• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/09/19(Fri)

【思い出】巨漢だったあのころ

【2カ月で約50キロ増の悲劇】
今でこそ人並み体重のさとうさんですが、
19歳のころはそれこそ90キロ後半にまで増量したことがあります。

高校卒業後、無認可の専門学校に行ってしまい、人生のどん底を味わった後、
急遽、大学進学を志すことにしました。やりたいことを見つけるために、ですね。
ただ、専門学校を中退しているため、受験に関する費用の一切(予備校や参考書)を
両親に頼ることもできず、かといって貯金もなかったので、とにかく自宅で必死にお勉強の毎日。
勉強なんて高校2年以来やったことがないから、ストレスはたまる一方。
それを発散するには「食」しかなかったんです。

朝昼晩それぞれ、どんぶりいっぱいのごはんを3杯。
間食としてプリングルスのロングサイズ1缶+甘いもの、
夜食としてまたまたどんぶりいっぱいのごはん2杯。
勉強しかしていないから、みるみるうちに約50キロも増加してしまいました。
都合のいいことに体重計が壊れてしまっていたので、
「ちょっとぽっちゃりしてるかな」程度で太ってるなんて認識はなかったんです。

【巨漢な自分を認識した日】
気付いてしまったのは、本命の大学の受験日。
やっぱりね、さとうさんも女の子でしたから(今でもだけど)。
ひきこもって勉強してたから、父親以外の男性と出会うのは約6ヵ月ぶりなんで、
受験よりも、そのことに緊張しちゃって。
物置の奥底にしまっていたスカートを引っ張りだしちゃうほど女の子してました。

そして受験当日。
なんとなくスカートがきついなあと思いながらも、
「素敵な男の子がいたらいいなあ」とか「ナンパされたらどうしよう」などと、
ありもしない妄想にドキドキしながら受験会場に到着。
女子比率の高さにガッカリしつつ、指定された座席を探していると、
なんと私の隣はちょっとカッコいい男の子じゃないですか!
すっかり舞い上がりながら、よっこいしょと座席に座った途端。

ブチッ!!

何やら腰回りに不吉な予感がした後、きついなあと思っていたスカートがゆるくなっていく。
……聡明な皆さんは、もうお分かりでしょう。
でっぷり脂肪がついた腰回りの重圧に耐えきれなくなった
スカートのホックは自由を求めて、宙に飛びだってしまったのです。
悪いことに、そのホックは隣の男の子の膝元に着地する始末。

飼い犬が通りがかりの男性にじゃれてしまったことがきっかけで
友人はその人とお付き合いをし、結婚してしまいましたが、
ホックが原因で恋なんて芽生えるはずもなく。
怪訝そうに私とホックを交互に見つめる男の子を
ひたすらシカトすることしかできませんでした。
そして、「私は太ってしまったんだ」と、このとき初めて認識したのです。

ちなみにスカートはホックなしでも、脂肪にぶら下がることで、
その位置をキープし続けていました。
下着を周囲にさらすこともなかったので、これはこれで良かったのさ。脂肪バンザイ!

【いいこともあるんです】
実は巨漢時代が人生で最大にモテてました。
一目惚れで告白されたことが3回もありますから。すごいでしょ?
関連記事
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。