• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/12/17(Sat)

日本に匹敵する温泉大国ハンガリー(3)

キラーイ温泉。

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト62」


名前は微妙ですが、日本人女性はだーい好きな温泉だと思う。
何がいいって、40度という日本同様の水温!
そして、ハッカの香りが心地よい、温度設定も快適なミストサウナがあること!

場所は、くさり橋を王宮の丘に向かって渡り、右手に曲がり直進。
バスターミナルが右手に現れた後、5分程歩けば、左手に緑色の建物が現れます。

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト63」

ご覧の通り古いです。1570年築。

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト64」

壁の色、塗ればいいのになあ~・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト67」

建物の裏はこんな感じ。古い。
ゲッレールト温泉とは違い、スーパーのビニール袋に着替えやタオルを詰め込んだ人が、
「ヒマだから来てみたよ」という軽いノリで、湯を浴びに来てるイメージ。
日本でいう銭湯のようなイメージなのかな? じいちゃん、ばあちゃん率も高い。

入場口で愛想の悪いオバちゃんに、入場料金を支払った後、リストバンドをもらいます。
右手の階段を上がった2階部分に更衣室があります。

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト65」

入場、退場の際には、光った部分にリストバンドをかざしてくださいね!

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト66」

ビニール袋を持った私が映り込んでいますが、ここが更衣室。
好きなキャビンを選び、水着に着替えた後、表の鍵をかけます。
貴重品を置きっぱなしなので、ちょっと心配だなあと思っていたら、
ピチピチの短パン姿のオジサンが、どこからか現れ、更に鍵をかけてくれました。

「ノープロブレム!」

だそうです。問題ない!

キラーイ温泉はキャビンから、温泉までがちょっと遠く、
タイルがかなりヒンヤリしています。ビーチサンダルは必須アイテムとお考えください。

シャワーを浴びた後、温泉のあるフロアに直行!
天井の高いドーム式の部屋には、円形の風呂が設置されています。
光は天井の採光窓からのみ採取(電灯もあったかも?)。
柔らかな光と、茶系の壁色がリラックス効果を与えてくれます。

イギリスロンドン貧乏生活「ハンガリーブダペスト68」

公式サイトから拾ってきたイメージ画像。
もっと古くて、もっと暗いですけどね。

この大きな風呂の横に、40度に設定された小さな風呂があります。
ちょっと熱めのお湯。ドキドキして浸かったら、あまりの気持ち良さに、
「ほえ~・・」なんて、情けない声を漏らしておりました(恥)。

西洋人は熱いお湯が苦手だと思っていたのですが、
40度の風呂は大人気で、誰かが出ると、誰かが入るというように、
常に満杯の状態でした。これなら、大きな風呂も40度にしたらいいのに。

ミストサウナも無理のない熱さで、とても快適でした。
何分かじっくりミストを浴び、たっぷり汗をかいたのち、
ぬるいシャワーを浴び、その後、風呂につかる。夢のようだ。
ちなみにハンガリー人たちは、サウナの後、気持ち良さそうな顔をして、
水風呂に浸かっていました。その様子を見る度に、日本の友人を思い出し、
一人で勝手に胸を熱くさせておりました。

私が行った日は、たまたま男女混浴の日だったのですが、
曜日によっては男性限定、女性限定の日があります。
キラーイ温泉の別名、ご存知ですか? 「ゲイの社交場」なんですよ。
アジア人男性は西洋人男性にモテるので、それなりの覚悟をしたほうがいいかも?
混浴の日はカップルは多いけど、とっても平和でございます~。

ブダペストは気持ちの良い温泉と、美味しい食事、デザート、
世界に類を見ない素晴らしい音響環境が整ったオペラ劇場がある街でした。
アイスランド以来ですよ。再訪を猛烈に希望する国は!


追記)
ハンガリーの温泉は以前まで、入浴時に女性にはエプロンを、
男性にはフンドシを配布していたようです。
「リアル裸エプロンじゃん!」と興奮していたのですが、
今はそのサービスもなく、水着を持参しなければならないようです(悲)。
不況の影響がこんなところに・・・・・・
関連記事
Home | Category : ハンガリー |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 偶然にも私も同じ頃(11月末)ハンガリーにいました!
    食事おいしいですよねぇ。ワインおいしいですよねぇ。温泉(ぬるめだけど)いいですよねぇ!!事前知識がなかっただけにお気に入りとなった国です。また行きたい☆その時はおすすめのオペラを見てみようと思います。

  • おお! 同じ時期でしたか!
    食事、本当に美味しいですよね。ビックリしました。しかも安い!
    もしもまた行くときは、是非是非オペラ劇場での鑑賞を!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。