• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/04/02(Mon)

KOKOというライブハウス

私の住むエリアから、バス15分ほどの所にKOKOというライブハウスがあります。

最寄り駅は、Mornington Crescent。
ロンドンに来たことがなければ、聞いたことのない駅だと思いますが、
モヒカンやタトゥーまみれの兄さん、姉さんたちが行き交う、
カムデンのお隣の駅になります。マーケットでも有名ですよね。

イギリスロンドン貧乏生活「kokoライブハウス」

Mornington Crescentの駅を出た、すぐ裏側にあるKOKO。
ライブハウスの規模で言えば、ブリクストンアカデミー、HMV forum同等のクラスかな?

今でこそライブハウスとして、その名を轟かせていますが、
そもそもの始まりは1900年。大きなシアターのうちのひとつとしてスタート。
1945年には、BBCのラジオドラマ収録として使用されていましたが、
1972年になると「The music machine」という名で、ライブハウス業を開始。
セックス・ピストルズ、アイアン・メイデン、クラッシュなど、数多くのバンドが出演しています。
ちなみに、AC/DCのBon Scottは、このライブハウスで深酒しすぎて、亡くなったようです・・・

その後、「The Camden Palace」に名を変更し、2004年には大規模修繕を行い、
2005年に「KOKO」の名前で再スタート。マドンナ、コールドプレイ、レッチリなどの
超有名アーティストがライブを行っています。規模的には、日本のZEPPの1/2程度なんですけどね。


前置きが長くなりましたが(いつも通り・・・)、先日、在英3年半にして、初めてKOKOに行ってきました!
「TOWER OF POWER」という、結成42年になるバンドのライブです!!!
結成42年ですよ! 私が産まれるよりも前に、活動しているんですよ! すさまじいほどの音楽愛! 

ライブハウスはオールスタンディング。つまり、良い場所は早いもの順ということ!
往年のファンであれば、オープン前に並ぶはず・・・!
と思い、オープンの30分前にライブハウスに駆けつけてみました。
1番かと思いきや、すでに30人近い人。しかも、年齢層高め。参りました。

イギリスロンドン貧乏生活「kokoライブハウス3」

19時オープンのところ、5分遅れ(←優秀!)で入場開始。
チケットがソールドアウトしていたので、混雑で窒息することを想定し、2階の一番前を確保!
KOKOの壁は、すべて赤で統一されていました。落ち着いた赤色だけど、興奮作用があるよねえ。

オープン直後は、人もまばらだったのに、ライブはじまりの時間には、予想通りの大混雑。
2階からフロアを見る限り、ご高齢のお客さんが半数はいたかな?
身動きが取れそうにないフロアで、じっと待つ彼ら。たくましいなあ。

イギリスロンドン貧乏生活「kokoライブハウス5」

3階、4階はこんな感じ。最前列は人気があるので、早い時間帯には確保されていました。
ステージが見えない人たちは、後ろのほうで、ビールを飲みながら、
気持ちよさそうに踊っていましたよ。それも楽しいな(私は、柵に張り付いて観ていました)。

オープニングを飾ったのは、「the PB Underground」というバンド。
まったく知らなかったのですが、ロンドンのファンク界では有名どころのようです。
とにかく演奏技術が飛びぬけて上手くて、聴かせる。
コーラスの女性は、これでもかってほどに香ってたし。

最近はオーケストラのコンサートばかりだったので、久々のライブに大興奮。
隣にいたスペイン人たちと、興奮しながら、何かを話していたように思います。
お互いのなまりが強すぎるので、たぶん、会話の50%は通じていない。
でも、音楽で楽しくなっていれば、言葉はいらないな~(と思う)。

そして、満を持して、TOWER OF POWER登場!

イギリスロンドン貧乏生活「kokoライブハウス4」

写真一番右。バンドのリーダーであるエミリオ、
そして結成当時からのメンバーである、バリトンサックスのドクは、
ともに60歳を過ぎているのです。それなのに、パワーあふれる演奏を披露してくれましたよ。

イギリスロンドン貧乏生活「kokoライブハウス6」

こんなにも、心が熱くなるのは久々だった。

40年以上もの長い間、何かをひたむきに愛し、自分を捧げることができる。
楽器を演奏するスキルで言えば、おそらく若い人のほうが高い。
でも、音楽って、バンドって、そういうことじゃないんだろうな。
何だか、まいっちゃった。

何かに熱くなれるのは、決して恥ずかしいことではなく、むしろカッコいいことだと思う。
それを笑う人もいるけど、私はそのようになりたくないもんだな。

★KOKO
1a Camden High Street
London NW1 7JE
http://www.koko.uk.com/
関連記事
Home | Category : ロンドンのエリア・みどころ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • コメントありがとうございます。
    私でわかる範囲のことならお答えしますよ。

  • 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 前売りは買ったことがないのでわかりません。
    ライブハウスに直接問い合わせてみてください。
    人気のライブであれば、ダフ屋がうろついていますが、
    高いし、本物か分からないので、おすすめできません。

    ロンドンの夜は、場所によるのですが、
    あまり危険ではないと思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。