• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/03/18(Sun)

ガストロパブで美味しいイギリス料理を食べよう!

「イギリスの料理はマズイ!」と、したり顔でおっしゃる方がいらっしゃいますが、
それは一昔前のこと。たまに、気絶するレベルでマズイ店もありますが、
そんなのは、美食の町パリでも、日本でも同様でしょう。

イギリス料理と言えば・・・・ 
フィッシュアンドチップス、むにむにソーセージ、フィッシュケーキ??
フレンチ、イタリアンと比べたら、悲しいくらいにパッとしない。
ブロッコリーや、カリフラワーは、ドロドロになるほど茹でるし(栄養分が全部放出されている気が)、
「素材の味を楽しむ」なんて聞こえはいいけど、単に「味がない」だけだったりする。

日本では「フレンチ」、「イタリアン」のレストランをよく見かけるけど、
「イギリス料理」のレストランは、ほとんど見ないですもんね。
あるとしても、パブをモチーフにした、飲み屋さん程度でしょうか。

まあ、それも仕方あるまい・・ と思っていましたが!
ガストロパブに行って以来、「イギリス料理って美味しい!」に転向しましたよ!

おすすめのガストロパブは、ロンドン北部「アーチウェイ」という駅から、
徒歩3分のところにあるSt Johns Tavern

イギリスロンドン貧乏生活「アーチウェイのガストロ」

昨年の夏ころに、外装をリニューアル! とても雰囲気がよくなりましたー!

ガストロパブは、食に興味を持ち始めたイギリス人たちが、
「イギリスの食材を使い、もっと美味しく、もっとヘルシーな料理を、
パブの気取らない雰囲気の中で食べたい!」と考え出したのが始まりのようです。

「食に興味を持つ」というのは、確かにその通りな気がします。
だって、フィッシュアンドチップスも、ソーセージも、サンデーローストも、
あまり工夫がみられないもの(料理ができない私が言うのは、かなり僭越なことですが)。

島国イギリスは、大陸からの侵略者や内戦などで、長い間、
「落ち着いて料理を作る、食べる」ということができなかったため
料理も簡素なものになってしまった・・・ なんて話を聞いたことがありますが。うーん。
だったら、フランスも、イタリアも、同じように戦いの歴史を生きたわけですからね。

話を戻して・・・

St Johns Tavernは、地元でも人気のガストロなんです。
週末のディナータイムともなれば、予約なしでは食事ができないほど!

イギリスロンドン貧乏生活「アーチウェイのガストロ2」

レストラン内は、パブエリアとレストランエリアに別れています。
パブエリアは、通常のパブ同様、自分でカウンターに行き、
お酒や料理を注文する形式。レストランは、着席してオーダー&お会計です。

ガストロパブは、イギリス料理にフレンチ、イタリアンの要素を加えた、
モダン・ブリティッシュ?って言えばいいのかな? そのような先進的なものから、
ほかの国の料理をメインに扱ったもの、オーガニックにこだわったものまで様々。
St Johns Tavernは、モダン・ブリティッシュになります。

イギリスロンドン貧乏生活「アーチウェイのガストロ4」

写真がぶれたけど・・・ これは、マッシュポテトとアスパラ。
ちゃんと盛り付けられている・・・ 写真がブレてるけど、美味しそう・・・

イギリスロンドン貧乏生活「アーチウェイのガストロ3」

下味がしっかりつけられた白身魚も美味しい!
そのほか、イギリスではおなじみラムや豚、チキン、
ちょっとクセがあるゴートチーズを使ったサラダも美味しいです。

店内は、パブよりも家族連れの姿が多く見られ、
「美味しい料理を、気取らない環境でのんびり食べる」という、
ガストロパブのコンセプトにピッタリだなあーと、しみじみ思いました。

日本でもきっと、ガストロパブはウケると思うんだよなあ~! 

St Johns Tavern
91 Junction Road, London
020 7272 1587
★週末のディナーは必ずご予約を!
関連記事
Home | Category : ロンドンのおいしいもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。