• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/06/03(Sun)

6月2日はエリザベス女王の即位60周年でした!

6月2日、出掛ける前にネットを開いてみたら・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリーグーグル」


グーグルのトップページ(UKのみ)が、ダイヤモンド・ジュビリー仕様になっていました。

今から60年前の1952年6月2日。26歳の若さで女王に即位したエリザベス2世。
日本人の私にとっては「そうなんだ~」程度の出来事ですが、
この60周年を記念して、6月2日からまさかの4連休ですよ! うれしい!
さまざまなイベントが予定されていますが、せっかくの連休。国外逃亡します。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー8」
↑ピカデリーサーカス駅そばのエロス像周囲は、いつも通り、多くの人で賑わっていました

・・・国外逃亡するとは言え、お祭りムードのロンドンも気になる。
「旅行に必要な物を購入しなくてはならない」を口実に、中心街に出てみました。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー2」

リージェントストリート、オックスフォードストリートなど、中心街の道の至る所で、
ユニオンジャックが踊っていましたよ。華やかに見えるなあ。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー」

6月2日の王位継承日に、女王は「エプソン・ダービー(競馬)」を観戦していました。
・・・・記念日だから式典のようなものをやるのかと思いきや!
まあ、好きなことをやるほうが記念日っぽいのかな?

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー3」

バッキンガム・パレスそばのセント・ジェームズ・パークでは、
ダイヤモンド・ジュビリーグッズが売りだされていました。
帽子、Tシャツ、旗は分かるけど、お面ってちょっと失礼じゃないかな・・・
だって、目の部分がくりぬかれてるんだよ・・・ こんなの誰が買うんだろう・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー4」

いやはや、大人気でした。ダイヤモンド・ジュビリー・ショップ。
そういえば、街中では女王のお面をかぶった人を何人か見かけたなあ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー5」

バッキンガム・パレス周囲は、いつも以上に混雑しているため、警察はもちろん、
騎馬隊もパトロールに力が入っているようです。馬の目はいつも優しいので、緊張感ゼロ。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー6」

尻尾の毛って、パトロール前にカット&ブローしてるのかな? やけにサラサラしてますよね。
髪が伸びるとウネウネする、クセっ毛持ちの私は、馬の尻尾ですらも嫉妬の対象です。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー7」

バッキンガム・パレス前にいる衛兵さんが、道端にもいらっしゃいました。
何を守っているのか分からないけど、観光客(+私)の写真攻撃で疲労しているご様子。
この帽子って頭皮と毛髪に悪いだろうなあ。暑い日は、ムレムレですよね。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー10」

6月3日(日)は、1000隻以上の船がテムズ川を下るイベントが予定されています。
この日のように晴れれば、その様子は豪華絢爛、圧巻なものでしょう。
でもねー・・・ 6月2日現在の天気予報は雨。しかも11度。・・・テレビで観よーっと。
そういえば、友人は徹夜して場所を確保するって言ってたっけ。風邪引きそうだ。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー9」

そして6月4日(月)には、バッキンガム・パレス周囲でコンサートが行われます。
ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、スティービー・ワンダーのような大御所から、
エド・シーラン、ジェシー・Jなどの若手も登場し、女王の即位60周年をお祝いします。

連休最終日の6月5日(火)は、セントポールをパレードするみたいですよ。
場所取りが大変そうだけど、王家が絡んだパレードは華やかで面白そうだな~。

そうそう。
女王は愛犬家として知られていますが、犬の中でも特にコーギーが大好き。
今も3匹のコーギーを飼っているんですよ。だから、グーグルのロゴにコーギーが書かれてるんですね!

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー11」

↑5匹の子どもたちを育てる肝っ玉母さんは、「フーフー」言いながら観光客を脅していました。
ダイヤモンド・ジュビリーの1カ月後は、ロンドンオリンピック。
あなたの苦悩は、まだまだ続きそうだよ?
関連記事
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。