• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/06/28(Thu)

イギリスの野外フェスティバルに行ってきますよ!

レディング、グラストンベリー、プロムスなど、夏のイギリスは、
さまざまな音楽イベントが目白押しなのです。お金のやりくりに困ってしまう。

実は、野外フェスティバルなるものは、エアジャム2000(野外かな?)しか行ったことがありません。
フジロックに行きたいなーと思いながらも、キャンプしたことないなーとか、
暑いだろうなーとか、シャワーやトイレが心配・・・などの理由(つまり億劫)で、
一度も行くことのないまま、イギリスに来てしまいました。

ロンドンに住むようになってからは、冷水シャワーを浴びたり、
宿泊先のシャワーが使えず、汗だくまま寝たり、空港で野宿をしたり、
賞味期限切れまくりの物を食べたり、汚いレストランで食事をしたりと、
良い意味で物事を気にしなくなった&潔癖ではなくなった(汚くてもへっちゃら♪)ので、
思いきって、野外フェスティバルに参加することにしましたー!!! 


・・・まあ、参加の意図はシガー・ロスの出演が決まったからなんですけどねー。
夢でしたから、彼らのライブを観ることが。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル」

参加する野外フェスティバルは、Bestival
イギリス南部のワイト島内で毎年9月に行われている、自然との共生を目的とした音楽イベントです。

4日間にわたる期間中は、多くのライブやDJイベントのほか、
サーカス、コメディ、映画なども行われているようです。
もちろん会場にはバー、飲食店なども勢ぞろい。
太陽が出ているうちから、お酒を飲み、良い音楽に身を委ねる・・・ 最高すぎる!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル4」

当初は、ワイト島の海岸近くのB&Bに泊まる予定でしたが、フェスティバルといえばキャンプ!
夜のDJタイムに酔いしれ、眠くなったら寝る。これがきっと、フェスティバルの楽しみ方♪

とは言え、友人も私もキャンプをしたことがないので、
今回は「ブティック・キャンプサイト」を予約してみました。
テントを設営する手間が省けるだけでなく、物によればマットレスや電源完備!
キャンプ初心者(というか小心者むけ?)にはピッタリですよねー!

私たちは、写真のpodpadなるものを予約してみましたよ。
室内にはマットレス2個、棚、電気、鍵つき。ソーラーパネルで集めた電力も使うことができます。

「ブティック・キャンプサイト」にはpodpad以外にも、さまざまな施設があります。
ホテルさながらの設備を整えた施設、10人ほどが寝ることができる大きなテントなどなど。
そして、「ブティック・キャンプサイト」専用のシャワー、トイレが設置されているようです。
大混雑するだろうし、シャワーは多分水になっちゃうだろうけどね。
日本へ一時帰国したとき、水のいらないシャンプーを購入しとこうーっと(まだ売ってる?)。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル3」

ちなみにべスティバル最終日の9月9日は、私の36回目の誕生日なのです!
なんとこの日に大好きなシガー・ロスがライブを行い、
そして、ヘッドライナーはスティーヴィー・ワンダー!!! 泣いてしまいそうだ。

初フェス。今から楽しみで仕方がない!
泥んこだらけになって、みんなで大笑いするんだ!

★Bestival
http://2012.bestival.net/

【追記】
ベスティバルグッズがセルフリッジで販売されてる~・・・
クーラーボックスかわいいなあ~・・・ ほしいなあ~・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル2」
関連記事
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。