• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/01(Mon)

【準備】学校選び

イギリスに留学すると伝えると、それを聞いた人たちはすぐさま不安そうな顔つきで
「学費高いんじゃない? 物価も高いし……」と言う。


私も学校選びをするまでは彼ら同様、高いものだと信じていた。
実際、ネットで検索してみると、1年で100万、200万というように
桁が間違っているんじゃないかと思うくらいに高い。
もしもこの金額だったら、私は確実に留学をあきらめていただろう。
自慢じゃないけど、貯金は本当に寂しいくらいに少ないのだ。

しかし、実はイギリスって格安の語学学校がいくつも存在しているんです。
例えば、私が10月から通学するMayfair school of englishは週15時間/1年間の授業で
約22万円(£の変動により金額は変わりますが、だいたいこのくらい)なのだ。
それを聞いた人たちはやはりこれまた不安そうな顔つきで
「そんなに安くて大丈夫? しっかりしてないんじゃない?」と言う。

その疑問はごもっともです。

でもね、ご安心ください。この学校はブリティッシュ・カウンシル認定校なんです。
ブリティッシュ・カウンシルっていうのはイギリスの公的な国際文化交流機関で、
語学学校が英語教育の場として一定の基準(教師の資格、施設など)を
満たしているかを定期的に監査しているのです。
そして、認定後も留学生に対するケア、経営管理、教授方法など、
学校運営に関する全般的なことを細かく厳しく検査されています(抜き打ちもやるみたいです)
※詳しくはブリティッシュ・カウンシル認定制度のページをご覧ください。


ロンドン貧乏留学「ブリティッシュ・カウンシル」マーク
※ブリティッシュ・カウンシルの認定を受けた証

「細かく厳しく検査」といっても、どこまで厳密に行われているか分かりません。
でも、疑ったらキリないですよね。
私は受験中に英語を必死で勉強したのに、英語圏へ旅行に行ったとき、
まったく喋れなかったんです。冷静になって考えてみれば、
単語も文法も何となく浮かんでくるのに!ですよ?
ということを考えると、学校で勉強するよりもむしろ、
現地の人たちと英語で会話したほうが習得が早いかも……
そんな理由で語学学校選びはとにかく「安い」ことにこだわりました。
これが正しいか間違っているかは分かりませんが、貧乏人にとって高い学費は本当につらいもの。
学費が安く済めば準備資金にお金をまわせますし、当面の滞在費にもなりますしね。

ちなみに、「日本人がいないところ」と考える方も多いと思います。
でも、そのような学校ってないと思うんです。
それに日本人がいれば「困ったときはお互いさま」という助け合いの精神で
つらいことも、大変なことも乗り越えていけるんじゃないかなと考えています。

=================================================================

★「ローコストロンドン留学」:わたしがお世話になっている方のHPです
http://londonryugaku.net/

★安い語学学校の一覧が掲載されています
http://www.ryugaku-s.jp/school.html

★ブリティッシュ・カウンシル認定校一覧(更新されている可能性があるので、ご確認ください)
http://www.ryugaku-s.jp/links-school.html
関連記事
Home | Category : 渡英に向けて |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。