• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/06/12(Sun)

アビーロードに行ってみた

ロンドン在住、約3年になろうとしていますが、
これまで一度もアビーロードに行ったことがありませんでした。

住んでしまうと「いつでも行くチャンスはあるからいいや~」で、
そして、あれよあれよと時間が過ぎ去る。
今回は担当の美容師さんが、アビーロードのそばに住んでいるから、
たまたま行ってみました・・・・という程度です。


アビーロードと言えば、ビートルズのアルバムのジャケットで使用された、
おそらく世界で一番有名な道路。
どこにあるかと言うと、ロンドンの地下鉄「tube」のジュビリーラインの
「セント・ジョンズ・ウッド」駅から徒歩5分程度の場所になります。

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド」

「セント・ジョンズ・ウッド」は、いわゆるお金持ちの人が多く住む、
それはそれは閑静な住宅街にある駅になります。
日本で言ったら、成城になるのかな? 
近代的なマンションはもちろん、昔ながらのビクトリアン調のたてもの&広大な庭、
すてきな洋服に身を包んだ人たち・・・。
バナナや卵を投げてくるような子どもたちが住むエリアとは大違いですね。
(そのエリアに、まさに私が住んでいるのですが ※危険ではありません)

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド5」

これが世界一有名な道路「アビーロード」だ~!
・・・・・どう見ても、フツーの道路ですね。 
実は2010年の12月にイギリスの文化的、歴史的遺産に指定されました。
わたしが行ったこの日も多くの観光客の皆さんが、
カメラ片手にきゃあきゃあ言いながら写真を撮っていました。

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド7」

ジャケット同様の歩き方で歩道を横切っているのですが、
これは一般道なので、若干危険かなと思います。
写真左側に見える黄色の球のついたポールは、
歩行者優先のしるしなのですが、観光客がひっきりなしに歩いているので、
ドライバーさんたちはちょっとイラっとしているご様子。

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド6」

バスも走っているので、本当に気をつけてくださいね!

そして、ビートルズが音源収録をしたスタジオ「アビー・ロード・スタジオ」はというと・・・

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド2」

改装中でした。残念。

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド3」

門や柱には、ファンからの書き込みがいっぱいです。

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド4」

右側には、日本人の方のお名前も見えますね~
調べてみると、このスタジオでは『インディージョーンズ』、『Star Wars』、
『エイリアン2』、『銀河ヒッチハイク・ガイド』などの
映画音楽を収録しているようです。

ちなみに、アビー・ロードのそばには大きなクリケット場があります。

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズウッド1」

サッカーよりも、クリケットの観戦客のほうが上品なのかな?
おじさまたちはキリっとスーツを着込み、なぜか頭には麦わら帽。
まあ、イギリスではクリケットって上流階級の皆様のスポーツだったんですもんね。
何しろ試合の休憩時間にはティータイムなどがあるようで。

クリケットの面白さは全く理解できませんが、
サッカーとクリケットのお客さんの違いを観察すると面白いと思いますよ~!

関連記事
Home | Category : ロンドンのエリア・みどころ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。