• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/28(Tue)

やって来たよ!サンタクロース村(2)

サンタクロース村の敷地内になるのかな? 

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村14」

北欧らしく、ハスキーパークなるものがありました。
犬好きとしては、入らずにはおれませんな!

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村15」

産まれたてのハスキーの子犬ちゃんもいましたよ!
ハスキーって、『動物のお医者さん』のチョビのような、
ずんぐりむっくりした体型の子が多いのかと思いきや、
ハスキーパークのハスキーは、みんなほっそり。犬種が違うのかな?

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村16」

犬ぞりも体験できます。別料金だったので、ぼけーっと見ていたら、
よっぽど暇だったのか、スタッフの男性から「乗らない? タダでいいよ」と嬉しいお誘い!
せっかくだから、ムービーでも撮ろうかなーと思いましたが・・・

早い・・・ 安定が悪い・・・ そして、怖い(泣)

スタッフさんのように、ソリに立って、犬たちに指示を出すなんて無理!!!

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村13」

林のような道を歩き、再び、サンタクロース村に戻ってきました。

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村8」

こちらは、郵便局。
世界各国へクリスマス時期に合わせて、ハガキを送ることができます。

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村補足2」

子どもたちから、サンタさんへ送られた手紙。
ちゃんと届いてますよ~。サンタさん、読んでくれてますよ~。

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村9」

これが、サンタクロース村だけの切手!
日本へハガキを送る場合、確か、1ユーロだった気がします。

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村10」

昨年の3月5日に、日本の実家に向けてハガキを送りましたよ!
クリスマスよりも早い、12月21日ころに届いたようです。

写真で分かるように、ポストには日本語表示もありますね~。
ロヴァニエミでも、ヘルシンキでも日本人を見かけなかったのに、
サンタクロース村では、「ここは日本?」と思うくらい、日本人率が高かったです。

そして、お楽しみのサンタクロースとの対面!

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村4」

彼は、この建物にいるのです。
オフシーズンだからなのか、サンタクロースとの対面は、
並ぶことなく、すぐに叶うことができました。
ハイシーズンだったら、2時間待ちなんてこともあるんだろうなあ。

イメージ的には、ディズニーランドのミッキーの部屋かな?
部屋に招いてくれたサンタクロースは、

「やあ! ようこそ!」

なまりのない・・・、大変流暢な日本語で・・・、私たちを出迎えてくれました(泣)
せめて・・・、せめて・・・、英語でしゃべってください・・・

愕然となった私に、彼はなおも流暢な日本語で話しかける。

「渋谷はすごく混んでるよね」
「僕は味噌汁が好きだな」

やめて・・・! それ以上、しゃべらないで・・・!
叫び声をあげそうになったときに、

「それでは、撮影しまーす」

ややなまりながらも、それでも流暢な日本語で撮影スタッフが話しかける。
・・・ここは、日本???

呆然となりながら、撮った写真がコレ↓

イギリスロンドン貧乏生活「サンタクロース村17」

確か、25ユーロくらいするんですよ。高いですよ。
あまりにショックだったので、意味も分からず購入しちゃいましたよ。

帰り際、サンタクロースは、

「遠くに居ても、いつも僕は君の心にいるからね」

またもや流暢な日本語で語りかけてくださいました。

・・・もう何も聞えない。何も考えられない。


長年の夢は、このような形で叶えることができました。
ロンドンに来てから、沢山の夢を叶えることができたなあ! 本当にうれしいよ(やけくそ)!
関連記事
Home | Category : フィンランド、ラップランド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。