My Cherie Amour
Don't You Worry 'bout a Thing
I Wish
Signed, Sealed, Delivered I'm Yours
New York State Of Mind
Sir Duke
For Once in My Life
Imagine
Do I Do
Superstition
I Just Called to Say I Love You
Isn't She Lovely
She Loves You
What's Going On
Happy Birthday

素晴らしかった! ただそれしか言えないや!
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2012/09/18(Tue)

べスティバル2012年の仮装テーマはWildlife!

べスティバルの期間中は、飽きるヒマがありません。

道を歩いていれば、素敵な音楽がクラブから流れてくるし、

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル35」

年度ごとに異なるテーマに準じて、本気の仮装をしている人を見かけるからねえ。
これはバッタのロボットかな・・・ ダンボールで作ったのかしら・・・

べスティバルでは、土曜日に仮装コンテストが行われます。
期間中を通じてコスチュームに身を包んだ人を見かけますが、
コンテストが開催される土曜日は、やっぱり異様に盛り上がります。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル36」

セキュリティの人たちも張り切ってコスプレしていましたよ! ゆるい・・・!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル37」

ミツバチ、ダチョウにまたがるサラリーマン、そしてキリン・・・。
キリンの仮装は多く見かけましたが、彼のキリンは首が異様に長かったです。
どのくらい長いかというと・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル38」

このくらい・・・ 写真左側に通常の長さ?のキリンがいます。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル39」

何らかの選考をくぐり抜けた人たちは、特設ステージでアピールすることができます。
エイの仮装が一番かわいらしかったなあ~。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル40」

暑さでグッタリしているゴキブリのお二人。仮装でも異様な不気味さがあります。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル41」

ノアの方舟をテーマにしている団体。
動物の仮装をしている人を舟に入れては、ぎゃーぎゃー騒いでいました。
これはこれで楽しそうだったけど・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル42」

ライブ中は、ものすごく邪魔です!
私は箱舟から、少し離れたところにいたから良かったけど、
すぐ後ろにいた人は、ステージは何も見えないんじゃないかな・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル43

ライブはステージそばで観ていましたが、気づくと周囲は仮装している人ばかり。
べスティバルは本当に楽しかったけど、唯一の後悔は仮装をしなかったことだなあ・・・
来年以降、べスティバルに参加される方は、ぜひ仮装の準備を! 一体感、半端ないですよ!

おまけ)

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル44」

ケンタウロスの仮装をしている人。トイレに近い場所で・・・ま、まさか!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル45」

後ろ脚を置いてちゃった・・・(泣)
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/17(Mon)

とっても広いべスティバル会場を巡ってみよう!

べスティバルは、ワイト島内中心部の広大な公園の中で行われます。
どのくらい広いかというと・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル20」

私の立っているところは、会場を見渡せる場所なのですが、これでも全体ではありません。
写真左奥の緑地の前が駐車場兼キャンプサイトから、写真手前のメイン会場まで、
徒歩約30~40分程度でしょうか。そして、更に写真手前には、
ボリウッドエリア、フォレストエリアの2つのエリアがあるのです。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル21」

こーんなに広いから、5万人以上がかけつけても、ライブ会場以外なら、
寝そべって昼寝をしたり、レジャーシートをしてピクニックもできるのです。
日中は太陽が照りつけるため、やや暑いのですが、木陰に入ったり、
人が少ないフォレストエリアに行けば、半袖ではヒンヤリするほど。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル22」

食べ物の屋台、バーは十分すぎるほどあります。しかも良心価格!
コスチューム用のお店も多く、軒並み賑わっていましたよ。
寒い夜なら着ぐるみもいいけど、日中は見ているだけでも暑そうだったな・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル23

タイムスケジュールは、よくフリーズするアプリかグッズ売り場で購入しなければなりません。
8ポンド・・・ 高いなあと思いましたが、ロンドンでおなじみのキツネがデザインされた
エコバックはもちろん、パンフレットもカワイイ。これは良い自分のお土産となりました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル24」

会場内には大小さまざまなステージがありました。
ステージそばには、たいていバーが併設されているんです。
音楽に酒、そしてピカピカの良い天気。なんて素晴らしい組み合わせだろう!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル25」

こちらは若手バンドが登場するステージ。フォレストエリアに設置されていました。
バンド側にとっては、フェスティバル連続出場のための登竜門のようなもんなのかな。
メイン会場から離れているものの、やや高台にあるので、夜景がとても美しかったですよ。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル26」

もちろんライブステージだけでなく、クラブもあります。
メインステージの終了が0時~1時ころですが、クラブは3~4時まで。
寒くなったらクラブに飛びこみ、ちょっと踊れば汗だく。
休みたいなあ~と思っても、良い音楽が常に流れているから踊らずにはいられません。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル27」

すべり台や観覧車、サーカス、占い小屋のあるエリアです。子ども連れに嬉しいですね~!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル31」

バイクパフォーマンスは迫力たっぷりで面白かったなあ!
小さなころ、両親に連れられて行った戸塚のサーカス小屋で観たような覚えもあるけど、
原付や車を運転することを覚えてから観ると、改めて技術の高さに驚くばかり。
イギリス人たちも拍手喝采、指笛でパフォーマンスに応えていました。

このパフォーマンスは無料ですが、最後にチップを投げ込みます。
感動したから、もちろんチップを投げましたよー! いやー、ビックリした。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル32」

会場内の至る所で、大道芸人(?)の皆さんが自らの腕をふるっていましたよ。
この人は折り返しの時にバランスを崩して、ロープから落ちてしまいました・・・
大道芸人でも失敗はあるのか・・・(当たり前だけど)。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル28」

メイン会場のすぐそばには、ボリウッドエリアがあります。
頑張って作ったんだろうなあ~・・・というべスティバル側の意欲は感じますが、
それぞれのキャラクターが微妙に西洋風。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル29」

ボリウッド会場内では、インド映画のようなBGMが流れていると思いきやレゲエでした。
ゆらーりと踊っている人や、暑さから逃れてきた人たちが、でろーんと寝そべっていたりで、
ものすごーーくゆるい雰囲気が漂っていました。良いです、とても。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル30」

会場のすぐそばでは、ボリウッドダンス講習会が行われていました。
すっごく真剣なんだけど、まったく踊れていない・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル33

一緒に行った友人が水タバコ未経験者だったので、のんびりできそうなテントで
寝そべりながら水タバコを1時間ほど楽しみました。そよそよ吹く風の気持ちいいこと!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル34」

野外で行われる音楽フェスティバルの楽しみの中心は、もちろんライブやクラブなんだけど、
晴天の中で飲むビールの美味しさ、植物の匂いをかぎながらのうたた寝のような、
仕事に追われる日々とは違った、非日常的な時間こそがフェスの楽しみなのかもなあ。

べスティバルにお客さんは、20代、30代の若者が中心ですが、
家族連れ、40~50代の中高年、そして時には60代のご夫婦の姿も見かけました。
それぞれの世代、ステータスで楽しみ方、要望はさまざま。
それらすべてを叶えるとしたら、やっぱりこれだけの広さになるんでしょうね!

追記)会場は本当に広いので、オシャレな靴は不向きかなあ。
スニーカーやトレッキングブーツでもいいかもしんない。
ライブを観ないときは、ビーチサンダルがおすすめ!
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/14(Fri)

テント経験がなければ、ブティックキャンプがおすすめ!

べスティバル会場入りしたのは、13時を回ったころだったかな?

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル8」

昼すぎちゃったけど、早いほうではないかなあ~と思っていたら・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル9」

すでに、こーんなにたくさんのテントが張り巡らされていました。
一体、何時から会場入りしてるの・・・ 

私自身、空港野宿、同室者全員男だったドミトリー、
泥酔者&ドラッグやりすぎの人しかいなかった某都市の安宿などなど、
安眠の困難な環境で寝た経験は多々あるものの・・・
テント宿泊には抵抗がありました(テントを張れないことが一番の理由)。

それゆえ、ブティックキャンプサイトを予約。
お金はちょっとかかるけど、テントを購入したり、現地で組み立てる必要もないですからねえ。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル10」

ブティックキャンプサイトには、このようなモンゴルにあるようなテントなどが並んでいます。
一般のテントサイトと違い、各テントの間にはゆとりがあり、人数も制限されているため、
とーっても静かで、落ち着いています。お金もホテルに泊まるほどではないものの、
テント持ち込みよりもかかるので、バカ騒ぎする学生さんたちには厳しいのかもね。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル19」

お金に超余裕があれば、こーんなに素敵なテントに泊まることもできるんですよ!
私たちはお金に余裕がないので、ブティックサイトの中でも一番安いpodpadsにしました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル10」

安いとはいえ、ソーラーパネルのおかげで灯りがつくだけでなく、
USBによる充電も可能なのです! そのほか、煙感知器もあるんですよー。すごい!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル11」

私たちの小屋はコチラ~。木で造られたベッドフレームにエアベッドが設置されているので、
寝袋さえあればOK! ベッドの下には、十分な収納スペースもあるし、
写真奥には化粧ポーチや小物を置くための棚もあります。快適ー♪

日中の光を室内に閉じ込めているので、夜は多少あたたかいのですが、
2時、3時など明け方近くになると、小屋の中は冷蔵庫のごとく冷え込みます。
どんなに日中の気温が高くても9月。朝晩の冷え込みは必至なので、
ヒートテック、ズボンの下に履くヒートテックタイツ、スキー用の靴下など防寒着のほか、
ホッカイロ、ニット帽、マフラー、さらには毛布があると完璧かな?

そうそう、寝袋は頭がスッポリ隠れるマミータイプが良いです!
わたしは頭が飛び出る封筒タイプだったので、首回り、頭が冷えて寒かったなあ。
ちなみにヒートテックタイツ、スキー用靴下、マフラー、ホッカイロも持って行かず(泣)。
夜中にあまりに寒くて飛び起き、フェイスタオルを首に巻き、
日中着るためのパーカーを着込んで寝ました(泣)。
それでも歯がガチガチするほど寒かったけど、あっさり眠りに落ちました。睡魔には勝てない!

podpadsはメイン会場から徒歩20分と、やや遠くの場所にありました。
「ま、いっか」と思っていましたが、podpads側は不本意だったらしく、
べスティバル開始前に、「いつもはこんな遠くないんだけどっ・・・!」
というような言い訳がましいメールが届いていました。

その結果・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル13」

podpadsタクシーを2台手配してくれましたー! もちろん無料♪
通常、このタクシーは5ポンドかかるので、かなり得しちゃったなあ。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル14」

タクシーに乗るときは、podpadsリストバンドを提示しなくてはなりませんよ!
たらたら歩いている人を横目に、タクシーで快適に通り過ぎる・・・・ 最高でしょ!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル15」

ブティックキャンプサイトには、サイト内だけのメンバーが使用できるバーもあります。
ここではメイン会場にはないローカルエール(美味!)を格安で提供していましたよ。
このバーのお隣には、レストランもありました。パニーニ、美味しかったなあ!
もちろんサイト内の人専用なので、混雑することもなし!

さらにブティックサイトの特典は続きますよ~!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル16」

スタッフが常に清掃してくれる水洗トイレ(写真右)♪

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル17」

さらにはメイン会場にはないシャワーもあるんです!
温水は時間制限がありますが、混雑する朝を避ければ待ち時間ナシで
あったかーいシャワーを浴びることができます。これのおかげで疲れ知らず!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル12」

最後に、podpadsエリアの空撮です。
上から観ると、podpadsって小屋で書いてあることが分かりますね~。芸が細かいな。
ちなみに、黒く円で囲ったところの上から2つ目の小屋に、友人と私は宿泊していました!

そうそう、podpadsではインスタントだけどコーヒー、紅茶、ミルク、
オレンジジュースが飲み放題&クッキー食べ放題。携帯電話も充電してくれます。
メイン会場からは遠く離れているけど、それがかえって静かな環境となり、
夜もグッスリ眠ることができました(寒くて目が覚めたときもあるけど)。

あまりにも恵まれすぎているので、「野外フェスを経験した」とは言えないかな?
でも、デビュー戦としては、これで良かったはず!
来年はいよいよフジロックデビューか!? 
ワイト島とは違って暑そうだから、しっかり体力作りしとかなくてはねー!
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/13(Thu)

べスティバル会場までの道のり

9月6日(木)から9日(日)の4日間、べスティバルを堪能してまいりましたー♪

毎日グッスリ9時間は寝ていたので、疲れもなく快適でした!
べスティバルの感想は・・・ とにかく最高。
UK滞在4年間の中で一番の思い出、いや、一生の思い出になりました。

本題に入る前に、ながーい前置きです(いつも通りか・・・)。
来年以降、べスティバルに参加される方の参考になればいいなあ!


★★

べスティバルは、イングランド南部の港町ポーツマスから
フェリーで15分ほどの所にあるワイト島という小さな島で行われます。

ポーツマス、あるいはサウスハンプトンまで鉄道で向かい、
そこからフェリーに乗るという方法もありますが、
私たちはべスティバル公認のbig green coachという会社で交通手段を確保しました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル」

コーチの出発場所は、ロンドンアイのすぐそば。
バックパックを背負った、いかにもべスティバルな人たちが大勢います。

家を出る前までは「私、ひょっとして荷物多すぎ?」なんて思っていましたが、
べスティバル常連と思われるイギリス人たちに比べたら、小学生のランドセル程度。
彼らのバックパックにはクリスマスツリーのごとく、寝袋、ヤカン、長靴などが取り付けられ、
さらには食料品、カセットコンロ、椅子、テーブル、テントなどを手に持つ始末。
男性に至ってはビール缶のケース2~3箱を抱えていました。すごい気合いだ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル2」

ロンドンからバスに揺られること2時間。ポーツマスの港に到着です!
街中はキレイな感じだったけど、港自体は寂れているような・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル3」

とは言え、海はとってもキレイでしたよ! 
家族連れや老夫妻がのーんびり海沿いを歩いていました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル4」

海の向こうにあるワイト島までは、ホバーボートで向かいます。
ボートに乗るまでは約30分くらい待ったかな? 
見た目小さなボートですが、100人くらいは乗れるはず。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル5」

出発するときには、黒い浮輪のような部分が膨らみます。
ボートの後部に取り付けられた、でかい扇風機のようなものが回転し、
それが動力源になっているように思ったけど・・・ 実際どうなんだろ?
ずんぐりとした形からは想像できないような、早いスピードで海を駆け巡ります。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル6」

ワイト島の港に到着後、シャトルバスに15分ほど乗れば・・・ 会場に到着でーす!

・・・でも、ここからが長かった! 
チケットのチェック、手荷物のチェック(荷物をスタッフさんが触るだけ)まで、
およそ2時間だったかなあ~・・・。むちゃくちゃ暑かったので、やや疲労(泣)。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル19」

ちなみに帰りの会場から、ワイト島の港までのシャトルの待ち時間は・・・
朝8時15分くらいから並び始めて、12時前に乗ることができたから・・・ 3時間以上か(泣)。
寒いだけでなく、途中からは雨も降ってしまったため、全員の顔に悲壮感が漂っていました。

とは言え、つらいばかりではなく・・・

「この4日間シャワーを浴びてなかったからスッキリだぜ!」と言い出す男性やら、

コーチに乗り込んだ人に手を振り続け、相手が気づいたら中指を突き立てては、
ゲラゲラ笑う若者たちがいたり(幼い子のように何度もやるんですよ~。若い)、

クッキーを食べる人を見つけて、「オオー! ファッキンクッキー!(←意味不明)」
なんて興奮しまくる飢餓状態の人がいたり、

「コーチ1台につき70人は乗れる。港との行き帰りで40分、コーチ台数は20台とすると・・・
ファーック! あと1時間30分は待てってことじゃねーか!」とキレる人がいたりと、
なかなか面白かったですよ(ちなみに、彼の計算は大間違いで2時間30分待ちでした)。


もしも、今後べスティバルに参加される方でbig green coachを利用されるのであれば、
なるべく早い時間のチケットをブッキングしたほうがいいですよ!
そして帰りは、たとえ前日に夜遅くまで遊んだとしても、
6時前には起きて、7時前には並びましょう! 
眠くて倒れそうでも、ポーツマスからロンドンまでのコーチで眠れるし、
夜も早くからベッドで寝ることができますよ! 翌日からの仕事も可能♪

ってことで、べスティバルへの道のりでした。参考になったかな?
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2012/09/06(Thu)

本日よりべスティバルですよ!

本日より待ちに待ったべスティバルです!


1月にシガー・ロスの出演が決まった直後にチケットを取ってるから・・・
え~っと・・・ 8カ月待ったことになるのか! 長かったなあ。
長すぎて、つい先日までべスティバルの存在を忘れかけていましたよ。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバルのチケット」

思い出したのは、日本から戻ってきたその日。
べスティバルのチケットが届いていたのですー!!! ぎゃーー、興奮!

イギリスの音楽フェスと言えば、グラストンベリー(今年はお休み)、
レディング&リーズあたりが世界的に有名なのかな?
4年間住んでいながら、実は今回が人生初の野外フェス参加であります。

日本にいたときはハイスタ活動休止前のエアジャム2000に行ったけど、
あれは野外になるのかな・・・? 今、ラインナップを観たけど、
懐かしい名前の数々に胸が熱くなるなあ。青春だったな。

そんなわけで、野外フェス初参加ながら4泊5日ですよ! 
キャンプもしたことないので、何を持って行くべきかサッパリ分かりません。
とりあえず、野外フェスに持って行くべきものをネットでチェックしてみました。

●長靴
イギリスロンドン貧乏生活「べスティバルへ準備2」.jpg

何年か前に友人から譲り受けたハンター!! 一回も履いてないから黒なのに、所々白い。
これって・・・ カビ!? ま、いっかー。どうせ汚れるし。


●洋服とタオル、下着
イギリスロンドン貧乏生活「べスティバルへ準備」

秋深まる今日この頃なのに、半袖&ショートパンツで良いのだろうか・・・・
(36歳になるのにショートパンツか!?というツッコミ無用。祭りだもの。いいじゃない)
一応、着古したユニクロのフリース、ヒートテックなどを持ち込みます。

ちなみにこのTシャツ、タオルは日本のバンドATATAプロデュースです。かわいいでしょ~。

●バックパック
4年間お世話になっている70Lのバックパックがあります。でかい。

●レジャーシート
日本の100均で買って3年間使っていないレジャーシートが2枚・・・

●水
500mlの水を6本購入しました。重いよう。
でも、水があれば顔を洗ったり、体を拭いたりもできそうよね。万能じゃない?

●寝袋
空港野宿の際にお世話になりました。フカフカしてる。

●食べ物
セインズベリーでおやつパンを購入。9月19日まで持つ!
そのほか、チョコレート、クッキー、シリアル。
お腹減ると機嫌が悪くなるからな、私。

●ティッシュ
トイレで紙が無い場合に・・・ 

●ウェットティッシュ&ベビー用体拭き取りティッシュ
シャワーが出ないときのために。ベビー用なら、体に優しそうだよね~

●ドライシャンプー

イギリスロンドン貧乏生活「ドライシャンプー」

シャワーが出ないときのために購入しました、水なしシャンプー!
本当は日本で購入する予定だったんだけど、見つからなかったんですよね。
このシャンプーを使ってみましたが・・・ 単に冷たいスプレーって感じ。
洗浄効果は期待できないようだ。ま、いいんだけど、2~3日洗えなくても。

ちなみに、シャンプーはコチラのメーカーで購入しました。
はじめてロンドンに来たときは、シャンプーを持ち込んだんだけど、
日本とロンドンって水の質が違うから、まったく泡立たないのよね。
このメーカーは良心的な価格なのでオススメですよ~!

●化粧品など
ま、これは必需品よね。晴れたら、まだ紫外線は強いだろうし。


あとは何が必要なのかな~? 無ければ無いで、何とかなっちゃうかな。
それよりも期待が大きすぎて、火曜日から眠れぬ日々!

だってさ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバルのpodpad」

毎日ステキな音楽に酔いしれながら、
こんなにも可愛らしい小屋に宿泊するんですよ! うはあ~。


べスティバルでは毎年フェスティバルのテーマが決められており、
そのテーマに基づいた仮装コンテストも行われます。賞品は来年のべスティバルのチケット♪
去年は宇宙人だったかな? そして、今年は・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場c」

Wildlifeだそうですー! 日本から馬のかぶりモノを持ってくれば良かったよ~。
会場でWildlifeな仮装をしている人を見かけたら、すかさず写真を撮ろうと思います。

これだけでも楽しみなのに、9月になってからは次々と会場の様子がアップされていました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場」

これはメイン会場なのかな? 
テーマがWildlifeなだけあって、巨大なふくろうの絵が描かれていますねー。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場b」

これは・・・ レストランなのかな・・・? なぞ・・・
べスティバルは音楽だけでなく、サーカス、ロボットショウ、コメディ、野外劇場、
占い(なぜ・・・)、マッサージ、美容室などもあるんです! ファミリーでも楽しめそうですよね。
出演バンドのラインナップも素晴らしいのに、そのほかのイベントもすばらしい。
もう何をしていいのやら・・・ 困るやら、嬉しいやら・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場a」

これは・・・ 何だろう・・・
もしかしたら、「Bollywood field」に設置されるものなのかな・・・ 手作り感があっていいねー

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場3」

ちなみにこちらがBollywood fieldのカクテルバスのようです。
このエリアでみんなでボリウッドダンスしちゃうのかな。楽しそうだ~。

そんなわけで明日っていうか今日は早くの出発なので、
無理やりにでも寝ようと思います! 眠れるかなー
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2012/09/05(Wed)

車イスバスケを観てきました!

9月3日(月)に車いすバスケの試合を観に行ってきました!

車いすバスケなる競技があることは知っていましたが、
『スラムダンク』の井上先生が連載されている
漫画『リアル』でどのようなものかを具体的に知るようになりました。

一度でいいから、試合を観戦してみたい・・・!
この長年の夢が叶っちゃいましたよ。しかも、パラリンピックという世界的なイベントで!
試合当日は会社を30分早退し、急ぎ足で会場に向かいました。

車いすバスケの会場は、ノースグリニッジという駅の真裏にあります。
グリニッジ駅の周囲はマーケットや展望台のある公園など、
見どころにあふれているのですが、「ノース」がつくだけで何もない。

・・・という印象は、3年以上も前のお話。

オリンピックのためなのか、やや開発されていました。

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合」

オリンピックパークのあるストラトフォード行きのロープウェイだー!
高所恐怖症だけど興味はあるので、10月くらいになったら乗りに行こう。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場2」

そしてこちらが会場です。駅から徒歩1分くらいかな。

普段は、O2アリーナという名でコンサートなどが行われています。
ここでライブをするバンドは、コールドプレイやレディオヘッドなど、
チケットがすぐに売り切れちゃうような知名度の高い方たちです。
お値段もそれなりにするので、一度もコンサートのために足を運んだことがありません。
(パラリンピックのチケットは15ポンドくらいでした。安い・・・)

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場4」

会場内はこんな感じです。
レストランや映画館なども併設されているんですよ! 素晴らしく広く快適~♪
試合を観戦する人たちでごった返しているかと思いきや、人もまばら。空いています。

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合7」

座席は早い者勝ちなので、ゴール裏の最前列に陣取りました。

1試合目のトルコ対南アフリカ戦から興奮ですよ! 
一番前だから、車いす同士がぶつかる音、選手たちの怒号が間近に聴こえるのです。
ゾクゾクするほどに激しい! こんなにも迫力あるものだとは思いませんでした。

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合8」

2試合目はアメリカ対スペイン。
(写真は試合前に入念にアップするアメリカの選手)

バスケの本場アメリカなだけあって、1試合目のトルコ、南アフリカはもちろん
実はバスケ強国のスペインですらも弱く見えるような、圧倒的な強さでした。
「ああ、あの人はリョータタイプだよね」なんてつぶやいてみるも、
一緒に行った友人は『スラムダンク』を読んだことがないため(!)、むなしい独り言(泣)。

1試合目以上に激しいぶつかりあいあり、点の取り合いありで、かなり面白かったです。
ルールをもっと勉強しておけばよかった・・・!

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合10」

ハーフタイムなどでは退屈になっちゃうかなと思いましたが、
MC役の人が会場にウェーブを起こしたり(しつこいくらいにウェーブが続くのです)、
YMCAやマカレナ(懐かしい!)など、踊れる曲を流したり、
会場の人を巻き込んでダンス・コンペティションなどを行ったりと、
楽しませる企画が随所にもりこまれていました。

それだけでなく、ファウルなどで試合が一時止まっているときも、音楽が流れたりするんですよ。
集中力が切れちゃうんじゃないの?と思いましたが、そんなの杞憂ですね・・・
だって、彼らはプロだもの・・・。集中力が切れるのは、私たち観客なわけで、
いつまでも試合を楽しむための配慮が、音楽や合間合間のエンタテインメントなんでしょうね。
これってロンドンだけなのかな? それとも、日本はもちろん世界各国の常識なのかな?

約4時間の観戦は、本当にあっという間でした。
オリンピックもパラリンピックもロンドン在住なら、いくらでもチケットを取れたのに・・
なぜ取らなかったんだろう・・・! 後悔は滅多にしないのですが、今回ばかりは後悔の嵐!

次回のオリンピック&パラリンピック開催地、ブラジルにお住まいの方は、
出来る限り多くの試合を観戦されることをおすすめします!


追記)
パラリンピックの競技は、どれも初めて観るものばかり(テレビだけど)。
バスケはもちろん、ラグビー、柔道、水泳、陸上は毎回度肝を抜かされます。
人間には限界なんてないのかもしれないなあ・・・
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/04(Tue)

一時帰国はやっぱり楽しい(2)

成田空港で日本の高温&多湿な夏にしばしの間くじけていましたが、
やっぱり日本での休暇は心躍りますな。

普段は、成田空港から藤沢駅行きのシャトルバスに乗るのですが、
今回は京成バス提供の東京シャトルなるバスに乗ってみました。
東京駅で乗り換えなきゃいけない手間はあるものの、
9月30日までデビュープライス800円(!)だったらねえ・・・ 乗るよね。

バスは東京駅八重洲口に停車します。
降り立ってみて、まず最初に驚いたのは、4年前まで勤務していた会社のビル。
あーーーんなに巨大で、最新ビルだったとは・・・私は何て所に勤務していたんだろうねえ。
今や元車工場を改装した、エアコンもない小さな小さなボロオフィスだもの。
ま、でも、地に足のついた今のビルの方がいいかな(負け惜しみではなくね)。

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国4」

さて、自宅のマンションに到着すると、↑このような貼り紙が。

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国5」

うおっ! ミドリガメ!!! 大きい!!!!
カメの彼(?)には申し訳ないけど、なんだかほのぼの・・・。
廊下にいるってことは、誰かの家から逃走したんだろうけど・・・ 逃走できるものかしら?
(2日後くらいには、カメは飼い主の下に帰っていきました)

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国6」

日本滞在時には、両親と箱根に行きました。
まさかの濃霧に怯えるドライバーの父親。駐車場で待機している間にも、濃霧は晴れることなく・・・
低地よりも涼しいといいね~なんて話していましたが、寒すぎました。くちびるが紫になるレベルね。
昼ごはんに食べたあったかいお蕎麦は、涙が出るほど美味しかったな(泣)。

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国8」

ロンドンで出会った友人とは代々木ビレッジなる、それはそれはオシャレな場所に行ってきましたよ。

code kurkkuというレストランは、京都屈指の人気イタリアンレストランの
オーナーシェフ・笹島保弘という方がプロデュースしているようです。有名な人?
日本のイタリアンって本当に美味しいから、是非食べてみたかったけど・・・
お値段がぶったまげるほど高いので(私からしたら)、お隣のバーを予約してもらいました。
敷地内のパン屋さんも美味しそうだったなあ~

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国7」

夏ということで海にも行きましたよ! 逗子海岸~。実は初めて。
実家に近い江の島や鵠沼海岸は、夏ともなれば大混雑なのに、
逗子って空いてるんですね~。客層も湘南と違い、どことなく落ち着いてる。
来年の夏は逗子海岸で海水浴だな。そのためには、今からシェイプアップだ!


そうそう、今回はライブに2回も行ってしまった!
ひとつは10年来の友人のライブで、もうひとつは帰国の度に行ってるATATAというバンド。
クラシック、ジャズ、オペラなど、音楽だったら何でも聴く&観る雑食な私ですが、
バンドのライブっていうのは、最も興奮しちゃうんですよね~。



彼らの曲「Star Soldier」のPVをロンドンで観て、何度涙したことか・・・。
何となく郷愁の気持ちをかきたてられてしまうのですよ(だから、普段は聴かない)
ライブでこの曲をやったときは、目頭が熱くなったなー(泣)。


日本を出発するときは、家族が最寄り駅まで車で送ってくれるのですが、
今回は父親が仕事だったため、一人タクシーに乗り、大船駅まで行きました。
朝5時25分の成田エクスプレスだったから、朝は大慌てで別れのあいさつもままならず。
でも、それで良かったのかもしれないな。

またすぐ会えるのに、別れのあいさつって何だか変だもの。
またね、日本。またすぐに会おうね。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/03(Mon)

一時帰国はやっぱり楽しい(1)

ただいま、ロンドン!
・・・と言っても、1週間前には戻っていました。

日曜夜到着で、翌日からしっかりお仕事。
時差ボケはしないので、ヨーロッパ旅行よりも移動中にしっかり眠れる分、
日本から出社(?)したほうが、体に疲れは残りませんな!

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国9」

普段のヨーロッパ旅行は、いざという時に全力疾走可能(重要)な
バックパックか肩がけの小さなバッグですが、一時帰国ともなれば話は別。
日本の食材、100均で仕入れた日用品、
不思議なたるみがなく、体にフィットする日本の洋服などを
スーツケースに詰め込んで持ち帰るのだ! パッキングすらも楽しい♪ フフフ。

ちなみに私のスーツケースさんは、前回の帰国の際、
2か所あるうちの一つのカギを破壊され、ベルトを紛失され、
右側面をベコベコにへこまされるという重体っぷり。

新しいスーツケースを買っても良かったんだけど、ガムテープで巻けば使えるので、
今回も出動と相成りました。バスや地下鉄で子どもや大人から二度見されるほど、
なんだか貧乏くさいスーツケースですが、これはこれで盗難に遭う心配が無いので良い。

今ではほとんどないと思うけど、かつては、トランジットの際、
空港職員によってスーツケースの中身を盗まれることが各国であったようです。
たまーに、ラップでグルグルに巻かれたスーツケースを見ますが、
これって盗難防止のためにやってるんだろうなあ、たぶん。

ガムテープ・スーツケースもラップ巻き同様の効果があるんですよ。
鍵の部分にガムテープを貼り付けておけば、誰かが開けたとしても
しっかり証拠が残るわけです。ガムテープ・スーツケース最高!

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国」

さて、今回の飛行機はアリタリアでした。
出発時間は朝の6時40分。つまりは4時40分には空港にいなくてはならない(規定上は)。

ヒースローターミナル4に23時30分ころに到着し、空港内のベンチで寝る予定でしたが・・・ 
寝るのに適したベンチ(手すりのない6つ席が連なったもの)は既に先客が(泣)。
そこで予定変更して、24時間営業のEATというカフェのふかふかカフェで仮眠を取ることに。

4時頃に目が覚め、改めて自分の荷物の重さをはかったところ・・・ 
驚異の28キロ! 8キロもオーバーしてる!!

我ながら意味不明。何を詰め込んだというのか。
その場でフリーマーケットよろしく、スーツケースを開け、手荷物用のバッグに移動開始。
とは言え、所詮は手荷物。ギュウギュウに詰め込んでも、8キロもの荷物なんて入るはずがない。

かなりいびつな形になった手荷物を携え、カウンターに並んだところ、
「あら? あなたちょっと重いわね(22キロ)」というごもっともな指摘。
「こ、これはっ・・・!家族への土産が・・・!母が誕生日なの(←これはホント)」
と、しどろもどろに答えてみたら、「ふーん。いいわ」との答え。
つまり、超過料金ナシ! やったあ~! アリタリア、大好き!!!

なーんて、喜んでみたけど、いざアリタリアに乗ってみたらローマ行きも、
日本行きも空席が目立つ。だから超過を許してくれたんだなあ・・・ 運が良かった。

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国2」

アリタリアといえば、機内食が少ないことで有名です。
これは朝食ではなくディナーなのです(悲)。しかも美味しくない。
まあ、安いからね・・・・ 仕方が無いよね・・・

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国3」

ぶうぶう文句言いながらも、赤ワイン、白ワイン、そしてビール2杯も飲んじゃったけどね。
おかげで日本までの12時間、ほっとんど寝ていました。長距離フライトは寝るに限るねー!

イギリスロンドン貧乏生活「2012年一時帰国10」

朝食もスナックも食べまくっていたのに、日本入国後すぐに買っちゃった。
ずーっとずーっと食べたかったツナマヨのおにぎり!
後ろからビニールをはがしてしまったので、ノリが真っ二つになってしまい、
不格好なオニギリだったけど、美味しさは変わらず。
ああ、日本に帰ってきたんだなあ~なんて120円で感激してしまいました。


いやー、それにしても到着直後から、高温&多湿であっという間にくじけてしまった。
4年ぶりの日本の夏とは言え、スペインの灼熱の夏を味わっていたから、
何とかなるかなと思っていたんだけどね・・・ 多湿は厳しい・・・!
今思い返してみると、日本では一度も靴下を履かなかったわ・・・
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。