• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/09/13(Thu)

べスティバル会場までの道のり

9月6日(木)から9日(日)の4日間、べスティバルを堪能してまいりましたー♪

毎日グッスリ9時間は寝ていたので、疲れもなく快適でした!
べスティバルの感想は・・・ とにかく最高。
UK滞在4年間の中で一番の思い出、いや、一生の思い出になりました。

本題に入る前に、ながーい前置きです(いつも通りか・・・)。
来年以降、べスティバルに参加される方の参考になればいいなあ!


★★

べスティバルは、イングランド南部の港町ポーツマスから
フェリーで15分ほどの所にあるワイト島という小さな島で行われます。

ポーツマス、あるいはサウスハンプトンまで鉄道で向かい、
そこからフェリーに乗るという方法もありますが、
私たちはべスティバル公認のbig green coachという会社で交通手段を確保しました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル」

コーチの出発場所は、ロンドンアイのすぐそば。
バックパックを背負った、いかにもべスティバルな人たちが大勢います。

家を出る前までは「私、ひょっとして荷物多すぎ?」なんて思っていましたが、
べスティバル常連と思われるイギリス人たちに比べたら、小学生のランドセル程度。
彼らのバックパックにはクリスマスツリーのごとく、寝袋、ヤカン、長靴などが取り付けられ、
さらには食料品、カセットコンロ、椅子、テーブル、テントなどを手に持つ始末。
男性に至ってはビール缶のケース2~3箱を抱えていました。すごい気合いだ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル2」

ロンドンからバスに揺られること2時間。ポーツマスの港に到着です!
街中はキレイな感じだったけど、港自体は寂れているような・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル3」

とは言え、海はとってもキレイでしたよ! 
家族連れや老夫妻がのーんびり海沿いを歩いていました。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル4」

海の向こうにあるワイト島までは、ホバーボートで向かいます。
ボートに乗るまでは約30分くらい待ったかな? 
見た目小さなボートですが、100人くらいは乗れるはず。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル5」

出発するときには、黒い浮輪のような部分が膨らみます。
ボートの後部に取り付けられた、でかい扇風機のようなものが回転し、
それが動力源になっているように思ったけど・・・ 実際どうなんだろ?
ずんぐりとした形からは想像できないような、早いスピードで海を駆け巡ります。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル6」

ワイト島の港に到着後、シャトルバスに15分ほど乗れば・・・ 会場に到着でーす!

・・・でも、ここからが長かった! 
チケットのチェック、手荷物のチェック(荷物をスタッフさんが触るだけ)まで、
およそ2時間だったかなあ~・・・。むちゃくちゃ暑かったので、やや疲労(泣)。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル19」

ちなみに帰りの会場から、ワイト島の港までのシャトルの待ち時間は・・・
朝8時15分くらいから並び始めて、12時前に乗ることができたから・・・ 3時間以上か(泣)。
寒いだけでなく、途中からは雨も降ってしまったため、全員の顔に悲壮感が漂っていました。

とは言え、つらいばかりではなく・・・

「この4日間シャワーを浴びてなかったからスッキリだぜ!」と言い出す男性やら、

コーチに乗り込んだ人に手を振り続け、相手が気づいたら中指を突き立てては、
ゲラゲラ笑う若者たちがいたり(幼い子のように何度もやるんですよ~。若い)、

クッキーを食べる人を見つけて、「オオー! ファッキンクッキー!(←意味不明)」
なんて興奮しまくる飢餓状態の人がいたり、

「コーチ1台につき70人は乗れる。港との行き帰りで40分、コーチ台数は20台とすると・・・
ファーック! あと1時間30分は待てってことじゃねーか!」とキレる人がいたりと、
なかなか面白かったですよ(ちなみに、彼の計算は大間違いで2時間30分待ちでした)。


もしも、今後べスティバルに参加される方でbig green coachを利用されるのであれば、
なるべく早い時間のチケットをブッキングしたほうがいいですよ!
そして帰りは、たとえ前日に夜遅くまで遊んだとしても、
6時前には起きて、7時前には並びましょう! 
眠くて倒れそうでも、ポーツマスからロンドンまでのコーチで眠れるし、
夜も早くからベッドで寝ることができますよ! 翌日からの仕事も可能♪

ってことで、べスティバルへの道のりでした。参考になったかな?
関連記事
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • こんにちはー!
    ちょうど私は、ロンドンからサウサンプトンに行っていて、
    日曜日ポーツマスのアウトレットに行ってました。
    帰りにスゴイアウトドアな格好の人がたくさんいてなんだったんだろう?と思っていたので
    なぞが解けました!!来年は、是非行きたいなーコレと思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。