• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/05/14(Sat)

禁酒せざるを得ない!

北欧は「物価が高い」というイメージがあるものの、
アイスランド、デンマーク、フィンランドに行った限りは、
「ちょっと高いけど、気にするほどでもないか」レベル。
でも、ノルウェーではイヤってほどに実感しましたよ。特に、酒。


イギリスロンドン貧乏生活「ノルウェー・オスロ2」

オスロでの最初の食事は、黄色い外観と室内が可愛らしい「Stortorvets Gjæstgiveri」。
たまたま発見したこのレストラン。創業は1700年代とのこと。
ノルウェーの伝統的な料理を出すほか、夜はジャズの生演奏が流れたりと、
良い雰囲気にあふれていました。

イギリスロンドン貧乏生活「ノルウェー・オスロ3」

どことなくアジアな感じのする天井画。
日本語のメニューもあるみたいですよ。知らなかった・・

イギリスロンドン貧乏生活「ノルウェー・オスロ4」

ノルウェーと言えばサーモン!!めちゃくちゃ新鮮でおいしかった!
日本で食べるものは全て世界一だと思ってたけど、サーモンに関してはノルウェーに軍配だな。
ポテトサラダは、大好きなケッパーとセロリ入り。
イギリスのポテトサラダは、マヨネーズが違うせいか日本よりも薄味。
でも、ノルウェーのそれは日本同様、いや、それ以上に美味しかった!

これと水をオーダーして、全部で22ポンドくらい。やっぱり物価、高いな。
ロンドンでランチをする場合、10ポンド以下で十分だもの。

イギリスロンドン貧乏生活「ノルウェー・オスロ10」

夜は港のそばにあるレストランでお食事。
たっぷり汗をかいたので、アルコールを摂取したいところです。

イギリスロンドン貧乏生活「ノルウェー・オスロ11」

暑いから室内よりも、外の席が大人気です。
ビールよりも、ワインやシャンパンを飲んでる人が多いイメージ。
いやがおうにもアルコールへの熱が高まります。が・・・

ノルウェー、アルコール高すぎだよ!

1パイント(約570ml。ロング缶より少し多め)もないビールで8~9ポンド。
グラスワインも同様。ボトルワイン、シャンパンに至っては90ポンド以上!

ちなみにロンドンでは、安いパブで1パイント2~3ポンド。
ワインはボトルで13ポンドから。いかに高いことがお分かりでしょうか?

そういえば、エストニアに行ったとき、
フェリーでやってきた北欧の人たちがビールをケース買いしてた。
「北欧はアルコールがバカみたいに高いからだよ」と
一緒にいた人が教えてくれました。
そのときはピンと来なかったけど、そういう理由なのね。

イギリスロンドン貧乏生活「ノルウェー・オスロ12」

でも、飲みたい誘惑に勝つことができず、ハウスワインをいただきました。
たったこれだけで8ポンド。大事に、大事に飲みました。
(このレストランでは、アルコールを頼むと水がついてきます。健康志向?)

イギリスロンドン貧乏生活「ノルウェー・オスロ13」

やたらと高いワインをちびちび飲みながら、ベジタリアンハンバーグをいただきました。
ベジタリアンバーグは味気ないイメージがあったものの、
スパイスとハーブがしっかりきいているので本当に美味しかった。
白ワインに合うんだな、これが。安かったら2杯目をオーダーしたかったよ(泣)


そんなわけで、滞在中に摂取したアルコールは、このハウスワインのみ。
暑いからビールをグビっと飲みたかったなあ~(泣)
禁酒したい人はノルウェーがオススメですよ!
関連記事
Home | Category : ノルウェー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。