• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/12/03(Sat)

世界で最も愛らしい城?

11月中旬に友人夫妻に誘われて、リーズ城に行ってきました。

車を持っていない場合、電車→バス乗り継ぎで約1時間30分。
もしくはヴィクトリアからコーチで1時間30分。
電車って近距離のわりに高いから、今まで敬遠していました。
でも、友人夫妻は車持ちー♪ 二つ返事でお誘いに乗りました!

ロンドン南部の友人宅からは、車で約40分。
10分程度は都市部らしく、住宅街が目立ちますが、
20分も走れば、周囲はのどかな牧草地が広がります。
ロンドンだけがイギリスでも異様に都会化してる。
イギリス人が嫌うはずだよね~

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城」

リーズ城です!
この日はご覧の通り、霧が深かったので寂しげに見えます。
とは言え、「世界で最も愛らしい城(by 地球の歩き方)」とは違うような・・・
駐車場から城までは、緑豊かな公園を散歩することになります。

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城2」

落ち葉が秋を現わしてますねえ~。焼き芋やりたいなあ

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城3」

紅葉のグラデーションが美しい。
赤い葉は、燃えるような赤さをたたえているんですよね

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城4」

カモ2ひきがお尻を出しながら、水の中を探っています。
プリプリしたお尻がかわいいなあ

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城5」


イギリスのどんな城、公園に行ってもお食事できるレストランがあります。
味はイマイチの所もあるけど、のんびりできるスペースがあるのは、
観光客はもちろん、小さな子供のいる家族連れには有難いですよね。
このレストランも観光客というよりかは、近場の家族連れが遊びに来ているようでした。
(入場券を購入すれば、1年間フリーパスになります)

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城6」

茹でたロース、ブロッコリー、にんじん、揚げたポテトとパースニップのプレート。
茹でる&揚げるっていかにもイギリスだなあ~。
あんまり期待してなかったけど、とても美味しかったですよ!

そして、リーズ城のお楽しみといえば・・・

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城7」

迷路! ハンプトン・コート・パレスに比べると小規模ですが、
それでも、迷路を見るとワクワクする。

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城8」

かなり高い生垣で作られています。物語の中に迷い込んだような感じですね。
茂みの中から懐中時計を持ったウサギが出てくるんじゃないだろうか・・

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城9」

本格的な迷路だと思いません? 背が2メートル30センチくらいあれば、
生垣の向こうを見ることができそうだけど、まあ、大抵の人は、
ひたすら歩く、歩く、歩くしかありません。
本当に迷いまくって、迷路から出られなくなったらどうするんだろう?

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城10」

そんな心配は御無用!
高い位置から迷路を仕切るスタッフのおばちゃんが、迷った人にアドバイスをしてくれます!
この日は子どもたちが多く、興奮した彼らは迷路内を走る、走る。
そのたびにおばちゃんは、「危ないから走っちゃダメよ!」と大きな声で叱っていました。

イギリスロンドン貧乏生活「リーズ城11」

「この仕事は本当に楽しいわ。でも、中国や日本から来る子たちには、
英語が通じないから困ったものだわ。これから日本語でも勉強しようかしら」
なんて笑いながら言ってました。

霧が深くて、ちょっと肌寒い日だったけど、
おばちゃんのおかげで、ちょっとほっこりしたよ!
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。