• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/10/03(Mon)

ノースヨークシャーの海岸沿いをめぐるなら

ロンドンのような都会であれば、バス、地下鉄で
おおよその観光地をめぐることができます。

でも、郊外の場合、レンタカーはやっぱり便利。
何度も国際免許を取得しなかったことを後悔しましたよ!
とは言え、一人旅の場合、レンタカーを借りるだけで
お金がかかってしまう。そして、私は地図が読めない。
国際免許を持ってきたとしても、結局は、バスや電車になるのかな?


そんなわけで、免許がなくてもノースヨークシャーの
良い場所をめぐる方法をまとめておきます。
何らかの参考になればいいなあ。

●ロンドンからヨーク:Londno midland 
早めにチケットを取得すれば、片道15ポンド以下。ただし、早朝出発になります

●ヨークからスカーボロ:First Trans Pennine Express
ローカル線なので安い。でも、1時間に何本しかないので要チェックです

蒸気機関車に乗る場合】
スカーボロ駅前のバス停で128番のバスに乗ってピッカリングを目指すほうがいいかな?
ロンドン6時20分発の電車に乗った場合、12時台の蒸気機関車に乗ることができます
たぶん、これが最短だと思います(ロンドンからの場合はね)

●スカーボロ→ウィットビー、ウィットビー→スカーボロ
二つの町を結ぶ電車がないので、93番のローカルバスしか交通手段がありません。
ちなみにハイシーズンの場合、スカーボロからウィットビー行きの乗車率は160%くらい。
約1時間ながら、急勾配に富んだ道を走るので、できればシートを確保したい。
そのためにはバス出発の最低でも30分前には、バス停に並んでいることをおすすめします。

イギリスロンドン貧乏生活「ノースヨークシャーのバス2

車窓からは、このような景色を見ることができます。
午前中のスカーボロ→ウィットビー便は、本当に混雑しますよ~!
のんびり景色を眺めることもできず、ただただ耐えるのみ。しんどかった~

イギリスロンドン貧乏生活「ノースヨークシャーのバス」

ウィットビー近くを流れる川。
小さな漁村として有名なロビン・フッド・ベイも93番沿いにあります。
車があれば、ふらっと立ち寄って、ビーチでのんびりっていうのも良さそう。
ロビン・フッド・ベイそばにはオートキャンプ場もあります。
北海を眺めることのできる絶景ポイントにテントを貼れば、
太陽が昇り、沈み行く様子を楽しむことができそうです。

イギリスロンドン貧乏生活「ノースヨークシャーのバス4」

写真では美しさは全く伝わりませんが、93番のバスは、
ヨークシャーの大地一面が、紫色のヒースで埋め尽くされる場を通過します。
視界に入るすべての大地ですよ。すべてです。
すべてがヒースの紫色に染まるのです。
何という力強さでしょう。感極まって、泣いてしまいましたよ・・・(恥)

●ウィットビー→ヨーク:Coastliner(840番のバス)
ノースヨークシャー国立公園内を巡って、ヨークに向かうバスです。

イギリスロンドン貧乏生活「ノースヨークシャーのバス3」

約2時間30分くらいなのですが、ヨークシャーの自然を心行くまで楽しむことができます。
このバスの終点はリーズ。ウィットビーからは3時間30分くらいかかります。
93番と違って2階建てなので、混み合うこともまずないかなと思います。
でも、ハイシーズンの時期は、出発の15分前にはバス停に待機しておきたいですね。


来年のこの時期、私は日本にいると思うけど、
もしも、また英国に戻ってくることがあれば、
大地一面が紫色に染まった景色に再会したいと思う。
さまざまな国に行ったけど、あれほど美しく、
あれほど自然の力強さを感じた場所はなかったよ。
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。