• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/10(Wed)

【パース編】バスに乗るのも一苦労

雨の集中攻撃に合い部屋で呆然とするも、あまりの寒さにはっと我に返る。

「こんなことしてる場合じゃない!」
落ち込むのも早ければ、立ち直るのも早い。
気分屋だと言われようが、この性格は実は結構好きだ。
とにもかくにもずぶ濡れの服を脱ぎ、熱いシャワーを浴びる。
ふとシャワールームに日の光が差し込んでいることに気付いた。……晴れてる?
こうなったら長居は無用。バスタオルを体に巻きつけ、外を見る。

「!」
晴れている。しかも快晴だ。
この変わり身の早さは私自身に通じるところがあるように思う。悪くない。
すぐさま身なりを整え、ネットに興じる姉妹に
「アイゴートゥーフリーマントル。シーユー」
まだまだぎこちない笑顔を浮かべ、あいさつもそこそこにバス停に走る。
出発まであとわずかなはずだ。


【バスのチケット、買えるかな?】
必死で走るとバスは今まさに出発しようというところだった。
運転手に見えるよう手をブンブン振り回して、「乗りたい」とアピールする。
私の存在に気付いたように運転手は「あっ」という顔になり、
閉じたばかりのドアを開ける。いい人でよかった。

運転席におさまらないんじゃないかってくらいヨコにもタテにも大きな運転手は、
上まぶたの肉の重みで細くなった目をより細めて、
「ハロー、ほにゃほにゃほにゃ」と激走しすっかり息の荒くなった私に声をかける。
「ぜーはー、ぜーはー、ハ、ハ、ハロー」
物言わぬ日本人ではないことを証明しようかと思うも、息が整わない。
そんな私を見て、彼はさもおかしそうに笑う。

そして、私が落ち着いたところで彼は「どこまで行くのか」というようなことを聞いてきた。
フリーマントルに行くには、まずはシティに出なくてはならない。
それから乗り換えをするのだが、いちいちお金を支払っていたら高くつく。
そこで、1日乗り放題のチケットの出番だ。
現地ではDay Riderと呼ばれていて、$8.10ですべてのバス、電車が乗り放題になるのだ。
※ちなみにバスはゾーン制になっていて1~8まで分類されている。
2ゾーンのチケットを乗車時に購入して、途中下車しても30分以内だったら乗り放題となります。


「デイライダープリーズ」
自信を持って大きな声で答えたが、運転手は「?」という顔で私を見つめる。
発音が悪いのか、もしくは聞き取れないのかと思ったが、何度言っても通じない。
乗客を待たせている手前、長いことやり取りをしていられない。
が、1日乗車券は何としてでも手に入れたい。私は今日、長距離移動をするのだ。
「アイホープトゥワンデイチケット、プリーズ」
苦し紛れで言ったこの言葉が何故か通じた。気迫が伝わったのだろうか。
それにしてもバスのチケット一つ買えない、この英語力の低さはいかがなものか。

少々固いシートに身を落ち着かせた途端、安堵してしまったのか、
見知らぬ国だというのにあっという間に熟睡してしまった。
誰かにユサユサ体を揺られて起きると、すでにバスはシティに到着していた。
私を起こしてくれたのは上品そうな初老の女性だった。
カバンを指差しながら何かをしきりに伝えようとする。よーく聞いてみると、
「パースは安全だけど、カバンはしっかり持っていなきゃダメよ。盗まれちゃうわよ」
というようなことだった。
女性はよだれをたらしながら熟睡している私を心配に思ったのか、
隣に座り、ガードしてくれていたようだ。本当にありがたい。
が、その感謝の気持ちを伝える言葉は「サンキュー」しか知らない。歯がゆい。

その女性と別れて、次は目的地フリーマントルだー! 待ってろよー!

……しかし、このとき私はまだ知らなかった。
Day Riderがあればバスも電車も乗れることを。
それゆえ、旅行初日で大変なミスをおかしてしまうことを……
関連記事
Home | Category : オーストラリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。