• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/12/12(Mon)

デザートも美味しいハンガリー!

たい焼き、白玉など和のデザートは好きですが、欧米のデザートは苦手です。

イギリスのデザートは、アメリカほど甘~く、こってりしてるわけではありませんが、
それでもケーキ一つも食べられない。気持ち悪くなってしまう。
たまにチョコが食べたくなるときもあるけど、1カケラでじゅうぶん。
渡英する前までは、ちょっとは食べることができたのになあ~
デザートよりも酒が好き!なんて可愛げないねえ~

と思っていましたが・・・・
ハンガリーのデザートは、ベツバラでした(嬉)♪

日本よりも、甘さレベルが控え目な気がしました。
デザート自体は、他国と違って小ぶり。それがいい!

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト34」

国立オペラ劇場のお隣にあるカフェ。雰囲気◎ 
デザートのほかに料理も提供しています。
ちょっとオシャレして、ここで美味しい料理を食べてから、
オペラ劇場でバレエ鑑賞したかったなあ~。

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト35」

オーダーしたのは、こちらのミルフィーユ!
パリパリの生地にふんわりとした生クリームをサンド。
苦味のきいたエスプレッソとの相性バッチリ! 夢心地・・・

隣のトルコ人男性2人が頼んでいた、
アイスクリームが乗ったコーヒーも美味しそうだったなあ~

そして2件目はコチラのカフェ!

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト43」

ジェルボーという1858年創業の歴史あるカフェ。
ロンドンに戻ってきてから、同僚がおすすめしてくれたカフェだってことに気付きました・・・。
チョコレートを頼まれていたのに・・・ スミマセン(泣)

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト44」

かつての王室御用達の場なだけあって、内装は非常に豪華(写真では分かりませんが)。
とは言え、大きな広場に面した、いわゆる「観光客が利用しやすい場所」なので、
カジュアルな格好でも浮くことはありません。

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト45」

ボケちゃったけど、ここでオーダーしたのはチーズケーキ!
これね、今まで食べたチーズケーキの中で一番美味しかったんです。
ベリーのソースも酸っぱすぎない。ケーキも甘すぎない。上品な味。
スタッフの皆さんのサービスも素晴らしく良いので、
いつもより多めにチップを置いてきました。だって、本当に素晴らしかったんだから!

ハンガリーのカフェって、ロンドン東部やベルリン、レイキャビックにあるような、
こじんまりとした、アンティークな雰囲気漂うものとは違って、
「豪華な内装」、「優雅」がキーワードのように思います。
もちろん、そうではないカフェもあるけど、それらのキーワードを守るカフェこそが、
ハンガリーならではのカフェなんだろうなと思いました。

料理もワインも美味しい、おまけにデザートも美味しい。
この国、一体何なの!?
関連記事
Home | Category : ハンガリー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。