• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/10(Wed)

【パース編】見えすぎた本音

人にもよるかと思うけど、私は雨がどうも好きになれない。

……いや、違う。
「落ち込んでいるとき」「不安なとき」の雨が好きになれないのだ。
しとしとしとしと、肩に降り注ぐ雨は、まるで心の闇を大きく、大きくするかのようだ。
パースに到着したばかりの私にとっての雨は、
不安、悲しみ、孤独をこれでもかというほどあおるものだったのだ。

しかし、人間とは強いもの。
これではイカンと思い、ロータリーを駆けずり回る。
フシギなものであれだけ重かったカバンは、その重量が半分になったかのように感じる。
これが火事場のクソ力というものなのか。
そして、ようやくシャトルバスの看板を発見。
友人いわく「空港を出て左にあるよ」というのは本当だった。
彼女の言うことを疑ったわけではない。確かに私は左に行った。
が、その看板は税関でくたびれ果てた私の目に飛び込んでこないほど小さきものだった。

さて、探し続けたシャトルバス。
バスというから大きなものを想像していたが、
実際のそれはステップワゴンのような小さなものだった。
でも、そのときの私にしてみれば「見つけた」という感動が大きすぎて、
車内にバーラウンジがあり、ふかふかのじゅうたんが敷いてある
セレブ仕様のリムジンカーにしか見えなかったのだ(言いすぎ?)。

感動しているところに、わたわたと慌てた様子のおばちゃん登場。
早口の英語で何かを言っているようだが、さっぱり分からぬ。
悪い人には見えないので、にっこり笑顔で
「ハロ~。マイネムイズユキ。アイラブパース」
と、闘う気も、敵意もないことを示す。
シャトルバスを発見した私は無敵だ。引きつり笑顔なんかじゃない。

すると先ほどまで慌てていたおばちゃんの顔はたちまち
オーストラリアの青空のような(見たことないけど)笑顔になる。
なるほど、私が極めて友好的な人物だと認識してくれたのか。と思ったら、違った。
このおばちゃんがシャトルバスの運転手だったのだ。
彼女の言うことを集中して聞いてみると
●シャトルバスで待つもなかなか現れない
●不安に思い出口に行くも、シャトルバスを探している日本人はいない
●名前を呼んでみたがいない
ということで、随分探し回ったようだ。申し訳ないことをした。

お互い出会ったところで出発だ!
というときに気の強そうな日本人の女の子が私たちに歩み寄ってきた。
運転手のおばちゃんの前に立つなり
「ペラペラペラペラ。ペーラペラペラペラ」
私には理解できないくらいのスピードで話はじめる。
しかもジェスチャー付きである。なんだこいつは。
おばちゃんもおばちゃんで私と意思の疎通が取れなかった
ストレスを解消するかのように、これまたものすごいスピードで話す。
2人に置いていかれた私はというと。
なんとか必死でついていこうと若干引きつった笑顔を浮かべながら、2人の顔を交互に見回す。
たまに相槌を打ったりするものの、情けなさは募るばかり。

もうたまらないと思ったときに2人の会話は終了。どうやら日本人も同乗するようだ。
たっぷりマスカラが塗られ、幼い顔には不釣合いな紫のアイメイクを施した
気の強そうな顔つきの彼女は私の隣に座るなり
「どこから来たの? 何しに来たの? あ、観光? 
どのくらいいるの? その荷物だったら1週間くらい?
今は冬だから寒いよね、なんで夏に来なかったの?」
私のことはお構いナシに一方的に喋りまくる。
会話のキャッチボールなんてまるでできない、暴投の連続だ。

その後、彼女自身の話になったのだが、まとめると
●今は25歳
●1年くらいワーホリしてた
●パースが好きで戻ってきた
上記2点につきる。これを語るのに延々20分。
私は車窓に広がる風景を見ていたかったのに。

そして、どういうわけか私は彼女に気に入られたらしく
さかんに連絡先を教えろと言ってくるのだ。
少々迷いはしたが、これも何かの縁。日本から持ち込んだ携帯番号を伝える。
「あなた、友達の家に滞在するんでしょ? その友達の番号も教えて」
……なるほど、そっちが狙いか。
日本人の仲間は一人でも多いほうがいいとは思う。
でも、勝手に教えるのはどうかと思うし、何よりも彼女は厄介な人のように思える。
だから私の判断で友人の番号についてはやんわり断りをいれた。

途端。
彼女はむっとしたような表情になる。
が、それも一瞬、余所見をしたら分からないくらいの瞬間。
でも、私は見逃さなかったもんね~~~
案の序、彼女の連絡先を聞いたところ
「まだ番号を覚えてないんだ。携帯もどっかに閉まって分からない」
と苦しい言い訳を延々と繰り返す。
そして、去り際に「必ず連絡するね」と言って上機嫌を装い、街中に消えたのだ。


で、彼女から連絡があったかというと。
あるわけないじゃん。
まあ、分かってはいたんだけどね。
あそこまで計算している様子が見え見えな人も珍しいもんだね。
よく言えば、素直ってことか?
関連記事
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。