• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/06/06(Wed)

グラナダ巡りに便利なホテル

マルベーリャからバスで向かった場所は、グラナダでした~!

途中、バスのワイパーが追いつかないほどの豪雨でしたが、
到着予定時刻の20分も早く、グラナダに到着しました。
マルベーリャを15分遅れで出発したというのに!
早く到着するのは有難いけど、視界の悪い中の超スピード運転は恐ろしかったです。
(恐ろしいと言っても、途中で熟睡したんだけどさー・・・)

グラナダのバスターミナルから、ホテルのある大聖堂そばまで歩く予定でしたが、
カサで防げないほどの大雨だったので、タクシーに乗りました。
・・・これが大正解。バスターミナルから、大聖堂まで「歩く」距離ではありません。

イギリスロンドン貧乏生活「グラナダおすすめほてる」

おすすめのホテルは、NH Inglaterraです。大聖堂から徒歩3分くらいかな?
グラナダ市内には、NH Victoriaもあるのですが、アルハンブラ宮殿や
アルバイシン地区へ歩いて行くのであれば、Inglaterraの方が便利ですね~。

ホテルにチェックインすると、スタッフさんがアルハンブラ宮殿への行き方などを、
地図を用いて、丁寧に教えてくれます。鍵の開け閉めがちょっと難しいのですが、
スタッフさんに言えば、開け方のコツを伝授してくれます。
やり方が分かれば、「なあんだ、そんなもの?」なんですけどね。

イギリスロンドン貧乏生活「グラナダのホテル」

ホテルの周囲には、バルやレストランが沢山あります。
このバルは、ホテルが面するストリートCalle de Cetti-Meriem沿いにあります。
ホテルの2軒後ろになるのかな? グラナダのバルって、飲み物を頼めば、
パンだけでなく、タパス一皿がついてきます。わたし達のときは、生ソーセージ(?)。
これだけで十分お腹がいっぱいになるから、小腹を満たしたいのであれば、
タパスは頼まなくても良いかなと思います。わたし達は2皿も頼んでしまい、えらい満腹になりました。

イギリスロンドン貧乏生活「グラナダのホテル2」

ホテルの横並びにあるバル「La mancha」は、夜遅くまで営業しています。
観光客よりも、地元の人たちの姿が多かったかな?
朝はスーツ姿のビジネスマンが、コーヒーを飲みながら、サンドイッチを食べる。
夜は夜遊び後の地元の人たちが、ワインを飲みながら、サンドイッチを食べる。

そうなんですよ。
ここのサンドイッチって、本当に美味しいんですよ!
マッシュルームやチーズ、ベーコンなどを鉄板で焼いて、パンにサンドする。
たったこれだけなんだけど、嘘のように美味しい。お弁当にもピッタリだな。
(スペインではサンドイッチのことを、ボカディージョといいます)

イギリスロンドン貧乏生活「グラナダのホテル4」

アルハンブラ宮殿まで歩くのでれば、ホテルから徒歩2分のところにある、
ヌエバ広場から坂道を登っていきます。チケット売り場までは、のんびり歩いて30分くらいかな?
この写真の高い所に、旗が立った建物がありますよね? ここがアルハンブラ宮殿です。
こうして見ると、歩いて行くのはいかにも大変そうですが、緑深い道を歩くのは、すごく気持ちいい。
バスも出ていますが、徒歩をおすすめします!

そうそう、ホテルは遅くまで荷物を預かってくれます。
預け荷物を保管するための場所は、鍵がかかっているので盗まれる心配もなし♪
ホステルに比べたら高いけど、快適さは間違いなしです!

NH Inglaterra
ブッキング.comからの予約がおすすめ! 早い時期に予約すれば50%オフくらいになる♪
関連記事
Home | Category : スペイン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。