• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/10(Wed)

【思い出】メイドに学ぶ仕事観

【1日だけのメイド体験】
そういえば、秋葉原の駅前にメイドさんの姿を見かけなかったことに気づいた。
もう流行は終わってしまったのだろうか……

……なんでこんなにも気になるのかと言うと、
実は1日だけメイドデビューをしたことがあるからなのだ。
約2年前くらいだったように思う。そう、わりと最近。
もちろん最初は丁重にお断りしようかとも思ったが、
「何事もやってみなきゃ分からない」という気持ちと、
当時はメイドカフェなるものが流行っていたので好奇心が抑えられず、
とりあえずやってみることになったのである。

【ご主人さま~なんて言えない!】
予想していた通り、これがなかなか恥ずかしい。
「お帰りなさいませ、ご主人さま~」って!
胸ぐら掴んで「てめーは私の主人か!」と言いたい衝動に駆られてしまう。
第一、私は彼に対しても甘えることができないのに! 
どーして他人に甘えることができるんじゃい!

握りしめたこぶしを見つめながら、ふるふる震えていると、
若い女の子が首をちょこんとかしげながら、
「ダメですよお~、そんな怖い顔しちゃ~」
かわいい声で指導してくださる。

「そんなこと言ったってさあ~……」
なおも文句をグダグダ言う私に対して、
にっこり笑顔のまま、しかし真剣な表情になって
「イヤだと思ったら楽しいことや、嬉しいことなんて見つからないんです。
まず楽しもうと思ってやれば、仕事ってたいてい面白くなりますよ」
彼女が考える仕事観をずばりと言ってくれたのである。

若いのにこのプロ意識。あっぱれじゃないですか。
同時に私は自分自身の甘さと彼女に対する無礼なふるまいに
(だらだら文句を言いながら仕事をすること)
とても恥ずかしくなってしまった。
どんな仕事でも面白さはある、それを教えてくれたような気がした。

【メイド体験の成果は?】
一度心を入れ替えたものの、「●●ちゃ~ん、もっと遊びた~い」と
しつこく甘えてくる「ご主人さま」にブチ切れ。
低い声で「ああ?」なんて言っちゃったもんだから、即刻退去命令がくだりました。
ツンデレカフェ(ありましたよね?)なら、きっと大人気なのに。くそ。
関連記事
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。