• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/09/05(Mon)

蒸気機関車に乗ってどこまでも

8月中旬から末にかけて、ノースヨークシャーの荒野一面を、
紫色のヒースの花が覆い尽くす―――
・・・・ってことを聞いたら、行かないわけには行きません。

さて、問題はノースヨークシャーの大地をどう巡るか。
国際免許なし、あったとしても一人でレンタカーを借りると高くつく。
鉄道はヒースが咲く大地を走らない。バスも面倒。
どうしようかなあ~と悩んでいた時に、見つけましたよ!
「North Yorkshire Moors Railway」 蒸気機関車だー!

ルートは様々あると思いますが、参考までに私が選んだルートをご紹介!

●ロンドン→ヨーク/London Midland Trainを利用。6時20分という早朝発ならば片道20ポンド以下!

●ヨーク→スカーボロ(scarborough)/First Trans Pennine Expressで20分くらいだったかな?

●スカーボロ→蒸気機関車の始発駅ピッカリング(Pickering)/ローカルバス128番に乗車

この128番のバスからの眺めが最高なんです!
ノースヨークシャーの穏やかな大地、小さな村々を心ゆくまで堪能できますよ。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング」

さて、ピッカリング。
スカーボロから約1時間ちょっとで到着する、小さな小さな町。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング1」

ハイストリートもこんな感じ。こじんまり。
パン屋さんで買ったハム&チーズサンドイッチが素朴で美味しいの何のって!
カフェには、おばちゃんたちが地元のゴシップに花を咲かせていましたよ。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング3」

お目当ての蒸気機関車が登場ー! カッコいい・・・
ちなみにチケットはホームの中央部で購入することができます。
白髪のおじいちゃんが窓口で、ニコニコ笑顔で出迎えてくれます。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング2」

カッコいいなあ~って眺めていたら、蒸気を吹き出しやがった。
辺り一面、真っ白。一緒に眺めていたオジちゃんも、
面くらった様子で「なんてこった!」って嘆いていました。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング4」

石炭をくべるため、機関車の最前部だけ取り外されます。
煙突部分から黒い煙が出ていますが、走っているときは白い煙でした。
ススだと真っ黒になっちゃうもんね。白い煙は近隣住民への配慮なんでしょうね。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング5」

石炭をくべる運転士さん。お尻が見えていました。
お尻見えてる人って多いよね・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング6」

機関車のロゴ。何だか、いちいちカッコいいなあ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング7」

上から見るとこんな感じです。どことなくレトロな雰囲気が漂っていますね。
気づいたら機関車だけで50枚くらい写真撮ってたよ。
そういえば、でっかいカメラを携えた、外国人版鉄道オタクの姿も多かったなあ。
鉄道にかける想いっていうのは世界共通ですね。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング8」

乗車しました! 中身もレトロです。
レトロって言うと聞こえがいいけど、実に古い、古すぎる。
シートの座り心地もあまり良くないので、
しっくりくるシートを探して、3回ほど場所を移動しました。
1時間以上の鉄道の旅だもの。シートにはこだわりたい。

出発時には、甲高い汽笛を2回。
そののちに白い煙を吐いて、機関車はゆっくりゆっくり加速する。
加速しながら時おり鳴る汽笛の音に、どことなくノスタルジックな気分になったりして。
一人だから余計にしんみり。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング9」

車窓から見る景色は、どれもが奇跡のような美しさで、
でも、もう二度と見ることができないような哀しさで。
それはまるで人生のように儚い。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング11」

寂しくて、せつなくて、でも、それすらも愛しく思えることがある。
集団からあえて離れたくなるのは、そういう理由なのかもしれない。
一人になることで、一人じゃないと実感する。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング10」

木々の向こうに見える紫色の大地が、ヒースの花々です。
大地を埋め尽くすかのように咲くヒース。
単体では決して美しいとは言えないのにね。

イギリスロンドン貧乏生活「ピッカリング12」

この橋が見えたら、蒸気機関車の旅も終わりです。
良い景色を楽しむのならば、進行方向右側のシートがオススメですよ!

次は宿泊地のスカーボロについて書きたいと思いまーす。
ただ、これから3週連続で旅行に行くため、次の更新はいつか分からない!
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • ユキさん!もすらんです。
    いつぞやはロンドンでお世話になりました
    ブログが更新されて嬉しいです~。
    というより元気そうで本当に良かった(^-^)
    少し前までは毎日テレビでロンドンの暴動のニュースやっていたので・・・。
    あんなに楽しかったロンドンが悲しいことになっていて
    すごくつらかったです・・・。

    蒸気機関車、レトロでかっこいいですね!
    さすが本場(?)
    イギリスの景色もちょっぴり懐かしいです。

  • おおお。すっかり返信が遅くなりスミマセン!
    私は本日9月30日時点では、胃がもたれていますが、
    とても元気でございますよ!

    蒸気機関車、すごくよかったですよ!
    のんびりとした旅を楽しむことができました。
    また、英国にいらっしゃる際は、
    北部にも行ってみてくださいねー

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。