• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/26(Sun)

ロヴァニエミで食べた美味しい(?)もの

ロヴァニエミに到着したのは、朝の10時ころ。

ヘルシンキで電車に乗る前に、びみょうなファストフードで、
びみょうなホットドックを食べただけなので、お腹がぺこぺこです。

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ7」

ちょっと遅い朝ゴハン~♪
カプチーノ、パン、サーモンと何かの種のサラダ+ゴートチーズつき。
サーモンがねー・・・ しょっぱいの何のって!
さらに、ドレッシングも味が濃い。美味しいけど、高血圧になりそうだよ・・・

夏こそ17度近くまで上がるものの、一年を通じた大半がマイナスだからね。
体温が上がるように、食べ物の塩気が強くなるのは仕方がないのかなー・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ8」

スーパーで見たビール。熊がモチーフなんですね。

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ9」

ロヴァニエミ自体は、とても小さな町なので、
駆け足で観れば、ものの2時間もかかりません。
ブラブラしていたら体が冷えてしまったので、カフェで一休み。
私は、「カフェ大好き!」な人ではないので、あんまり興味はないのですが、
一緒にいた友人は「いいねー! いいねー!」とはしゃいでおりました。普通じゃない?

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ10」

それにしても、ロンドンと違って、掃除が行き届いている・・
食器を放置する人もいない・・・ 日本のようだ。
暖かい店内で、まったり話をしているうちに、気づいたら二人とも寝ていました。
ロンドンだったらスリにあってもおかしくない、無防備っぷりですな。

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ11」

せっかく最果ての地まで来たのだから、ロヴァニエミ名物を食べたい!
ということで、現地の料理が食べられるレストランを予約してみました。

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ12」

飾りつけが、とても微妙な店内。
おかしいなあ、北欧のどの国に行っても、雰囲気が良い店ばかりなのに。

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ13」

スーパーで見た、熊のビールがなかったので、
ラップランドの地ビールをオーダー。LAPINは、ラップランドのことだと思う・・
1年も前の話なので、味は忘れましたが、やや苦味が強かったような・・・
ポルトガルやスペインのような、暑い国のあっさりとしたビールがすきだ!

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ14」

お酒が飲めない友人は、紅茶をオーダーしていました。
砂糖とともに、なぜかタップリの蜂蜜・・・。
紅茶に蜂蜜は合うと思うけど、こんなにたくさんの量が必要なのだろうか。

ちなみに、イギリス人のゲイ友は、紅茶一杯にあたり、
スティックシュガー3本投入します。甘すぎる。

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ15」

メインが肉だから、サラダをオーダーしてみたら・・・
ドレッシングが、やけつくように甘い!!!!!!
色的にも、雰囲気的にもバルサミコかと思って食べたから、吐き出しそうになったよ。
いやー、サラダに蜂蜜の甘さがするドレッシングとはねー!
斬新だよ~、斬新すぎて、常人には理解できないよ~。

甘党の友人におススメしましたが、「うえっ!何これ!いらない!!」と却下。
残すのはもったいない! という貧乏根性で全部食べました。

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランド・ロヴァニエミ16」

甘いサラダに、若干気持ち悪くなった後で、ようやくメインの登場でーす!

マッシュポテトに乗ったお肉、何だと思います?
この土地の名物、トナカイさんでーす!

友人は「本当に食べるの・・・? トナカイ、食べちゃうの・・・?」と、
若干、というか、かなり引き気味でしたが、名物を食べるが旅のモットー!
たとえこれが、イモムシ料理だとしても、私は食べるでしょう!

甘いサラダでKO直前にまで、叩きのめされたので、
今度は恐る恐る、口にしてみると・・・


しょっぱーい!!!!!!(泣)

ガードが甘くなったところに、突然の右ストレートですよ。
マッシュポテトも、トナカイも、ピクルスも凄まじい塩気。
私自身、やや薄味派ということを差し引いても、これは驚異的な塩分ですよ。
赤いジャムは、ラズベリーなのですが、これもひどく甘い。

甘いサラダと塩気の強いメインは、ボディブローのように、
私の体をじわじわ痛めつけてくれました。
食べ物を残すことは、滅多にしないのですが、この時ばかりは、
トナカイさんを半分ほど残してダウンでした・・

もしかしたら、シェフが味付けを間違ったのかもしれません。
そのように、心から願いたい・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ラップランドのスーパー」

そういえば、スーパーは沢山の種類のマーガリンがあったなあ・・・ なぜ・・
関連記事
Home | Category : フィンランド、ラップランド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。