• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/07/24(Tue)

カッパドキア南部を巡るグリーンツアーに参加(3)

ウフララ渓谷から30分のドライブ(昼寝)の後、セリメ教会が観える場所に到着!

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー27」

ガイドさんが言うには、写真の左奥にある三角型の岩のところで、
ジャバ・ザ・ハットの登場シーンを撮影したらしいのですが・・・
途中でチュニジアで撮影されたこともあり、実際に映画で使用されたかはナゾのようです。

え~? そんな曖昧な情報でいいのかいー? と思いましたが、
実際、セリメ教会に行ってみると、ジャバ様が住んでいるような雰囲気なんですよね。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー26」

ここが、岩山をくりぬいて造られたセリメ教会です。
個人的には、ギョレメの奇岩群以上に度肝を抜かれ、感激した場所でした。
何しろ規模がでかい。でかすぎるのだ。

4世紀初頭の人間が、どのようにして岩をくりぬいたのでしょう? 道具は?
どれだけの人数、時間がかかった? などなど、疑問は募る一方。

このセリメ教会は、カッパドキア地方に定住するキリスト教徒たちにとって、
主教座、つまりは大聖堂の役割を果たしたそうです。
ここで決定した事項には、各地の教会や修道院が従ったとされているのですが・・
どうやってその決定事項を伝えたんだろう・・・ (また悩む)。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー28」

ガイドの説明の後は、お待ちかねの自由時間です!
この素晴らしい教会跡を、自らの足で思う存分巡ることができます!
それにしても暑い・・・ ウフララ渓谷と違い、高所に行くまでは
日影がないので帽子がないと危険です。あと水ね。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー29」

自由時間と言っても、途中までガイドさんが道案内してくれます。
迷路のような道をスイスイ登っていくガイドさん。当然、手すりなんてものはないので、
しっかりとした靴じゃないと危ないですよ。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー30」

こんな道を登っていきます。壁に手をつくと、ザラザラとした砂の触感。
足元も砂が降り積もっているので、底が平らなスニーカーだと滑りやすいかも。
・・・滑りやすいかもっていうか、滑りました。コンバースのスニーカーで、ズルリとね。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー31」

登り続けると、見晴らしの良いテラスに出ました!
私はビビりなので、少し離れたところから写真を撮るだけ~。
端っこに立ち、下を観ている人の姿を見ているだけでもドキドキ・・・

足を滑らせたり、無造作に空いている落とし穴(?)に落ちて、亡くなった方もいるようです。
高い所に登るとテンションが高くなる人がいますが、そのような方は十分にご注意を・・・

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー38」

礼拝所のための洞窟がアチコチに彫られています。
眺めが最高なので、ボンヤリ歩いていると穴に落ちてしまいそう。怖い怖い。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー33」

礼拝所の一つに入ってみました。
ややカビ臭いながらも、どことなく神聖な感じがします(単純?)。
こちらにも穴や溝が至る所にあるので、足元には本当に気をつけてください。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー32」

登った後は、当然下まで降りねばなりません。
手すりがないので、滑る足元にヒイヒイ言いながら、おっかなびっくり降りました。
へっぴり腰になった様子は、いかにも滑稽だったことでしょう・・・・

次は最後の目的地、ピジョンバレー!

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー34」

その名の通り、ハトが沢山住んでいます。
カッパドキアには多くのハトが住んでいるのですが、彼らのフンはワインのブドウのための
肥料として使われるようです。カッパドキアのワイン、意外と美味しかったからなあ。
ハトは苦手だけど、ちょっとは好きになりそうだ(カッパドキア限定)。

イギリスロンドン貧乏生活「カッパドキアグリーンツアー35」

ピジョンバレーの先には、ギョレメの村があります(写真では観えないけど)。
写真左奥が夕焼けで有名な、ローズバレーになります。
ああ、あそこから観る夕焼けは、想像絶する美しさなんだろうなあ~。


この後は、お土産屋さんに強制連行されます。
トルコ石のアクセサリーはキレイだったけど・・・お金がないので、即退出。
友だちと一緒に、お土産屋さん周囲をブラブラ散歩していました。

最後のお土産屋さんは余計だったけど、各地の入場券、ランチ付き、
丁寧な解説付きのグリーンツアーはお得! 
個人では行きにくいセリメ教会は、必見の価値ありですよ!
関連記事
Home | Category : トルコ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。