• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/10/24(Wed)

イスタンブール内のモスク巡りもしたよ

ヨーロッパでは飽きるほど大聖堂やら、教会やらを観てきたため、
モスクの新鮮さは、感動を覚えるほどでした。

なんとなく似たような造りですが、じゅうたんの色、模様などが微妙に違うんです。
今回はいくつかピックアップしてご紹介しますね。
モスクを訪れる際には、スカーフ、夏ならば薄いセーター必須ですよ!
(スカーフは貸出していますが、いつ洗っているか分からないものばかり)

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのリトルソフィア」

こちらは、ブルーモスクから徒歩10分ほどのところにある、キュチュク・アヤソフィア・ジャーミィ。
6世紀ころに建設された、元「教会」。アヤソフィア同様、オスマン帝国期にモスクに転用。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのリトルソフィア2」

人も少なく、のんびりとモスク内を観ることができます。
歩き疲れていたのか、家族連れとカップルは床に座り、のんびりしていました。
お祈りの時間以外だったら、休憩の場としても使えるかも?

そうそう、このモスクの周囲には、いくつかカフェがありますよ。
地元の人たちとボンヤリお茶を飲むのもいいですね~
(私はここでトルコ人の女子学生に声をかけられました)

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールの城壁」

そういえば、モスクのそばには、東ローマ帝国時代の宮殿跡があります。
ここまでは親切なトルコ人のおじいさんに連れてってもらいました。
お金取られるかも!と身構えていましたが、ここまで私を案内した後、
「僕は日本に行ったとき、親切にしてもらったからね。これがお礼だ」
と言って、さわやかに去っていきました。おじいさん、疑ってごめんよ(泣)。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのMihrimah Sultan Mosque」

こちらは、カーリエ博物館そばにあるモスク。Mihrimah Sultan Mosque。
カーリエには観光客がいるのに、このモスクには私たち以外、誰もいませんでした。

イギリスロンドン貧乏生活「イスタンブールのMihrimah Sultan Mosque2」

キュチュク・アヤソフィアに比べると、ずいぶん鮮やかですよね~。
どのモスクもじゅうたんの掃除が行き届いていて、昼寝したくなります。
もちろん昼寝なんて、そんな非常識なことはしませんけどね・・・ でも、気持ち良さそうだ。
このモスクの入り口にある集会所には、男性たちが集って何やら楽しそうに話をしていました。

イギリスロンドン貧乏生活「スレイマンジャーニーモスク」

世界遺産のスレイマニエ・モスク。1557年完成。
いやはや、市内の至る所に世界遺産がありすぎますな! 

イギリスロンドン貧乏生活「スレイマンジャーニーモスク2」

このモスクを観ているときに、ちょうどお祈りの時間になりました。

お祈りの時間になると、モスクのミナレット(尖塔)に取りつけられたスピーカーから、
男性の声で演歌のような歌(おまじない?)が流れます。
時を告げる教会の鐘のごとく、それは町中に響き渡るのです。
初めて聴いたときはビックリしたなあ・・・。あれて、生放送なのかしら?

お祈りの時間直前になると、観光客の私たちはモスクから出なくてはなりません。
扉を閉めるわけではないので、外からお祈りの様子を観ることができますよ。
ロンドンでもまれにお祈りをしている人を見かけるけど、大勢のお祈りは初めてでした。

彼らにとっては「食事をする」ことと同じくらい、大切なことなんでしょうね。
そういえば、ヒースローを始め、ヨーロッパ各国の空港にはお祈りルームがあります。
日本もムスリムに対して理解があるといいのになあと思う。
ハマムを提供しているレストランってあるのかな? 

イギリスロンドン貧乏生活「スレイマンジャーニーモスク3」

このモスクからの眺めは最高です! 天気が良ければ、ここでノンビリもいいですね~。

そのほか、スパイス・バザールそばのニュー・モスクなど3つのモスクを巡りました。
ブルー・モスク以外はどこも人が少なく、静か。旅の疲れが癒されますね。

今回はイスラム教に関する下調べが少なかったので、モスクに施された文字など
分からないことばかりだったな。大反省。
旅の満足度は、旅の前にどれだけ下調べできるか。
行きあたりばったりの旅も楽しいけど、観るべき場所を逃すことも多い。
下調べをしても、見逃すことが多いですからねえ。

旅をすればするほど、自分がいかに無知だったことを思い知らされる。
それが楽しくて仕方が無い。だから、お金がなくても、旅はやめられないんだな!
関連記事
Home | Category : トルコ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。