• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/10/27(Thu)

これぞロンドン?ハックニーエリアのマーケット(1)

ロンドンと言えば、マーケットかな?と思うほど、
市内には多くのマーケットが毎週末開催されています。

その中でもお気に入りなのは、ブロードウェイマーケットかな? 
このマーケットが行われるハックニーエリアには、
そのほかにも有名なマーケットが3つあります。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り16」

看板に表示されているように、毎週日曜8時~2時にかけて行われる
コロンビアフラワーマーケット。その名の通り、お花のマーケットです。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り20」

でっかいトラックで、沢山の花を運んできます。
誕生日、クリスマス、お礼など、イギリスでは様々なシーンで、
カードを贈りますが、それと同じくらい花束を贈るように思います。
だから、このようなマーケットがあるのかな?

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り18」

球根3つで2ポンドなのかな? 日本円にすると240円くらいかな?
買ったことないので分かりませんが、安いのかな?

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り19」

もちろん、花や花束も売られていますよ。
このおじちゃんは「5ポンド、5ポンド!5ポンドだよ~!」って
声を張り上げていました。張り上げすぎて、たまに裏返っちゃう。
そのたびに、「へへっ」と恥ずかしそうに笑っていたよ! 見逃さなかったよ!
・・・しかしまあ、金色のネックレス、金色の時計ってねえ~ どうなんでしょ

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り17」

マーケットの至るところでは、バンドの演奏を聴くことができます。
カントリー系の穏やか~な曲を演奏する彼らの周囲には、
にこにこ笑顔の人たちがいっぱい集っていました。
お年を召した夫婦は、その場で社交ダンスを披露。なんだかいいな、この雰囲気。

フラワーマーケットは、お花のマーケットですが、
ここの楽しみは、ストール(露天)沿いのお店にもあると思います。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り23」

ビンテージの食器、家具屋さんがいくつかありますよ。
西側や中心地で買うよりも安い! ただし、欠けてないかなどの注意は必要です。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り21」

日曜の10時~3時30分しかオープンしていない店もあります。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り22」

ホームフレグランス、シャワージェル、香水など、「香り」を扱う専門店。
ちょっと高いけど、ロンドンの記念に良いかも?
ニールズヤードは日本にもあるけど、ここの精油は日本にあるのかな?

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り24」

かわいい端切れの専門店もありました。
絵柄を組み合わせたパッチワークって芸術のようですよね。
この店では、お裁縫教室なるものも開催しています。
やってみたいけど・・・・ 不器用だからなあ。
端切れの詰め合わせは、高いものになると100ポンドを超えるけど、
手ごろなものであれば、20ポンド程度から購入できるみたい。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り25」

エプロン、かわいいなあ。布もカワイイですよね。
我が家の食器棚は、すぐにほこりっぽくなるから、食器にかぶせてもいいなあ~
料理は趣味ではないけど、料理をしたくなるようなグッズがいっぱいでした。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り26」

ひとつ5ポンドの指輪たち。
自分でするわけじゃないけど、見るだけで楽しくなってしまう。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り27」

並ぶの大好きイギリス人たちが列をなしている先には、
カプチーノが美味しいと評判のコーヒー店。
味は普通かなあ。でも、スタバよりも好き。安いし。
ここでカプチーノを買って、ブラブラするのも好き。
ロンドンでは紅茶より、コーヒーのほうが市民権を獲得しているように思います。
田舎のカフェではコーヒーよりも、紅茶かな? 個人的な感覚ですが。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り29」

みんながデジカメやiPhone片手に何かを撮っていたので、
見上げてみたら、店舗の2階部分に写真のような人がいました。
刺繍に没頭しているご様子でしたが、あまりにみんなが騒ぐので、
時おりカメラ目線のサービス。

イギリスロンドン貧乏生活「イースト巡り28」

晴れた日のマーケットは、道端にドスンと腰を降ろし、
マーケットで購入したバーガーを食べたり、コーヒーを飲む人が多いです。
大人も子供もどこでも座って、おしゃべりを楽しむ。
こんなゆるーい時間、すっごい好きだなあ。

ロンドンに暮らす若者たちの今を知るんだったら、
やっぱりイーストがおすすめ。ファッション、持っている物などは、
決して高価ではないけど、自己主張があって良いなと思う。
みんながみんなバラバラだから、他人のことは気にならない。
だから、きっと自分に合うオシャレを分かっているんだろうなあ。

イーストは面白いですよ!
関連記事
Home | Category : ロンドンのエリア・みどころ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。