• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/05/21(Mon)

スペインの新幹線AVEでコルドバへ行く!

トレドの翌日は、世界遺産登録の街コルドバです。

マドリードから、セゴビア、トレドまでバス1~2時間程度ですが、
コルドバまでは約4時間もかかってしまいます。
時間がもったいないので、バスではなく、電車で向かうことに。

スペインの鉄道は、Renfeという会社が運営しています。
チケットは事前にウェブサイトから予約できるのですが・・・
なぜか、クレジットカードがはじかれてしまいます。
イギリスはもちろん、日本のカードも同様です。

おかしいな・・・と思い、ネットで調べてみると、各国の人たちも、
「Renfeのサイトでクレジットカードが弾かれる!」とクレームしていました。
運よく通る場合もあるようなので、根気よく続けましょう! 
・・・というのが唯一の対策法のようで(泣)

イギリスロンドン貧乏生活「レンフェ」

マドリードから長距離列車の出発駅は、アトーチャ駅になります。
国際電車も到着する駅のため、駅構内はとても広いです(警察の姿も目につく)。

上述した通り、Renfeのサイトではクレジットカードが弾かれてしまうため、
当日、カウンターでコルドバ行きのチケットを購入することになりました。
この日はセカンドクラスの席が、夜出発しか空いていなかったため、
期せずして、ファーストクラスの席を取ることに(泣)。
セカンドクラスの3倍はする値段・・・! 
これだったら、マドリードに到着したその日にチケットを取れば良かった・・・!

イギリスロンドン貧乏生活「レンフェ3」

・・・とは言え、ファーストクラスの人専用のクラブルームで、列車の出発を待つことができます。
こんなの初めてなので、ちょっとドキドキ。

イギリスロンドン貧乏生活「レンフェ2」

クラブルームでは、コーヒー、紅茶、ジュース、ビールが飲み放題のほか、
パン、ナッツ、クッキー、チョコレートなども常備してあります。
列車では朝食がついてるというので(!)、控え目にしておかなきゃ!
と思いながらも、やけに美味しいナッツを食べる手が止められない。
ゆえに、電車が発車する前からおなかいっぱい。

イギリスロンドン貧乏生活「レンフェ4」

クラブルームでは、乗車予定の電車の出発時間が近くなったら、呼び出ししてくれます。
でも、改札時にはやや時間がかかるので、出発の20分くらい前にはホームに向かったほうがいいかな?

イギリスロンドン貧乏生活「レンフェ5」

こちらがスペインの新幹線AVE(アベ)です! むっつりした顔つきが愛らしい!

イギリスロンドン貧乏生活「レンフェ6」

ファーストクラスの席は、こんな感じです。
1列+2列シートのゆったりとした作り。最近できたのかな?と思うほど、シートも床もピカピカでした。

ただねえ・・・ 私たちの近くに座っている家族連れがうるさかったなあ。
子どもが泣き叫ぶのは良いのですが、スーパーマリオの音を流しっぱなしで、
ゲームを楽しむっていうのはねえ・・・ 親御さん、注意してくださいよ~。

イギリスロンドン貧乏生活「レンフェ7」

待ってましたの朝食はコチラ~!
カットフルーツ、クロワッサン、パン、スクランブルエッグのようなもの。
今まで様々な国の機内食を食べてきましたが、Renfeのお食事が一番美味しかったなあ。
お野菜たっぷりのスクランブルエッグは、何だか懐かしい味がしました。

パン用にバター、ジャム(トマト、イチゴ)のほか、オリーブオイルも選択できます。
このオリーブオイルが実に美味しかった!
隣の女性が、バターでもなく、ジャムでもなく、
オリーブオイルにパンを浸しながら食べている理由が分かりました。

ファーストクラスに乗るとは思いもしなかったけど、
たまには、こんな贅沢をしてもいいかもしれないですね。
そのためにも、頑張って稼ごうー!
関連記事
Home | Category : スペイン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。