• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/11/12(Mon)

英国のパワースポット、グラストンベリーに行こう

グラストンベリーといえば、音楽フェスティバルを思い浮かべてしまう。

英国滞在中に一度は参加したかったのですが、チケット発売とともに即ソールドアウト。
2010年、2011年、もちろん惨敗。2012年こそ・・・! とリベンジを誓っていましたが、
もともと農場のこの地。何年かに一度は、土地の保護のために、
フェス自体をお休みにするのですが・・・ これが2012年、今年だったのです(泣)。

まあ、そのおかげでべスティバルに参加して、
一生に残る誕生日の思い出ができたんですけどね。
・・・とは言え、夢にまで見たグラストンベリー・フェスティバル。
ライブがなくても、その土地に足を踏み入れてみたい! 

というわけで、急きょ思いたち、ある日の土曜日に行くことにしました。

予め、その土地の情報を調べてみると、音楽よりもむしろ、
パワースポットとして有名なようなんですよ。
もともと占いやパワースポットといったものに興味がないので、
「ふ~ん」程度でしたが・・・ 不思議な人たちに多く出会いましたよ~!
これについては、おいおい書いていくとします。

イギリスロンドン貧乏生活「グラストンベリー」

まずはグラストンベリーまでの行き方ですね!
これがね、かなり面倒なんです。何しろ直行の鉄道もバスもない。
ロンドンからの行き方としては、下記2つが考えられます。

1)パディントンから電車でブリストルに行き、駅前のバス停からローカルバスに乗る
所要時間は2時間30分~3時間といったところかな?

2)ビクトリアからコーチでブリストルまで行き、コーチステーションから
ローカルバスに乗換える。所要時間は3~4時間くらい。

早起きが苦でなければ、2がおすすめかな? 交通費を節約できるし。
私は7時台のNational Expressに乗車しました。朝は5時30分起きだい!!!

イギリスロンドン貧乏生活「グラストンベリー3」

約2時間でブリストルのコーチステーションに到着です!
本当は2時間30分かかるはずが、なんと30分も早く着きました。そんなもんだよね~。
おかげで、ローカルバスも1本早いバスに乗ることができました♪

ローカルバスは、WELLS行きの376番に乗ります。
WELLSに到着したら、バスを降りずにそのまま座っていると、
自動的にBRIDGWATER行きの375番かYEOVIL行きの377番になります。
うっかり降りてしまったので、WELLSからグラストンベリーまで立つことになりました。
とは言え、グラストンベリーまでは15分程度なんですけどね。
(電車の時刻は、コチラのサイトで調べることができます)

ちなみにブリストルのコーチステーションから、WELLSまでは1時間はかかります。
運転手さんはかなり飛ばすため、立ちっぱなしだとキツイかなあ。
グラストンベリーで泊まるならまだしも、日帰りだとかなり歩くことになりますからねえ。
体力温存のためにも、座ることをおすすめします。
コーチステーションはバスの始発だから、余程のことがない限り、
座れないなんてことはないかな。鉄道駅からの乗車だと、座れない可能性もあるかも??

イギリスロンドン貧乏生活「グラストンベリー2」

バスのチケットを乗車ごとに購入すると高くつくので、初乗車時に1日券を購入しましょう。
7ポンドかかりますが、乗り放題ですよ~! 

WELLSからグラストンベリーまでは、のどかな牧草地帯を抜けて行きます。
バスが左折したところから、グラストンベリーのハイストリートです。
あらかじめ運転手さんに「到着したら教えてね」と伝えたほうがいいかも。
何しろ、アナウンスがないですからねえ。私が乗ったバスだけかもしれないけど・・・

イギリスロンドン貧乏生活「グラストンベリー4」

朝5時30分にゴハンを食べたため、グラストンベリー到着時にはすでにハラヘリ。
ハイストリートを下って行ったところに、雰囲気の良さそうなカフェがあったので、
観光を前にとりあえず、飛びこんでみました。

イギリスロンドン貧乏生活「グラストンベリー5」

カフェ内は、ちょっと遅い朝ゴハンを食べる地元の人たちでいっぱい!

こういう雰囲気、すごく好きなんですよね~。
トーストを食べて、ミルクたっぷりの紅茶を飲み、朝の会話を楽しむ人たち。
時おり聴こえてくる、子どもたちのにぎやかな笑い声。平和だなあ。

おばあちゃんにスコーンを分けてもらおうと、おばあちゃんの表情をずっと伺う様子の
ジャック・ラッセル・テリアの何と愛らしいこと!
おばあちゃんの許可をいただき、思う存分、撫でてしまいました。かわいい(泣)

イギリスロンドン貧乏生活「グラストンベリー6」

ランチまで時間が早かったので、ほかのイギリス人同様、トーストをオーダー。
ローカルのチーズ&スクランブルエッグのせ。カリカリに焼いたトーストも美味しかった!
・・・でも、腹もちが良すぎて、この日はロンドンに到着する21時までお腹が減らなかったよ!
(つまり、夜中にお菓子を食べてしまったということだー!!!!)


さて、腹ごしらえが済んだところで、グラストンベリー散策に出かけます!
まずはジョン・レノンがイマジンを思いついたと言われている
「エンジェル・シート」とやらを探しにいきましょうか!
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment9  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • こんにちは。
    以前にメールでロンドンのパワースポットについて質問させていただいた、ともみです。
    メールでも教えていただいたグラストンベリー、私は年明けに行きたい!と考えていたので、実際に行かれたときのルートやカフェの情報を知ることができて、なんとなく自信(?)がつきました。ありがとうございます!
    ブログの続きも楽しみにしています♪

  • 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • コメントありがとうございます。

    グラストンベリー・トーの周辺は、かなり風が強かったので、
    晴れている日がいいかなと思います。冬はかなり寒いかも・・・
    ルートについては2012年10月時点のものなので、
    行かれる際には、必ず事前に調べてくださいね。

  • わたしの環境では、なぜかメールアドレスを読み取れないので、
    コメント欄にて失礼します。コメントありがとうございます。

    フラットは次に入る人が決まってしまいました。
    mixb、gumtree、日系不動産で家を探してみてはいかがでしょう。
    わたしはmixbで2回家を移り、今の家は友人の紹介でした。

    いい家が見つかるといいですね!

  • 初めまして。
    自分のライフプランを模索中、こちらにたどり着き、全部読ませていただきました。
    留学準備を前向きにできそうです。ありがとうございます☆
    今年いっぱいで帰国されるとの事ですが、サイトは閉鎖(?)されるのでしょうか?残して頂けるのでしたら、また度々訪れて今後の活力にしたいと思います!

  • yumiさん
    コメントありがとうございます! 
    サイトはしばらくは残しておくつもりです。
    1年、2年も経過すれば、古い情報になってしまいますからね・・・
    どうしようかと悩み中です。
    イギリスはとても良い国ですよ。すばらしい留学生活が送れますように!

  • お返事ありがとうございます。
    家さがしもまた楽しそうですものね。頑張ります!

  • はじめまして、ユキ(30代男)と申します。
    ブログ楽しく読ませてもらってます。
    僕も向こうで仕事と生活が出来ればと考えております。
    よかったら向こうでの生活のこと、
    ブログ以外のこと打ち消しの文いろいろ教えて頂けないでしょうか?

  • はじめまして。コメントありがとうございます。

    男性でわたしと同じ名前の方は初めてです。
    12月で本帰国になるため、今は心に余裕がないです。
    生活のことについては、これまでの記事で書いているので、
    どうかそれをご参照ください。

    日本に帰ると、英国の最新情報はつかめなくなるので、
    ほかの方に聞かれたほうがいいと思いますよ。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。