• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/12/13(Tue)

クリスマス真っただ中でありますよ

10日(土)はかなり良い天気でした。日焼けするレベル。

良い天気とは言え、12月も中旬なので、風が吹くとヒンヤリ。
天気予報によると最高気温は4度だったとか。
そりゃ、ヒンヤリしても仕方ない。
冬の気温にも関わらず、学年に一人はいた
「冬でもタンクトップ男子」のような大人は見かけるんですけどね。
風が吹くたびに、体を縮こませる(防寒のつもり)私の横を、
表情一つ変えずノースリーブで歩く女性(!)。何かが違う・・・

午前中は大好きな東部を中心に巡り、
ランチには、お気に入りのトルコ料理屋さんで、
スズキのムニエル&リゾット(超美味!)+ワイン。
やや飲み過ぎた後、友人と別れ、私は一人中心街に向かいました。


いや~・・・ 行かなきゃ良かったよ、中心街!


どこを見ても人、人、人。
日本では見たことのないような群衆が、あとからあとから押し寄せてくる。
「さあ、プレゼントを買うがいい!」と言わんばかりに、
お買い物ストリートであるオックスフォードストリート、
リージェントストリートを歩行者天国にしてるんです。最悪だ。

その言いつけを守った人々は、でっかい紙袋を抱え、あっちにこっちに右往左往。
そうかと思ったら、突然立ち止まり、イルミネーションを撮影する人が多く、
そんな人を避けるために進路を変更すると、誰かにぶつかる。
何回「ソーリー」を言ったのか、何回「ソーリー」と言われたか覚えてない。

さまざまな国の人が行き交い、英語以外のさまざまな言語が飛び交う。
私はどこの国の、何という名の街にいるのだろうと悩んでしまいます。

イギリスロンドン貧乏生活「ルートマスター」

イベント好きのロンドンでは、歩行者天国にルートマスターを設置し、
その前でアーティストのコンサートを行っていました。
ルートマスターの役割がよく分からない・・・ 

ところで、このルートマスターの他の利用方法をご存知ですか?

イギリスロンドン貧乏生活「ルートマスター2」

結婚式の主役、親族、ゲストを目的地まで運んでくれるのです! 
カワイイブーケと白でテーピングしてありますね~。いいな・・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ルートマスター3」

この写真のように「1+1」と表示したり、分かりやすくハートにしたり、
ウェディングケーキのイラストにしたりと自由度が高い!
日本に帰る前に、私仕様のルートマスターに乗りたい。どうしても乗りたい。

・・・たとえば、leaving partyとしてアイコンは飛行機、
その横は「Good bye YUKI」ってどうだろう? これ、かなりいいかも。
(すでに友人には提案しましたが、あっさり却下。ま、誰も乗らんよね・・・)


話を戻します。
クリスマス真っただ中の中心街ですね。
本当に不況なのか?と疑いたくなるほど、両手にプレゼントを抱えた人が多い。
クリスマスに対する意気込み(プレゼントを用意しなければならない義務感?)は、
日本よりも、はるかに高いように思います。
だから、クリスマスが終わると、一気に腑抜けになります。力尽きるんでしょうね。

さて、土曜日の戦利品はコチラ↓

イギリスロンドン貧乏生活「ルートマスター4」

DVD3つも買っちゃった~♪

すべてBBCの番組。左から『Life』、『the planet collection』、『Last chance to see』。
『the planet collection』は、planet earth、blue planetそしてFrozen Planetが収録されています。
DVD12枚で約40ポンド! これって安いですよね! 
40ポンドでplanetシリーズを心ゆくまで堪能できてしまう。最高・・・

でもね・・・ ウキウキしながらパソコンにDVDを入れたらね?
ゴゴゴゴゴという唸った後、ウィンウィン・・・と悩ましい声を上げ、やがて沈黙・・・。

パソコン、DVDを読みとってくれないのー!

・・・ガッカリ。ガッカリすぎる!
行きたくもない中心街に行って、人の波をかきわけて購入したというのに!
ネットで購入すればいいって? それも考えましたよ。
でも、いち早く手にしたかったんですよ! 自己満足ですよ!

冬はこれらのDVDで楽しむはずだったのに・・・
一時帰国で持ち帰り決定です。荷物の重量が、どんどん増えていく一方だ。
関連記事
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。