• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/10/29(Mon)

ホワイトクリフ(白い崖)までの道のり

ホワイトクリフ。
その名の通り、「白い崖」。
3年前に訪れたときは、その白さとスケールの大きさにたまげたものです。

帰国前にもう一度訪れたいと思っていた私は、
木曜日からBBCの天気予報を毎時間ごとにチェック。
イギリスって天気が変わりやすいですからねえ。当日でも外れるくらいだし。
そして、「快晴」の予報に変わった10月のある休日。
再びこの「白い崖」を観に行くことに決めました。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道」

前日は深夜2時ころまで遊んでいたため、7時台の電車は正直キツイ。
眠くてヘロヘロになりながらホームにたどり着くと、日曜の朝だからなのか誰もいない。
うちの周囲はファミリーが多いため、日曜は朝10時ころまで静まり返っています。

そうそう、私は地下鉄恐怖症でしたが、最近よーーーやく克服したんですよ!
電車って本当に楽ですね。運賃は高いから、よっぽどのことがない限り乗らないけど。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道2」

ロンドンブリッジ駅に到着です! オリンピックのおかげでキレイになりましたー!
ここからは、ブライトンという海辺の町まで鉄道で向かいます。
土日なら往復で10ポンド! バスよりちょっと高いけど、快適♪
(チケットはNational railのサイトでチェックしてみてくださいね)

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道3」

今年オープンしたばかりのヨーロッパ一高いビル「シャード」が
威圧感たっぷりにこちらを見下ろしています。

オリンピックの最中にテロが起きるとしたら、ここを狙うだろうねえ・・・
なんて縁起でもないことを友人と話していました。何もなくて本当に良かった。
ちなみに、「シャード」の展望台は来年オープンだそうで。
眺めは確かに良いんだろうけど・・・・ 怖いよう。セントポールで十分だよう。

電車に揺られて1時間もすれば、ブライトンに到着~♪

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道4」

駅を出てそのまま直進し続けると、時計台が見えてきます。
そこを右手に曲がるとバスターミナルがあります。バス停Eを目指しましょう!
12、12A、13のバスがホワイトクリフのある、セブンシスターズへ向かいます。
不安な人はドライバーさんに必ず聞いてくださいねー!

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道5」

そうそう、3年前に来たときは無かったCOASTERなるサービスができていました。
セブンシスターズを含む、海辺の観光地を主なルートとして走っています。
料金は一般のバスと同じ。たしか往復で6か7ポンドだったかな?

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道6」

約1時間くらいバスに揺られた後、セブンシスターズ国立公園に到着です!
これらの建物内には、インフォメーションセンターとカフェ、トイレがあります。
ここからホワイトクリフのある海岸までは、歩いて向かいますよ~。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道7」

インフォメーションセンターでは、自転車のレンタルも行っています。
でも、ホワイトクリフの頂上に登ることを考えると、徒歩のほうがいいかな?
ちなみに公園内にはトイレはないので、草むらで用を足すことになります。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道8」

午後になると多くの人が行き交っていますが、午前中ならばご覧の通り。
人通りもまばらです。おいしい空気を吸って、ずんずん進む。最高だ。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズ12」

人間たちだけでなく、犬たちも大喜びでハイキングを楽しんでいます。

この川では犬たちの水浴びのほか、カヤック(?)講習なるものも行われています。
潮風に吹かれながら、のんびりと川を下るんです。いいなあ~。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズ10」

セブンシスターズ国立公園には、たくさんのヒツジ、牛たちが放牧されています。
この白いものはすべてヒツジちゃんです。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズ11」

ヒツジちゃんたちのお食事エリアは、人間たちの通行エリアでもあります。

写真を撮らせてもらおうと思い、にじり寄るも、「なんか変なニンゲンが来る」
と言わんばかりの表情で、足早に去っていく彼ら。寂しい・・・

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道10」

海が近くなると、風はとても強くなります。
風に吹かれすぎて、体が斜めになっちゃった木には申し訳ないけど・・・笑ってしまう。

イギリスロンドン貧乏生活「セブンシスターズへの道11」

公園の入り口から、のんびり歩くこと約30分。
ホワイトクリフまであと少しです! 潮のにおいが強くなるにつれ、胸の鼓動も高まるね!

というわけで、ホワイトクリフの画像などは明日の記事でご紹介しまーす!

●National Rail
http://www.nationalrail.co.uk/
電車の検索、チケットの購入などはこちらでどうぞ。

ロンドンからブライトンまでは、ロンドンブリッジもしくはビクトリアから
直通の電車が出ています。平日は分かりませんが、土日であれば、
ロンドンブリッジのほうが運賃は安いですよ~。
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 初めまして、りんごと申します。
    今までロム専門でしたが、コメントさせていただきます。
    というのも、まさに30日からロンドン旅行で、しかもフリー3日のうちの1日をセブンシスターズ行きに費やそうとしているのです。写真で見て以来、ずっとずっとずっと行きたいと思っていた憧れの地ですので、今回の記事を読んでテンションマックスになりました(笑)

    電車のチケットはヴィクトリア→ブライトンで往復券を購入したのですが、£28くらいしました・・・。平日だからでしょうか・・・イギリスの鉄道料金は謎ですね。。

    セブンシスターズのお写真は後日掲載いただけるとのこと、ホテルで拝見しますね。楽しみにしています。

  • おお! コメントありがとうございます!
    まさに本日からロンドン入りなんですね! 30日は晴れの予報ですよ!

    ビクトリアからブライトンだと、電車賃はちょっと高いんですよ。
    ロンドンブリッジからのほうが多少安いかも? 
    文字を太字にするなど工夫すれば良かったですね・・・ スミマセン。
    セブンシスターズの写真は、たぶんあと1時間以内には自動更新されるはずです・・・

    良いご旅行になりますように&イギリスを好きになっていただけると嬉しいです!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。