• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/09/05(Wed)

車イスバスケを観てきました!

9月3日(月)に車いすバスケの試合を観に行ってきました!

車いすバスケなる競技があることは知っていましたが、
『スラムダンク』の井上先生が連載されている
漫画『リアル』でどのようなものかを具体的に知るようになりました。

一度でいいから、試合を観戦してみたい・・・!
この長年の夢が叶っちゃいましたよ。しかも、パラリンピックという世界的なイベントで!
試合当日は会社を30分早退し、急ぎ足で会場に向かいました。

車いすバスケの会場は、ノースグリニッジという駅の真裏にあります。
グリニッジ駅の周囲はマーケットや展望台のある公園など、
見どころにあふれているのですが、「ノース」がつくだけで何もない。

・・・という印象は、3年以上も前のお話。

オリンピックのためなのか、やや開発されていました。

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合」

オリンピックパークのあるストラトフォード行きのロープウェイだー!
高所恐怖症だけど興味はあるので、10月くらいになったら乗りに行こう。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場2」

そしてこちらが会場です。駅から徒歩1分くらいかな。

普段は、O2アリーナという名でコンサートなどが行われています。
ここでライブをするバンドは、コールドプレイやレディオヘッドなど、
チケットがすぐに売り切れちゃうような知名度の高い方たちです。
お値段もそれなりにするので、一度もコンサートのために足を運んだことがありません。
(パラリンピックのチケットは15ポンドくらいでした。安い・・・)

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル会場4」

会場内はこんな感じです。
レストランや映画館なども併設されているんですよ! 素晴らしく広く快適~♪
試合を観戦する人たちでごった返しているかと思いきや、人もまばら。空いています。

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合7」

座席は早い者勝ちなので、ゴール裏の最前列に陣取りました。

1試合目のトルコ対南アフリカ戦から興奮ですよ! 
一番前だから、車いす同士がぶつかる音、選手たちの怒号が間近に聴こえるのです。
ゾクゾクするほどに激しい! こんなにも迫力あるものだとは思いませんでした。

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合8」

2試合目はアメリカ対スペイン。
(写真は試合前に入念にアップするアメリカの選手)

バスケの本場アメリカなだけあって、1試合目のトルコ、南アフリカはもちろん
実はバスケ強国のスペインですらも弱く見えるような、圧倒的な強さでした。
「ああ、あの人はリョータタイプだよね」なんてつぶやいてみるも、
一緒に行った友人は『スラムダンク』を読んだことがないため(!)、むなしい独り言(泣)。

1試合目以上に激しいぶつかりあいあり、点の取り合いありで、かなり面白かったです。
ルールをもっと勉強しておけばよかった・・・!

イギリスロンドン貧乏生活「パラリンピックの試合10」

ハーフタイムなどでは退屈になっちゃうかなと思いましたが、
MC役の人が会場にウェーブを起こしたり(しつこいくらいにウェーブが続くのです)、
YMCAやマカレナ(懐かしい!)など、踊れる曲を流したり、
会場の人を巻き込んでダンス・コンペティションなどを行ったりと、
楽しませる企画が随所にもりこまれていました。

それだけでなく、ファウルなどで試合が一時止まっているときも、音楽が流れたりするんですよ。
集中力が切れちゃうんじゃないの?と思いましたが、そんなの杞憂ですね・・・
だって、彼らはプロだもの・・・。集中力が切れるのは、私たち観客なわけで、
いつまでも試合を楽しむための配慮が、音楽や合間合間のエンタテインメントなんでしょうね。
これってロンドンだけなのかな? それとも、日本はもちろん世界各国の常識なのかな?

約4時間の観戦は、本当にあっという間でした。
オリンピックもパラリンピックもロンドン在住なら、いくらでもチケットを取れたのに・・
なぜ取らなかったんだろう・・・! 後悔は滅多にしないのですが、今回ばかりは後悔の嵐!

次回のオリンピック&パラリンピック開催地、ブラジルにお住まいの方は、
出来る限り多くの試合を観戦されることをおすすめします!


追記)
パラリンピックの競技は、どれも初めて観るものばかり(テレビだけど)。
バスケはもちろん、ラグビー、柔道、水泳、陸上は毎回度肝を抜かされます。
人間には限界なんてないのかもしれないなあ・・・
関連記事
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。