• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/10/25(Thu)

地下宮殿、考古学博物館などイスタンブールの見どころ

トルコがあまりに良かったので、旅行記が長くなってしまいました。

ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿などをご紹介してきましたが、
イスタンブールには、ほかにも見どころがあります。ありすぎるのです!

●地下宮殿(Yerebatan Sarayi)

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの地下宮殿」

ブルーモスク、アヤソフィアの中間地点の交差点の少し先にあります。
いつ行っても入口には、団体客などで人だかり。人気なのかしら?

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの地下宮殿2」

この地下宮殿は、東ローマ帝国(ビザンチン帝国)時代の4~6世紀ころに建設。
まるで森に迷い込んだかのような並ぶ木の柱は、全部で336本!
薄暗い照明も相まって、とても幻想的ですねえ~。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの水道橋」

「宮殿」とは言うものの、誰かの住居ではなく、
写真のような「ローマの水道橋」から引かれた貯水池として使用されていました。
アヤ・ソフィアや宮殿に住む人たちの喉を潤していたんでしょうね~。

そして、この建物の奥には、ギリシア神話に登場するメドゥーサがいるんですよ~

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの地下宮殿3」

さまざまな伝承がありますが、アテナの怒りをかい、怪物に変えられてしまい、
最終的にはペルセウスに首をはねられてしまうメドゥーサ。
この宮殿内には、写真のように逆さまのものと、横向きのものがあります。
見たモノすべてを石に変えるため、このような向きになったと言われていますが・・・不気味。

地下宮殿の出口付近には、カフェもあります。
光が差さない地下なだけあって、内部はヒンヤリとしているので、
日中の暑い時間帯は、ここのカフェでのんびりするのもいいかもしれませんねえ~。


●考古学博物館

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの考古学博物館」

トプカプ宮殿のそばにあります。
ヒッタイト帝国時代に興味のある人には、よだれモノのコレクションの数々ですよ!
紀元前12世紀、紀元前4世紀のような、はるか昔に造られたモノたちが、
ゴロゴロあるんですよ。もうね、感覚がおかしくなっちゃうね!

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの考古学博物館2」

石の棺の中では、アレクサンダー大王がペルシャ軍と戦う様子が彫られた
「アレクサンダーの石棺」は必見ですよ。大理石の一部が染色されているのも見事。
石棺そのものは、ガラスで覆われていたため写真はナシです。

考古学に興味がないと、単なる石の集まりでつまんないかもしれませんねー


●グランバザールとスパイスバザール

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのグランバザール」

グランバザールへは、スルタンアフメットから徒歩で行くことができます。
ここは1461年に完成したらしいですよ! 今や4500もの店舗を擁しているらしく、
じっくり見て回るとしたら、1日以上かかっちゃいますねえ~!

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのグランバザール2」

バザール内には、モザイクランプ、ガラス玉、アクセサリー、
トルコならではの可愛らしい食器、スパイス、洋服など、見ていて楽しくなるものばかり!
とは言え、観光客の姿が圧倒的に多いので、お値段は若干高いのかな?
実際に購入する場合、値引き交渉をしないとソンしそうですね~

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのグランバザール3」

個人的には、グランバザール内のカフェやレストランが気になる・・・。
お腹いっぱいだったので、どこにも寄れなかったけどね(泣)

イスタンブール内には、グランバザールのほかにスパイスバザールもあるんです。
場所はガラタ橋、ニューモスクのすぐそば。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのスパイスバザール」

おおよその位置は分かっていたものの、それでも迷いました・・・
おかげで地元の人たち御用達の商店街の雰囲気を味わえたから良かったかな?

ご覧のように、イスタンブールの女性たちが着用するヒジャブは、
黒一色ではなく、柄がついたオシャレなものでした。
語学学校にいたムスリムの女の子は、素敵な柄のヒジャブで服は普通のセーターだったな。
きっと一昔前では、考えられないことなんだろうなあ。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのスパイスバザール4」

「スパイスバザール」の名の通り、さまざまなスパイスや食べ物が売られています。
グランバザールほどの広さはありませんが、こっちのほうがお土産選びにはいいかも?

イスタンブールには、きっともっともっと見る所があるんだろうな。
すべてを堪能するには時間が足りなすぎる! 1年くらい滞在できたらいいのにな・・・
好き嫌いが分かれる街ですが、私は大好きです! また訪れたいな!
関連記事
Home | Category : トルコ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。