• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/10/12(Sun)

【相違点】犬に優しい街?

【犬はどこにでもいます】
こちらに来てまず驚いたことが、犬がどこにでもいること。

どこにでもっていうのは道や公園じゃなくて、交通機関。
そう、バスだったり電車だったり。
彼ら(彼女ら?)は当然のような顔をして乗り込みます↓

ロンドン貧乏留学「バスの犬」

こんな風景は本当に毎日のように見かけます。
でも、この犬はわりと大きなほうかな? 小型犬がほとんど。
大型犬となるとスペースを取っちゃうからなんでしょうね。

人気の犬種はセンターに近いほどチワワ、ミニチュアダックス、トイ・フォックス。
オシャレな格好をしたお姉さんやお兄さんに抱かれて、
すました様子でおとなしくしております。(流行は日本と一緒ですね~)

反対にセンターから離れていくと「あなたはどなたから生まれたの?」
と聞きたくなるくらいに混じり合った子が乗ってきます。
その子たちは周囲の人の様子が気になって仕方ないようで、
まわりときょろきょろ見回しては愛想を振りまいています。

最初は驚いたものの、犬を見たみんなが笑顔になったり、
犬好きとみられる人が飼い主さんとおしゃべりをしたりと
なんだかとっても穏やかな雰囲気になるので
日本でも是非是非許可していただきたい!(JRさん、東京メトロさんお願いします)

【巨大な公園がいっぱいだから……】
ロンドンは高級地区か、もしくは階級が上の人、あるいは郊外じゃないと
広い庭をかまえることができないように思います。

でも、その分、ロンドンの至る所にはとっても広い公園があります。
リードから解放された小型犬も大型犬も本当にうれしそうに走り回ったり、
飼い主にじゃれついて遊んでいます。
そういう風景をベンチに座りながらぼんやり眺めていると
なんだか本当に幸せな気分になるんですよね~。

ロンドン貧乏留学「グリーンパーク」
↑ここから3分も歩けばオフィスビルが並ぶ中心地。なのにこの公園の敷地はどこまでも広がってます。

ロンドン貧乏留学「公園のリス」
↑リスもわんさかいます。木の実を必死に隠している所だけど丸見えです。


ただ……
犬のうんこを道路や公園にそのまま放置しないでほしいー……
うっかり2回も踏んじゃったよー。
※今のフラットは土足厳禁にしてるので部屋自体は問題ないっす。
関連記事
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。