• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/04/09(Mon)

無料のWiFiスポット、たくさんありますよ

iPod touchを持ち始めてから、ロンドンは無料WiFiが充実してるなと思うようになった。

割合的に言えば、街中の至る所にWiFiが飛び交っているレイキャビックよりも低い。
回線速度については、ヘルシンキ、ロバニエミ(ラップランド)を結ぶ鉄道内が、
日本を含めて今まで使用した、どの回線よりも早かった。

そのようなことを考えると、ロンドンの無料WiFi事情は、
他国よりも、若干劣っているように感じるけど、
日本と比較すれば、はるかに進んでいるように思う。

そんなわけで、私が知る範囲でのロンドン無料WiFiスポットについて書いてみます~。


まず最初に。
ロンドンで無料WiFiを使う場合、多くの場所ではThe Cloudへアクセスすることになります。
はじめて利用する場合は、メールアドレス、パスワードなどを登録します。
The Cloud経由でWiFiを提供しているのは、コンサートホール、シアターがあるバービカンセンター
コーヒーチェーン店のPret A MangerCaffe Neroかな? よく見かけるチェーン店で言えば。

The Cloudでは、iPhoneやアンドロイド用のアプリを提供しています。
これをダウンロードすれば、オフラインでもWiFiが使える店を調べることができますよ。
一度うちの周囲のWiFi状況を確認してみたのですが、
近場の古いパブやしょぼいレストランにも普及していたので、かなり驚きました。
日本で言うなら、ガード下の焼き鳥屋さん、老夫婦が営業している食堂だもの。


もちろん、The Cloudにログインすることなく、WiFiにつなぐことができる
ライブハウス、クラブ、パブ、カフェ、レストランなどは山ほどあります。
チケット代や入場料、飲食代をWiFi使用料金ってことにしてるのかな?
個人経営のカフェやレストランでは、パスワードを設定している所もありますが、
店員さんに聞けば、快く教えてくれます。

ちなみに、スターバックス、マクドナルドは誰もが知るWiFiスポットですよね。
スタバには電源もそこら中にあるので、大学のそばのスタバには、
コーヒー一杯で、長時間居座って勉強している学生さんもいます。
店員さんがコップを提げても、ずっと居座っている。図太い。

スタバと比べたら、そこそこ美味しいものを提供してくれる、
フランス系チェーン店のカフェ「Le Pain Quotidien」でもWiFiを利用することができます。

イギリスロンドン貧乏生活「ルパン」

すでに日本でも、何店舗かオープンしているようですね。
デザートやサラダなど、お手軽に食べられるものから、お肉、パスタなど主食系もそろっています。
チェーン店だから、どこの店に行っても安心の同じ味。

たいていの店舗は混雑していますが、オックスフォードサーカスそばにある、
Libertyの斜め前にある店舗は(18 Great Marlborough Street)、比較的空いてるかな?
ロンドンのど真ん中にあるので、お茶をしながら、次に訪れる場所を
インターネットで検索しながら、計画するのもいいかもしれませんね。

イギリスロンドン貧乏生活「タフネルパークのカフェ」

ここは、うちのそばのカフェ。もちろんWiFiも使えます。
飲み物もデザートも、食べ物も美味しい。
とっておきなので、場所はナイショです。ふふふー


日本に帰るころには、公共交通機関だけでもいいから無料WiFiが普及しているといいなー!
関連記事
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。