• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/10/13(Mon)

イーストのマーケットに行ってきたぞ(2)

【ブリックレーン一帯は面白い!】
品の良さを求める人はスピタル・フィールズ・マーケットでおしまいがいいと思います。
が、ロンドンの面白さってこれだけじゃない!

マーケット会場を抜け出て、Commercial stから一本裏道に入ると、
雰囲気ががらりと変わります。壁にはクソガキどもの落書きがあったり、
道行く人も白人さんではなくアラブ系、黒人さんが増えます。
昼間から飲んでいるのか、何をやっているのか分からない
不思議な人もセンターよりは少し増えるような気がします。

ロンドン貧乏留学「ブリックレーン」
↑今日はマーケットをやってるからいろんな人が来ていました。建物の雰囲気がちょっと違います

ブリックレーンをはじめとするイーストは昔、とっても治安が悪かったため、
家賃がとっても安かったようです。お金のない若いクリエイターは
そこに目をつけ、イーストに定住するようになりました。
そのため今ではファッション、音楽など流行の発信地とされているようです。
また、2012年のロンドンオリンピックの開発ラッシュの影響もあり、
イーストは昔ほど、というか昼間ならスリと変な道に入らなければ
ほんとうに安全で楽しくて刺激的な街になってると思います(さとうさんの感覚値)

マーケットがやっていない時期に来たことがあるのですが、
駆け出しデザイナーが作ったオシャレな洋服、素敵な雑貨、
薄暗くて雰囲気のあるカフェ、パブ(ここで流れる音楽が本当に素敵)、
マニアックなバンドばかりを集めてそうなCD屋さんなどがあって
見るだけでも本当に面白いです。そして忘れちゃならないベーグル屋! 
チーズケーキを買っても2ポンドくらい。安くて美味しい、最高!

【マーケットは?】
日本で言うフリマのようなものです。

各自が布を引き古着や使った鞄などを売っています。
これならまだいいほう。
片方だけの靴、壊れた時計、欠けたお皿、汚れたぬいぐるみ、チャリのタイヤなど
「誰が買うのさ!」って突っ込みたくなるようなガラクタから、
明らかに盗品と思われるチャリ、バックなどもあります。
それを写真に収めようとしたら止められました。盗品だからかな・・・。

ロンドン貧乏留学「ブリックレーン2」
↑ビルの1階には所狭しとストールが並んでいます。
スピタル・フィールズよりも貧しいクリエイターがいる感じ。
お好み焼き、おすしなど日本食を出している人もいました。


正直、ブリックレーンのマーケットではCDやレコード以外は買う気しないけど、
見るだけなら笑えるし、とても楽しいです。
が、スリには気をつけないと本当にすられそうです。

【おまけ】
友人から教えてもらったのですが、イーストは切り裂きジャックの
殺人事件現場だったそうですね~。知らなかった。
最後の被害者が目撃されたパブに行ってみましたよ。

ロンドン貧乏留学「ブリックレーン4」
↑18世紀くらいから営業しているらしいです。今は特に危ない場所ではありません

ロンドン貧乏留学「ブリックレーン3」
↑お店の看板。でも、落書きがありますね・・・。消せばいいのになあ

ちなみにイースト行きの電車の中では突然パフォーマンスをする男性がいました。
大きな声で「みんな!おれの未来に少しでもかけたいなら金をくれ」的なことを言ってました。
よくわかんない歌とダンスを狭い車内でするもんだから超迷惑。
そしたらゲイカップルのうち、ガタイのいいお兄ちゃんが
パフォーマーにがっつり抱きつき止めてくれました。ほれるぜ!
関連記事
Home | Category : ロンドンのエリア・みどころ |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。