• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/04/04(Wed)

ホルストの眠る街・チチェスター

チチェスターというガイドブックには載っていない小さな町へ、友人を訪ねに行ってきました~。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター」

チチェスターまでは、ビクトリア駅から乗り換えなしの1本で行けます。約1時間30分かな?
途中の駅で切り離し作業があり、前から4両目までがチチェスターに行きます。
ぼやっと乗ってた車両が5両目だったので、あわてて移動しました。危ない、危ない。
ちなみに終点は、歴史的な軍港があるポーツマスですよ。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター2」

チチェスターに到着~! ちょっと言いにくい地名ですよね。
この駅を出て、左側に5分ほど歩いたところが街の中心地になります。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター3」

チチェスタークロスという時計台のあたりが、中心地になると思います。
この周辺は昔、市場として発展していたようです。
今でこそ小さな町ですが、昔は水路や街路が集まる交易の中心として機能していたんです。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター4」

クロスの左手には、1108年に完成したチチェスター大聖堂があります。

もともと、この土地には681年ころから聖堂があったのですが、
侵攻してきたノルマン軍が、周囲の小さな町の統一を図るため、
ローマン時代から都市、チチェスターに大聖堂を建設したと言われているのです。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター5」

その後、ロンドンのセントパンクラス駅の建築にも携わった、
建築家ジョージ・ギルバートが改築に携わり、今の形になりました。

イギリスロンドン貧乏生活「セントパンクラス駅正面」

↑こちらがロンドンのセントパンクラス駅です。ホテルになってるんですよ。
ずーっと改装中でしたが、この冬にご立派な姿がお披露目となりました。
オリンピックを狙ってるんだろうなあ。この駅は、ユーロスターが止まるし。

チチェスターに行った日は、イングランド全体がグッと冷え込んだ日でした。
20度過ぎの気温から、一気に10度前後だもの。震えた~!

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター6」

大聖堂内には、世界でも1位、2位を争う譜面がありました。
聖歌隊が合唱する際、後ろにいる人でも見えるように・・・との配慮ですが、
相当分厚いから、気をつけないと譜面台から落下しそうだ。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター7」

そして、この大聖堂には、『惑星』の作曲者ホルストが眠っているんですよ!
彼自身はチチェスターの生まれではなく、チェルトナムというコッツウォルズ近くの町で生まれ、
ロンドンで生活を営み、そして、ロンドンでその生涯を終えているのです。
なぜ、チチェスターで眠っているのだろう???

彼の記念碑は、彼の代表作『惑星』にちなんでいますね。
ホルスト自身は『惑星』だけが有名になったことに対して、ひどく不満をもらしていたようです。
それなのに自らの記念碑には、くっきり『惑星』が刻まれている。
おちおち眠ってられないだろうなあ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター8」

大聖堂の裏には、ガーデンもあるんですよ!
こういう小さな道を発見するたびにワクワクする。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター11」

ガーデンには、リスはもちろん、さまざまな鳥たちが住んでいます。
遠くから撮ったのでボヤっとしていますが、この鳥は、春近くになると見かけます。
可愛いけど、朝早くからチュンチュンうるさかったりもします・・・。
ロンドンって大都会なのに、田舎に住んでいるような気分になる(だからロンドンが好きなんだけど)、

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター10」

とんでもない形の木もあります。
老木への配慮なのか、周囲には優しく包み込むような水仙やチューリップが植えられていました。

イギリスロンドン貧乏生活「チチェスター9」

天気が悪いのは残念だったけど、キレイに整えられた庭を見ると、
やっぱりイギリスってガーデンの国だなあと思うのです。

今回は時間がなくて観られなかったけど、
西暦80年ごろにできたローマ時代の円形劇場の跡もあるようですよ!
毎年の夏には、チチェスター・フェスティバルなる音楽イベントもあるみたい。
時間があれば行ってみよう! ホルストはため息をつくだろうけど、『惑星』希望だな!
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。