• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/08/24(Sun)

【心の整理編】さて、行き先はドースル?

留学をしようと心に決めたのは、パース滞在中。

滞在中は現地エージェントを訪問して、
語学学校をいくつか紹介してもらったし、
パースに滞在したときにどのような生活になるのかは、
何となく「こうなるであろう」とうっすら分かったように思う。


ロンドンに行くと決めておいてなんだけど、
パースという街は本当にいい。
オーストラリア全体がそうなのかもしれないけど、
街全体がなんだか活気に満ちている気がする。
シティは高層ビルがいくつかあるものの、
そこを行き交う人々はどこかゆとりがあり、楽しそう。

物価は日本と同じくらいなのに、バイトの時給が日本よりも1.5倍くらい高い。
そして何より食べ物がおいしい。これ重要だよね。
(スイーツは苦手なので、わかりません)
更に更に夏が大好きな私としては、ギラギラするようなオーストラリアの夏は
まさに夢のような日々の連続なんだろうと思う。


こうして書いていると、ロンドンって本当に真逆の街だ。
行ったことないから(2008年8月現在)イメージでしかないけど、
なんとなく薄暗くて、どんよりしていて、物価は驚くほどに高い。
食べ物はおいしくない、というかマズイ。
冬はえらい寒く、夏もスッキリしない。
ははは、なんじゃい、この街は。


でもね、それでもね、行きたいと思ったのは、
これだけ負の要素があるのに、惹きつけてやまない魅力が
確かに存在しているからなのです。
それはここでは語りません。人それぞれだもんね。
誰が何と言おうと、私にとっては夢の国なんですよね。

パースを第一希望にしていましたが、想いの部分はすっかり忘れていました。
それを思い出したのは、妹の部屋に置いてあったロンドン本を
たまたま手にしてしまったから、だったりします。

あ、もちろん、夢の国だと浮かれてるわけじゃないですからね~。
今や日本も危険な国の仲間入りだと思うけど、
それでもまだまだ安全ですからね。
自分の身は自分で守る! それは当然理解しておりますです。

そうそう、はじめからマイナスイメージのほうが、
行ってみてガッカリってことはないと思うんです。
はじめがマイナスだったら、あとはプラスに転じるだけ。
これ以上もっともっとマイナスになるなんて基本ないでしょ!
関連記事
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • おじゃまします

    どもども。
    楽しいロンドン、愉快なロンドン……ってのは昔の話かもしれませんが、百聞は一見にしかず。
    観光ではなく、生活することで学べることも多いでしょう。
    ま、言葉なんてすぐに問題なくなりますYO(笑)。

  • ありゃ

    コメントありがとうございます!
    まずは行動してみてなんぼなところがあるんで、
    とりあえずは行ってきますよー。
    向こうでお仕事があれば、ぜひご連絡を~。
    語学は恋愛で取得してみせましょう

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。