• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/06/04(Mon)

蜷川さん演出『シンベリン』を観てきました!

日本国内では入手困難、あるいは高いチケットも、
ロンドンだったら簡単に、しかも安い値段で購入することができます。

その恩恵にあずかって、過去は市川海老蔵主演の歌舞伎を観に行きました!
舞台からすぐそばの席でしたが、「舞台の一部が見えにくい」ということで、
たしか、3000円以下で観ることができたんじゃなかったな? 

今回は、蜷川さん演出の『シンベリン』を観てきました~。
(※このポスターはロンドン公演のものではありません)

イギリスロンドン貧乏生活「シンベリン2」

お芝居が好き! シェイクスピアが好き! というわけではなく、
ただ単純に、「阿部寛を見てみたい」、「演技に定評のある大竹しのぶが気になる」程度。
日本にいたら、まず見に行かないでしょうしね。時間がある(ヒマ)ゆえ、ですね。

イギリスロンドン貧乏生活「シンベリン」

お芝居が行われた場所は、バービカンセンターのシアター。
コンサートホールと比べると、やや中規模。・・・とは言え、1166名もの人数を収容できます。
ここで5日間の公演。しかも、チケットは連日ソールドアウト。すごいな・・・

日本人が絡んだイベントの場合、お客さんは日本人がほとんど・・・ということが多いのですが、
今年の初めに行った野田秀樹さんの『The Bee』、そして今回の『シンベリン』、
共に外国人のお客さんの姿が目立っていました。

チケットを取ったはいいけど、『シンベリン』がどのような話か全く分からない。
ウィキペディアなどで、おおよそのあらすじを読んでみたところ、何だか暗い話のような気がする。
「お芝居の途中で眠ってしまうかも・・・」なんてことを思いましたが、
いやいや・・・! 眠るどころか、あっという間の3時間でした!

日本公演がまだあるようなので、詳細は書きませんが、
私の周囲に座っていた外人さん同様、とにかくよく笑いました。
とくに勝村さんには、観客の誰もが釘付けだったはず。役柄もあるんだろうけど。
演技のことはよく分からないけど、評判通り、大竹しのぶさんの演技は素晴らしいと思う。
お姫さまにも、少年にもなれる。変幻自在なんだね。

素晴らしい演技をされている方は、ほかにも多くいたのですが(大御所の方)、
俳優さんの名前が分からないから言いようがないな・・・(泣)。
そうそう、窪塚洋介さんは、池袋ウェストゲートパークを彷彿とさせるような役柄でした。
ものすごく細い体なのに、声がよく通るのですよ。そこに驚いてしまった。

そういえば・・・、お芝居が始まる1時間前くらいに、バービカンホールの入口で、
勝村さん、窪塚さんなどの役者さんたちが円陣を組んで、サッカーをしていました。
(プライベートな時間だから、話しかけず&写真を撮らず)
サッカーボールを追いかける姿と、舞台での姿は当たり前だけど、まったく違っていて、
あらためて「この人たちはプロなんだなあ」と感じましたよ。


ところで、『シンベリン』を英国人が演出したらどうなるんだろう?
帰国前に英国人版『シンベリン』を観なくてはなるまいな!
関連記事
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。