• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/10/09(Sun)

Happy birthday to me!

9月は誕生日でした。

今年は金曜日。仕事をしてもいいけど、有休を取れば3連休。
というわけで、行きたくて仕方がなかったクロアチアに飛びましたよ!

9月上旬のロンドンは、ブーツがちょうどいい位の気温続きでした。
クロアチアにもブーツで行こうかなあ~と思い、
何となくBBCの天気予報をチェックしてみると、
滞在中の気温は、軒並み30度越え。最終日は34度の見込み。
ヨーロッパ南部に位置するクロアチアは、まだまだ、しっかり夏でした。
(緯度的にはイタリアと一緒だから、9月上旬なら暑くて当たり前ですよね・・・)

ロンドンからクロアチアの首都ザグレブまでは、飛行機で約2時間30分。
空港から町の中心地までは、空港前のバス停から約40分(2011年現在では、30クーナ)。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ」

空港からのバスは、このターミナルに停まります。
ザグレブからアドリア海に面したドブロニクなどの地方へ行く場合、
または海外へ行く場合にも利用します。

目の前にトラムが走っているので、ターミナル内のキオスクで、
乗車券を何枚か購入しておきましょう(1枚8クーナ)。
ちなみに、乗車券はトラム、バス共通。90分以内なら乗り放題です。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ2」

黄色い機会に乗車券を入れ、乗車時刻を打刻します。
打刻してないと罰金になるようですが、取り締まる人の姿は一度も見かけなかったなあ。
古いトラムの場合、エアコンがないので地獄のように暑いです。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ4」

新型トラムはエアコンが効いてるし、揺れも少なくて快適~!

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ3」

イエラチッチ広場は、ザグレブ市内の中心地になります。
広場には、えらく美しいお姉さんたちが常駐している
インフォメーションセンターもあります。エアコン完備。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ5」

貧乏旅行には必須のスーパーマーケット。
クロアチアでは一番大きいチェーンなのかな?
街中の至る所にありました。店員さんたちのほとんどは英語が話せないご様子。
すごく不思議だったのは、2.99クーナの水を買ったとき、
3クーナを渡したら、お釣りが返ってこなかったこと。
0.01クーナは1ペンスにもならないから良いんだけど、
小銭のお釣りは返さないってことが暗黙の了解なのかな?

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ6」

ザグレブ市内には、サンドイッチ屋さんが沢山ありました。
平日は6時近くから空いてるんですよ。
出社前の朝ゴハン代わりになってるのかな?

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ7」

サンドイッチ屋さんほどじゃないけど、「caffe bar」なる店もいくつかありました。
デンマーク同様、お酒を飲む場所の様子。明るいうちから飲んだくれてる
おじさんたちでいっぱい。観光客には入りにくい雰囲気があるなあ。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ9」

トラムが通る道路では、一時停止の際は、道の真ん中に車を停めるようです。
業務用車両だけでなく、一般車両も真ん中にドーンと停めていました。
トラムのことを考えれば、ごもっともなのですが、ちょっとビックリ。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ8」

こんな感じのクロアチア語は、まったく理解できませんが、
若い人、観光にたずさわっている人であれば、英語が通じるので問題ありません。
クロアチア語の意味はまったく分からないけど、読み方はドイツ語のように、
ローマ字読みすれば、何となく発音できちゃいそうです。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ11」

私が宿泊した場所は、中心街からも、大通りからも離れています。
1日目は夜遅くまで飲んでいたので、帰り道が心配だったのですが、
どの民家の窓は、写真のように全開だったので、
「ああ、この国は安全なんだなあ」と妙に納得してしまいました。
窓ならまだしも、玄関も開け放しの家を見たときには、さすがにギョッとなりましたが。

イギリスロンドン貧乏旅行「クロアチア・ザグレブ10」

そうそう、朝の番組で「ドラゴンボールZ」がやっていましたよ。
字幕ではなく吹き替え。声優さんがクロアチア語をしゃべってるのかな?
と思うほど、似たような人が吹き替えをしていました。

クロアチアでは、自国でいくつも番組を作ることができないのか、
映画や海外ドラマを字幕付きで放送していました。
中には「これ、70年代?」と思うほど、古臭い海外ドラマもありましたよ。
ちなみに、イギリスで人気のドラマ「ドクター・フー」も
何年も前のシリーズを放送していました。
最新のものを流す場合、レンタル(?)料金が高くつくのかな?

お次の日記では、ザグレブの観光地を紹介しまーす!
関連記事
Home | Category : クロアチア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。