• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/06/01(Fri)

標高740メートル。断崖絶壁の町・ロンダ

セビーリャの春祭りを堪能した翌日の朝6時45分ころ。
私たちは、San Sebastianというバス停にいました。

イギリスロンドン貧乏生活「セビーリャのバス停2」
↑朝7時前になろうというのに、4月末のスペインはまだ暗い。ロンドンとは大違い!

目的地は、標高780メートルの高地にあるロンダという町。
新市街と旧市街を結ぶ橋からの眺めが、すばらしく良いんだとか・・・。
祭りの終わりを告げる花火に興奮してしまい、あまり眠ることができなかった私。
「そんなに素晴らしいもんかねえ~」と半信半疑でありました。

さて、ロンダへの行き方です!

バスは、Los Amarillosという会社が運営しています。
4月になってから、この会社のウェブサイトが壊れていたので、返事を期待することなく、
「時刻表を教えてください」とメールしたところ、翌日には返信が! 
スペインのサービスって素晴らしい! 疑ってごめんね!!!

2012年のセビーリャから、ロンダへの時刻表は以下のとおりです。
7時、9時、10時、15時、15時30分、17時、18時
運賃は12ユーロくらいでした。朝いちの便だったからなのか、
あるいは、ロンダは人気の無い町なのか、乗客は10人以下。
途中の小さな村から、家族連れが何人か乗ってきましたが、基本的に空いています。

そうそう、朝いちのバスに乗るのであれば、バス停から徒歩5分のところにある
Hotel Alcazarがおすすめです! 私たちが泊まった部屋に窓はなかったのですが、
ベッドの広さ、バスタブの広さなどは問題なし! このホテルのウェブサイトがないっぽいので、
気になる方はBooking.comなどで探してみてください。

★★

約2時間30分ほどバスに揺られて(大半の時間を寝て過ごしました)、ついに到着するは、
断崖絶壁の町、ロンダ!!! メインとなる場所までは、徒歩20分ほどかかります。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ」

こちらは、スペイン最古の闘牛場です。
きちんと整備されているので、「最古」という感じはまったくしませんねえ。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ2」

現在は闘牛は行われておらず、内部の見学や展示物の公開のみとなっています。
この日は、ロンダの次に行く町があったので、闘牛場はパスしました。

闘牛場の代わりに時間を割いたのが、この風景↓

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ3」

闘牛場の裏側にある公園からの景色です。
標高740メートル・・・ 身を乗り出したら、足がすくんでしまうような高さです。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ4」

視線の先には、アンダルシアらしい白い壁の家々が見えます。
太陽は出ているものの、吹く風は山の風。寒いのです。

ここロンダには、新石器時代から人が定住したと言われています。
断崖絶壁のこの土地で、人々はどのようにして食料を調達し、生活を営んでいたのでしょう・・・。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ5」

ロンダの一番の見所といわれている、ヌエボ橋です。
「どれほど素晴らしいのかねえ~」と疑っていましたが・・・ 素晴らしいです!!

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ9


新市街と旧市街を分断するかのようなタホ谷。
深いところでは、300メートルにも達するようです。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ6」

街と街とをつなぐ役割のヌエボ橋が、造られたのは18世紀のこと。
タホ谷を流れるグアダラビン川の氾濫によって破壊された橋の後に造られたといいます。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンダ10


高さ100メートルですよ! 100メートル!
一体どれだけの人が、この橋に携わったのでしょう? 
「川に流されてたまるかよ!」という、造った人の気合を感じますよね。
観ている私としては、「よくもまあ、こんなものを造ったね」と、関心するやら呆れるやら。

ガイドブックに掲載されている写真はもちろん、私のこのしょぼい写真でも、
ヌエボ橋のインパクトは伝わらないと思います。
交通の便は悪いのですが、スペインに行ったら是非訪れてほしい町です。
時間的な余裕があれば、橋のそばのホテルで一泊したかったなあ。
断崖絶壁に架かる橋と星空・・・・ それだけで酔えてしまいそうです。

お次は、地中海に面したリゾート地マルベーリャに行きます!
標高740メートルから一気にゼロメートルへ下りますよ~!
関連記事
Home | Category : スペイン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。