• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/10/02(Sun)

ノースヨークシャーで食べた美味しいもの

貧乏旅行と言えども、美味しいものは食べたい。

人との出会いが一期一会であるように、
旅先での食べ物もそうではないかと思うんですよね~。

スカーボロでは、B&Bのオーナーさん夫妻おすすめの
Cafe fishに行ってきました。駅から徒歩約5分、ビーチにも近い。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーボロのレストラン]

Black Sheepという、ノースヨークシャーのビールを飲んでみました。
ちょっとビターだけど、飲み口すっきり。
散々歩き回って喉が渇いていたから、瞬く間に飲み干してしまった・・・
Black Sheep Breweryのサイトでは、オンラインからビールを購入できますよ!)

イギリスロンドン貧乏生活「スカーボロのレストラン2」

お魚のすり身のコロッケとクラムチャウダー。
このクラムチャウダーが、今まで飲んだ中で一番おいしかったなあ!
貝、ロブスターなどがゴロゴロ入ってるから、
これだけでもお腹いっぱいになりそう。
ちなみに、クラムチャウダーってアメリカ東海岸ニューイングランドが発祥らしいですよ。
・・・・イングランドつながりだ!

イギリスロンドン貧乏生活「スカーボロのレストラン3」

画像がボケてしまったけど、ムール貝もいただきました。
ベルギーで食べたものよりも小ぶりだったけど、
うまみが凝縮されている感じ。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーボロのレストラン4」

メインは贅沢にロブスターをオーダー!
いい意味でも、悪い意味でも「素材の味を生かす」イギリス的調理法。
ロブスターのうまみがソースで消されなくて良かったなあ。
ボイルしただけのホタテも本当においしかった!

ちなみに、このロブスターはハーフでお願いしました。
安くなるからハーフってわけじゃなくて、単純にお腹いっぱい。
この時点でビール3杯、ワイングラス2杯だから仕方なし!

★Cafe Fishは、トリップアドバイザーでも高評価ですよ!
こちらのサイトをご覧くださいませー

イギリスロンドン貧乏生活「ヨークのパブ1」

ロンドン行きのバスに乗るため、立ち寄ったヨークでは、
その名もヨークシャーテリアパブに行ってみました。
看板の絵にあるような、日本でもおなじみのヨークシャーテリアは、
ねずみを捕るための狩猟犬として、ヨークで生まれたんですよ!

イギリスロンドン貧乏生活「ヨークのパブ3」

テリアやゴーストなるエールがあります。
ここは、もちろん・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ヨークのパブ2」

テリアエールをオーダー!
グラスにテリアの絵が描いてあるのかと思いきや、
蒸留所のオリジナルグラスでした。残念。
味は~・・・・ うーん・・・ 普通?
ゴーストエールが受賞しているようなので、ゴーストにすればよかったかな?

イギリスロンドン貧乏生活「ヨークのパブ4」

オーダーした食べ物は、スティルトンのサンドイッチ!
スティルトンは、日本ではそれほど有名じゃないかな?
イギリスの青かびチーズです。ブルーチーズよりも癖があるかな?
わたしは癖のあるチーズが大好きなので、ペロリと完食でございます。

癖があるからなのか分かりませんが、過去の調査では、
スティルトンを寝る前に食べると、悪夢を見る確率が上がるようですよ。
そんなバカなと思っていたのですが、帰りのバスではしっかり悪夢を見ました。

イギリスロンドン貧乏生活「スカーバラ12」

Cafe fishのロブスター、クラムチャウダー、パブのサンドイッチもおいしかったけど、
宿泊地のオーナーの奥さんが作ってくれたイングリッシュ・ブレックファストも
かなり美味しかったなあ! 何てことのない料理なのに、
朝からほっこり暖かい幸せに包まれましたよ!
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。