• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/10/16(Thu)

交通事情・tube編

【世界一古いロンドンの地下鉄】
なんでも1863年に開業したらしいです、地下鉄。
そんなに古かったら、まあ色々な不具合はありますわな。

例えばいきなり停まったり、いつまで待っても到着しなかったり、
全く違う駅を車内アナウンスで堂々と流してたり、アナウンスが流れなかったり、
電気がいきなり消えて真っ暗になったり。
土日になると一つの路線がすべてお休みってこともあります。
そんなときは無料の代行バスが出ているので問題ありません。

ただ、あまりにtubeが行き届きすぎて、隣の駅まで歩いて10分だったり、
乗り換えのために10分ほど歩いたりと
ちゃんと整備されてるのか、されてないのかよくわかりません。

ロンドン貧乏留学「看板」
↑これが地下鉄の入り口。ウェストミンスターの駅は近代的です。

ロンドン貧乏留学「tube」
↑セントラルラインのtube。とってもキレイ。さびまくったtubeもいっぱいあります。

ロンドン貧乏留学「tube2」
↑中の様子。日曜の朝で、しかもセンターから離れてるから誰もいません。

ちなみにtubeにはエアコンがないらしく(?)、夏場はサウナ状態のようです。
最近は天気がよく20度越えという日もあったんですが、
そんな日にtubeに乗ってしまうと暑くてコートを脱がずにはおれません。
今の状態でそんなんだったら夏はどうってしまうんだろう……

【乗客のマナー】
朝、夕方などの通勤ラッシュ時、車内は惨憺たる有様です。

飲み物のボトル、サンドイッチのラップ、新聞などを
座席の後ろに置いて出てってしまう。
そして他の乗客は置かれた新聞を読み、また所定の場所へ戻す。
エコがはやってるからと言って、新聞はどんだけリサイクルされてるんだか!
ちなみに前住んでいた家の女性は置かれた新聞を持ち帰り、
それで英語の勉強をしていました(私も今はそうしています)。

そうそう、こちらではtubeでもバスでも携帯の使用は認められています。
でっかい声で話してますよ、みんな。そして私も……

ロンドン貧乏留学「掲示板」
↑どこかの駅で見た時刻表。ピントも幅もずれまくってます。
こんなことするくらいなら電光掲示板にすりゃいいのに……


ロンドン貧乏留学「飛行機雲」
↑tubeとは関係ないですが、うちはヒースローにちょっと近いので
晴れた日は飛行機雲や色々な種類の飛行機(画像にもうっすら映ってます)が見えます。
関連記事
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。