• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/10(Wed)

【日常】歯科医をひるませる方法

【前回のあらすじ】
7年ぶりの歯医者通院をはじめたさとうさん。
虫歯一本という奇跡の偉業を成し遂げながらも、
歯石取りの苦痛におびえる毎日を送る。
※参照:歯医者に行こう! 

【歯科医へのささやかな抵抗】
「目をあけて、医師の目をしかと見つめる」
手を挙げても対処してくれない医師に対する有効な方法はこれだ。

痛くないときは宙を見つめ、痛いときは手を挙げるのではなく、
目をカッと見開き、医師の顔を凝視するのだ~!!!
すると医師は一瞬ビクッとなり、治療を中断せざるを得なくなる。
と言っても、痛みは軽減するわけではない。
単なる嫌がらせかもしれないが、こうすることでイライラが晴れるのも事実。
私のように毎回苦痛を味わっている人はぜひ試してみるといい。

そういえば、うちの家族は全員、治療時は目をつぶると言う。
はて? 私は一度たりともつぶったことがない。
普通は目をつぶるのだろうか???
(ちなみにキスのときは目をつぶります。ご心配なく!)

【2008年9月10日現在の戦い】
「医師の顔を凝視する」という嫌がらせは、残念ながら3回目の本日の治療では
すでに有効な方法ではなくなってしまった……
それどころか彼はにっこりと微笑む余裕すら見せているのだ!
むき~! 憎らしい~!!!!!

ちなみに彼は歯石を取る作業が最も好きなようで、
作業終了後、見たくもないのに血に染まった歯石を
「ほら、こんなに取れましたよ」と言って見せてくれる。
普段、むっつりしてるくせに、このときばかりは
奥田瑛二似の素敵な笑顔を見せるからたまらない。

それにしても歯科助手の奥さまはうがいのときに何で
「ぐじゅぐじゅぺってしてくださいね」って言うのだろうか……。
私、32歳の立派な大人ですのに。

【今回の戦績】
彼の顔を凝視するたびに微笑まれ骨抜き状態に。
言い訳のできない、完全なる敗北だ。
ちなみに今回の治療後は-1.4キロ(マジ2)
関連記事
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。