• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/09/30(Fri)

海水浴を楽しむんだったらスカーボロ!

ノースヨークシャーにヒースの花を観に行く、
そして、蒸気機関車に乗るというのが今回の旅の目的。

数少ないイギリスの3連休ということで、
どこのエリアの宿泊地も軒並み、ぼったくり価格でご提供中。
普段は男女同室のユースホステルを利用しているものの、
ノースヨークシャーの場合、車がなければ行けないような辺鄙な場所ばかり。
交通の便と、周囲と比べて、良心的な価格のスカーボロに、
仕方なく泊まることにしたのですが・・・

スカーボロ最高! 大好きだよスカーボロ!(ロンドンの次に)

何がいいって、やっぱり海! ブライトンは小石だけど、スカーボロは砂のビーチですよ!

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ5」

キリっと晴れた朝の気持ち良さ! 水着を持って来てなかったことを後悔。
でも、海に入るには、水温も外気温もちょっと低めかな?
スカーボロのビーチはサーフィン、ボディボードをするには
ぴったりの波もあります。地元サーファーたちで賑わっていたものの、
湘南の夏とは大違い。スペースに余裕があります。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ6」

所々にこんな標識があります。
夕方になると、潮が満ちてきて・・・

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ7」

こんな感じになります・・・。砂浜が見えない。
柵につかまって、高波を頭からかぶって、
キャッキャ言ってる子どもや大人の姿がアチコチに・・・。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ8」

夕方以降になると潮が満ちてきて、海遊びはできませんが、
日中はクルージングやヨットで沖に出たりと、何やら楽しそうです。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ9」

観覧車やジェットコースターなどもあります。
イングランド製の乗り物なので、乗るのを躊躇してしまいます。
(移動式遊園地のジェットコースターに乗って、クビがムチ打ちになった経験アリ)

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ11」

ビーチのそばには、荷物を置けるスペースがあります。
ファミリーや若者たちのグループは、このようなスペースを借り、
持参した弁当を食べ、海を眺めながら本を読んだり、
たまに海に入ったりして楽しんでいました。いいなあ~。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ10」

家族の一員、ワンちゃんたちももちろん一緒。
双子なのかな? 同じような顔をして、こちらを見ていました。

スカーボロには、ビーチ以外にも素晴らしい場所があります。
少々高台に面した場所にあるスカーボロ城です。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ4」

城の手前には、このような邸宅がありました。
お金持ちの別荘なのかなあ。海を一望できる、立地条件バツグンの場所!

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ」

こちらが、スカーボロ城です。
12世紀に建造されたものの、第一次世界大戦のときに
ドイツ軍によってほとんどの部分を破壊されてしまいました。
どことなく物悲しい・・・

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ2」

ヘンリー2世の城、スカーボロ城が建立された当時は、
それはそれは大きな城だったんでしょうね。
城の周囲の広場が、それを物語ります。
ぼんやり眺めていたら、真っ黒の大きな(中指くらいの大きさ)ナメクジが
よいしょ、よいしょとスニーカーに登ろうとしていたので、
すぐさまその場を後にしました。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ3」

スカーボロ城周囲には巨大ナメクジが多いものの、
そこからの景色は、実に素晴らしいです。雲一つない空もいいけど、
少しずつ表情を変える雲のある空も好き。心がザワザワする。

時間の余裕がなくて行けなかったのですが、
ビーチ沿いにはスパもあるんですよ!
夏のリゾートは南欧の島々に行かなくとも、イングランドにありました!
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。